« The Little Wings 2012 ~Live Session~ | トップページ | 2012年秋新番組チェック »

2012.09.14

 野崎まどの新刊が出ました。今回ばかりは読むのに2週間もかかってしまいました。その一つは通勤時間が極端に減った(2時間から15分に・・・)ことがありますが、もう一つはかなりの厚みのあるものだったことです。一年以上も出してないな・・・そろそろかな?と思っていたらこんなものを書いていたのですね。

 軽くあらすじに触れます。主人公は数多一人(あまたひとり)。彼が日本一の劇団「パンドラ」の入団試験の二次審査を受けるところから物語は始まります。何だかんだと三次審査を通過し、晴れて入団を勝ち取るのですが、これが全くの序章にしか過ぎませんでした。これから華々しい生活が幕を開ける?、と思いきやたった一人の中途入団希望者である女性の入団試験で演じたたった一言の台詞「愛している」を放ってからたった一日で「パンドラ」が消滅します。野崎まどマジックと言うべき「アレ」ですw
 入団希望で来たと思っていた彼女が実は自分の映画に出演する為の俳優を探していたという、実は逆にオーディションをされていたという衝撃的な事実が突き付けられ、晴れて合格した数多一人は彼女「最原最早」監督の元映画を撮り始めるという物語です。

 さて、非常にザックリと「2」のあらすじを書いてみましたが、ザックリになってしまったのはこれ以上書いてしまうと色々問題があるから(書いただけでも色々問題ありw)なのですが、「2」というタイトルについての最初の感想は「野崎まど2」といったところでしょうか。語ってしまいたいけど語れないことが多すぎてもどかしいのですが、一言。野崎まど作品を追いかけている人ならば恐らく非常に楽しめたのではないでしょうか。もし今回初めて野崎まど作品を読む、あるいは以前読んだ作品が面白かったので読んでみるという方は「2」を読む前にこれまでの野崎窓作品は読んでからの方が楽しめると思います。

[映] アムリタ
舞面真面とお面の女
死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~
小説家のつくり方
パーフェクトフレンド

|

« The Little Wings 2012 ~Live Session~ | トップページ | 2012年秋新番組チェック »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55709028

この記事へのトラックバック一覧です: :

« The Little Wings 2012 ~Live Session~ | トップページ | 2012年秋新番組チェック »