« かもめ高校バドミントン部の混乱 | トップページ | 独創短編シリーズ 野崎まど劇場 »

2012.11.17

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q

 映像はとにかく凄い。最高峰の映像である事は確かなのですが、置いてかれっぷり感も半端ありません。とにかく分からないw何があった?こんなんだったっけ?チョット説明しろよ。ってな感じ。シンジは何も聞かされないまま何故か皆から嫌悪されているのを見て説明も何もなしにそれは酷いよなとシンジに同情するも結果最後まで見てやっぱり碇シンジは碇シンジのままなのだと・・・。今なら昔の劇場版の最後のアスカの「気持ち悪い」が理解できる。というかやっとあの映像が理解できた気がします。

 トウジの妹のサクラが登場しますが、初見の感想は「みゆきちこんなところにも出てきたかスゲェな」でした。そしてエンディングクレジットには皆役名が無く役者名しか出てこないのにまた驚かされます。この役の誰ではなく、要するにこの役者を使っているんだぞってことですよね。私はそう受け取りました。
 パンフレットのインタビューでも緒方恵美さんの5Pに次ぐ4Pというロングインタビューで、その内容は非常に興味深いものでした。興味のある方は是非読んでもらいたいと思います。(パンフは通常版と豪華版とあったがどのように内容が違うのかは不明。もしインタビューが差なのだとしたらインタビューが読めないのは勿体無いと思います。)

 戦艦AAAヴンダーが浮上するシーンの高揚感は半端ない!ナディアのNEWノーチラス号登場の様な高揚感!っていか音楽ノーチラスじぇねぇ?

 正直面白かったかと言われると、最後の引きがシンジにイラッとしたのであまり印象は良くないのです。どちらかというと同時上映のわずか10分にも満たない『巨神兵東京に現わる 劇場版』の方が面白かったという。あの特撮技術は凄いですねぇ。ナウシカの原作は読んでいないので詳しくは知らないのですが、あの汚染された世界は人間が壊した結果なのだと思っていたのですが、更に巨神兵は人が戦争のために創りだしたのかと思っていたのですが何か突然人類を滅ぼすために現れたみたいな感じなのですね。ちなみに語り部のめぐみさんに全く気が付かなかったというwメディア化は「Q」に同梱せずに単品で出して欲しいと思います。

 さて、話をQに戻しますが、破を見なおして整理した後にもう少し時間を置いてQを見なおしてみたいですね。

|

« かもめ高校バドミントン部の混乱 | トップページ | 独創短編シリーズ 野崎まど劇場 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/56136333

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリヲン新劇場版:Q:

« かもめ高校バドミントン部の混乱 | トップページ | 独創短編シリーズ 野崎まど劇場 »