« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.23

クロジ第11回公演「かみさまのおかお」

 今回、「乙女企画クロジ」から「クロジ」へ劇団名を変更して初の公演となる第11回公演「かみさまのおかお」の昼の回を見てきました。場所は六本木俳優座劇場。観劇自体も久しぶりのことで、今年の4月に初めてクロジの公演を観劇した「異説 金瓶梅」以来となります。

 今回のお話は小さな村の中で生き神様に祀り上げられた女性とその家族や周りの人々のお話となっています。公演が始まり、スクリーンの役目も果たしている緞帳に母親が娘を生き神として祀ることを決める一節が映しだされ、その後その娘が30歳を超えた現代として芝居が幕を開けます。この冒頭の一節だけで感情的な「気持ち悪さ」を受けました。とてもいいと言える感情ではありませんが、冒頭の1演出だけで芝居に気持ちが持っていかれるという意味では非常に効果的な幕開けです。
 登場人物とその関係性、そしてそれを演じる方々はこの方達です。まず、生き神様である星子を演じる能登麻美子さん、その妹で、姉を生き神とする家族の環境に耐え切れず昔に家を出ていった弓香を演じるクロジのもう一人の主催でもある松崎亜希子さん。姉の始めた生き神様信仰を継続させるために尽力する星子と弓香の叔父である桐彦を演じるのは三原一太さん。その妻奈江子を演じるのは前回の10回公演でパワフルに潘金蓮を演じた木村はるかさん。その娘あまねを演じるのは藤田咲さん。(このあまね役はダブルキャストとなっており、もう一人のクロジの主催である福圓美里さんとなっています。)そして弓香が連れてきた芸術家を自称する彼氏藤田侑吾役に鈴木達央さん。村で一番の信者であり、あまねの学校の生徒会長である渋沢光を演じる中泰雅さん。の7人となる訳ですが、2時間という長い芝居の中で7人というのがとてもバランスが良く、それぞれの役割を担っていた様に思えます。

 簡単にあらすじを説明すると、弓香が彼氏を連れて帰郷するシーンから始まります。帰郷した先は小さな村の新興宗教をやっている叔父夫婦とその娘が暮らす家であり、その新興宗教の生き神こそが弓香の姉である星子です。星子は幼少の頃に母親から神様になることを命じられ、以降学校へ行く事もなく30歳を過ぎる今日まで一歩も外へ出ずに社で暮らし続けてきた女性で、「人」としては世間知らずという言葉では語り尽くせない程社会性が欠如した、否、そう育てられた結果、感情に赴くままに行動します。そのひとつに叔父との性交があり、それが悪い事とも引け目を感じる事とも一切思わず、求められたから、自分の存在意義を求め受け入れてきました。家族もそれを知りつつ黙認して過ごしてきという歪んだ家族環境の中に一石が投じられます。それが弓香が連れてきた彼氏である侑吾です。結果、星子に誘われるまま関係を持ってしまい、その事が村に知れ渡ることとなります。その事で暴動が起こり、桐彦は自分のこ事を完全に棚上げして星子を生き神から引きずり降ろし、新たに自分の娘であるあまねを生き神に据えようとします。社に鍵をかけられ父親に監禁される日々。対照的に用無しとされ突然自由と言う名の廃却を受けた星子。そこから一悶着二悶着あり物語は収束するのですが、この星子が用済みとされてからがこの物語の見所であり、見ている側にも色々な感情が渦巻く物語となっています。

 まず、自分のことを完全に棚上げした桐彦と騒ぎの原因となった侑吾。この物語の男共は本当に酷い。前回の金瓶梅もそうでしたが酷い男共の中でたくましく生きる女性というのがテーマになっているのではないかと思ってしまう程にです。
 能登さん演じる星子に関しては共同生活をおくらずに閉鎖された環境で育つとこうなるのかというのが半分恐怖となって感じられました。ただただ他人の為だけに祈り続けてきた女性が恐らく初めて自分の為に社へ戻してと桐彦ヘつぶやくシーん。この時桐彦に台詞はありませんが、「俺はこんなものを作ってしまったのか」あるいは「あまねをもしかしたらこんな風に・・」という思いが伝わってくる絶望感は恐ろしくもあり、この芝一番の見所だったのではないかと思います。この何と言うか世間知らずであるという自覚のない演技に違和感を感じさせないのは能登さんならではというか、とても良かったです。
 また、藤田咲さん演じるあまねは驚く程にセーラー服姿が似合っており、未だ現役で行ける!と思わせると同時に口の悪い台詞が実に自然というかw口の悪いところも含めて可愛らしいと思ってしまいましたw

 クロジのお芝居は結構感情を顕にする表現が多く、生々しい感情をぶつけ合うだけにそれ以外の芝居も凄く自然な会話のようで、芝居芝居していない所がとても好きです。
 舞台セットも今回で見るのは2作目ですが、前回の10回記念公演は特別としても、今回も面白い作りになっていて、居間が両サイドに二部屋と居間で挟むように在る中庭。そして高台にそびえる社で構成されているのですが、その社へ行く為には右側の居間から舞台袖へはけて行かなければならず、その見えない空間すらも舞台の空間として表現している所に面白さを感じました。例えば社から中庭へ駆けて行く際に一度舞台袖にはけてから居間を通って舞台袖に登場する訳ですが、その際の舞台裏での時間の作り方と演技などですね。

 冒頭に感じた気持ち悪さ、男共に感じた苛立ち、受け入れるままに現在まで至ってしまった星子への哀れみや、恐怖など、決して良い感情だけではない内容でしたが、裏を返せばその感情を抱かせるだけのシナリオや芝居であったということであり、最後はスッキリとした終わり方ではないにしろ芝居が終った後も色々と考えさせられる面白い芝居でした。次回公演も観れるならば観たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.17

ソードアートオンライン アリシゼーション・ターニング

 サブタイトルの通りターニングポイントを迎える今回の内容は、上級修剣士となったキリトとユージオがライオスとウンベールの罠にはまり禁忌を犯す。そしてそのユージオとキリトを連行する為にやってきた整合騎士はユージオが旅をはじめるきっかけとなったあのアリスに瓜二つの人物だった。しかしそのアリスとしか思えない整合騎士は幼馴染であるユージオを見ても知っている素振りどころか全くの他人のように振る舞われる。セントラルの監獄へ投獄されるもアリスの異変の原因を探るべく脱獄する二人だが、途中待ち構えていた整合騎士と戦闘に。その戦闘で整合騎士に施されている記憶封印の確証を得ることになるが、整合騎士の援軍によりピンチに。しかしすんでのところで少女の姿をした人物に助けられる。その人物こそSAOで散々苦しめられたカーディナルであり、引き込まれた空間こそアンダーワールド創世記からの記録が残された図書館であった。禁忌目録とアンダーワールドの秘密がとうとう明かさせる。といたものです。

 ほとんどあらすじ書いてしまいましたが、今回の山場は何と言ってもユージオが禁忌目録を犯してしまうことと、アンダーワールドの創世記だと思うので問題はないでしょう。そもそもユージオが禁忌目録を犯すというのは前巻の予告で書かれていたことですし。あとソードアートオンラインぽいといえばライオスのような貴族の遺伝子を植えつけた育成者が現実世界の更にラースの中に居るという事実でしょうか。この事によってキリトの命自体の危険も増すわけです。ここからがようやくスタートといった感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.05

ねらわれた学園

 現代のライトノベルに慣れてしまったせいかなかなか慣れませんでした。ただ、読んでいると30年位前のホームドラマ風の微妙に棒読みっぽい感じの声が頭の中で響きました。w

 読み終えてみるとこんなに短い話だったのだな、と、同時に時代背景が古いこともあり登場人物の物のとらえ方や考え方が今とはだいぶ違うなというのを感じました。ただ、唯一教師だけは今も昔もさほど変わりはないのだなと思いました。

 今回この原作を読もうとしたきっかけに現在公開されているアニメ版の「ねらわれた学園」との関連性を解きたいという思いがあったのですが、結局原作の主人公である少年が今回の劇場となった作品の中で誰にあたるのかはわかりませんでした。(パンフレット等で名前を比べればわかるのかもしれませんが)何となくわかったのはアニメ版京極の母親は原作の京極と何処かへ行ってしまった生徒会長であること。また、そういった視点で読むと非常に違和感を感じるのは原作の主人公の父親です。原作だけを見ても、例えばエピローグを読んで感じたのは、彼はもともと京極側の人間だったのではないかということです。と、すると現代版での主人公の祖父が原作の主人公の父親なのかなとも思いました。あの力の開放は原作で言っていた「その時」が来たということなのでしょう。

 結局原作を読み終える事は叶いましたが、劇場を一度見に行くというのは公開劇場も減少傾向にあり叶いそうもありません。かといってメディアを購入するほどの満足度は無かったのですよね・・・。(京極少年が父の遺恨を断ち切って友情や愛情へシフトする展開は原作よりも好きではあるのですが)今回は原作を読んだことによってそこを語れるようになったということで満足といったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.02

わんおふ ~one off~ イベント

 アニメイトのBD購入者イベントへ行って来ました。場所は池袋アニメイトの新店のイベントフロアです。開場は結構広く、今回何人入ったのかはわかりませんが、スペースにだいぶ余裕が感じられたので今後もう少しキャパが増えるのではないかと思いました。

 今回の出演者は後藤沙緒里さん、喜多村英梨さん、佐藤順一監督の3人です。レコード会社の方も居たのですが、司会をやるのかと思ったら諸注意だけをして早々に司会役を後藤さんへ渡し退出。ちょっと戸惑った感の後藤さんでしたが想像以上にしっかりとした司会進行を努めていました。今回、わんおふイベントで儀武ゆう子さんが出演しないイベントに参加したのは初で、いる時といない時の違いも密かに楽しみにしていたので、その部分に関しては想定以上に楽しめました。寧ろこういった小規模イベントでは後藤さん司会の方が好ましいと思うほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »