« 2013年1月新番組視聴予定 | トップページ | 魔法の材料ございます10 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »

2013.01.11

ベイビー、グッドモーニング

 サクラダリセットの最終巻と同時に出た作品で、私はこれを読むまでサクラダリセットの裏話的な物語なのだと思っていました。

 そうではないと思い始めたのは多分3編目に入ってからだと思います。そして連続短編の形式であると分かったのもその頃です。何せ1編目がある男の子が病院で死ぬ話しで、2編目が一見全く関係のない兎に角くだらない文体の作者が死ぬ話し、著者がこの本を読み終わると私が死ぬので読むのを止めてくれとひたすら書いているだけの読み物。正直ここで読むのを止めてしまおうかと本気で思った程です。そして3編目で前編の作者自身の話しとなり、1編目の少年が読んでいた本こそがその作者の初出版作品であることが明かされるのです。ここまで来てやと読む方のエンジンが掛かってきた感じでしょうか。

 しかし4編目で今までの3編の関わりがまたぷっつりと途切れます。頭の中は「?」を引きずったまま最後の5編目へ進むのですが、ここで全てが繋がる仕組みになっていたことに安堵し、サブタイトルの意味も理解するという、すんなり喜べないけれどどこか清々しい感じもするそんな死神の女の子のお話です。

|

« 2013年1月新番組視聴予定 | トップページ | 魔法の材料ございます10 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/56581444

この記事へのトラックバック一覧です: ベイビー、グッドモーニング:

« 2013年1月新番組視聴予定 | トップページ | 魔法の材料ございます10 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »