« アニメミライ | トップページ | リリカル☆パーティーⅤ(一日目) »

2013.03.14

ビブリア古書堂の事件手帳4 ~栞子さんと二つの顔~

 まずはじめに。通勤時間が減って全く読めない!!買う数は減らしているのですが、全く消化できません。(汗)ふぅ。まぁ個人的事情はこのくらいにして。

 とうとう栞子さんの母親である智恵子さんの登場です!4巻目にして直接親子対決とは。もう少し先だと思っていただけに驚きと同時に緊張感の絶えない巻でした。
 さて、今回主題となるのは江戸川乱歩です。今回の依頼は亡き乱歩マニアの遺産を継いだ女性からのもので、遺産である金庫を開けてほしいというものです。成功報酬は乱歩関連の所蔵を買い取らせてもらうこと。栞子さんの目から見てもかなりレアなものらしく、これに栞子さんが飛びつくのも無理ないこと。そこに登場するのが母親である智恵子さんです。早く開けたものが報酬の権利を得るという勝負を吹っかけられては母親を嫌悪する栞子さんが燃えないわけはありません。乱歩マニアが残した金庫というだけあって乱歩にちなんだ謎解きが何重にもされていてちょっと今までのビブリアとは違った印象を受けました。その他これまで係わってきた人々が今回の件に係わってくるではありませんか。そんな中でも特にスポットが当たるのがヒトリ書房の井上氏です。智恵子を嫌悪し、その娘である栞子さんにも同じ目を向ける井上さんの秘密がとうとう明かされます。

 今回、読み進めるうちに金庫の中身は大体察しがついていたのですが、裏の裏は表。やられました。流石ビブリア。なかなかどうして一筋縄ではいきません。とにかく智恵子さんの登場で彼女の薄ら恐ろしさが伝わってくる巻となっています。

 それにしても原作4巻で漫画にドラマ化。売れるうちにマルチメディア展開しとけってのは企業の方針的にはわからなくもないのですが、原作ファンとしては少々複雑な気持ちだったりします。まぁ原作者の三上さん自身はあまり外野に惑わされてはいないようなので今後も自分のペースでよい作品を出して行って欲しいと思います。

|

« アニメミライ | トップページ | リリカル☆パーティーⅤ(一日目) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/56978907

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帳4 ~栞子さんと二つの顔~:

« アニメミライ | トップページ | リリカル☆パーティーⅤ(一日目) »