« ビブリア古書堂の事件手帳4 ~栞子さんと二つの顔~ | トップページ | 2013年春新番組チェック »

2013.03.23

リリカル☆パーティーⅤ(一日目)

 リリカルパーティーVへ行ってきました。場所は横浜アリーナ。当日の真田アサミさんのツィートで横浜アリーナは「けいおん!」以来と言うのを見てちょっぴりテンションを上げての参加です。
 さて、今回はなのは劇場版第二弾であるA'sのメディア発売を記念してのイベントです。前日に発売したばかりでのタイミングでのイベントですからこのイベントにかける関係者の意気込みを感じさせます。

 イベントは20分遅れでのスタート。正直18時スタート(個人的には横浜での開催というのも大きい)で20分遅れというのは堪えます。この遅れの原因は見た感じでは単純に入場スタッフの手薄さによるものと、2Daysであったことでもぎる際に日付を確認しなければならない事も起因していたように思われます。

 そしてイベント開始。一人ずつステージのメインスクリーンにキャラ紹介を写しながらの登場です。総勢なんと10人!フルメンバーと言っても過言ではないでしょう。一人ずつ自己紹介をしてオープニングセレモニーが終了し、とうとうイベント開始です。

 どんなに回を重ねようとキャパが大きくなろうと変わらないのがリリパクオリティーw出てきたのは背後に大きい風船のぶら下がったボックス型の回答者席のセット(しかも電飾付き!)!内容は変わらないのにセットにだけは回を重ねる毎にお金が掛かっていますw今回はミッドチルダ側に田村さん、水樹さん、高橋さん、水橋さん、桑谷さん、ヴォルケンリッター側に植田さん、清水さん、真田さん、柚木さん、一条さんという5対5のチーム戦です。総合的に負けたチームは罰ゲームとして背後の大きな風船と、リンディ茶(劇中でリンディ提督が飲んでいる緑茶ミルク)が振る舞われます。しかも勝利チームが作れるというものw

 最初のコーナーはお絵かき対決!そして最初のお題は「なのはとフェイトの出会いのシーン」です。ここで大事件発生!なんと水樹さんが上手くなっているではありませんか!?しかもチーム戦になったことで(チーム内から選んで対決させる)手を抜いた田村さん!(本人談w)結果、画伯の称号を持つ水樹さんにまで勝利宣言をされる始末wしかしこの二人はともかくとして、ミッドチルダチームは他の三人の絵心が高く、特に桑谷さんはプロ級の腕前に開場騒然!一方ヴォルケン側はドングリの背比べながらも真田さんの絵が凄かったw針金人間に髪型だけ記号化してキャラは判別が出来るので絵心はあるのですがいかんせん桑谷さんの後では事故扱いですwちなみにこのコーナーでの対決は入場時に配られたチラシの中にQRコードがありそのサイトへアクセスしての投票という前回もやった手法ではありますがここでも無駄にお金を使っていますwこういうシステムでの投票は投票中の時間がダレがちですが、ここは司会の腕の見せ所です。台本もそこはしっかりと考えられており、投票の間で選ばれなかった残りの絵を紹介するということでスムーズ?に進行します。ちなみに結果は言わずもがなで桑谷さん圧勝でした。続く2戦目のお題は「ナハトバール」。芸術性を高く評価されwミッドチルダは田村さんのを、ヴォルケンは植田さんのをチョイスし、ヴォルケン勝利で同点になります。

 続いてのゲームは「名台詞を蒐集せよ!」。各キャラクターの名台詞が入ったボックスから引いて一言の生アフレコをする訳ですが、そのときの声の大きさ(デシベル)を闇の書のページ蒐集に置き換えて何頁蒐集したかを競うという新コーナーです。当然台詞上押し殺さなければならないものもあれば、張り上げるものもあるのですが、そこは忠実にという指示の元スタート。ですが田村さんと水樹さんがいきなり反則をかましますww。そしてヴォルケンでは当然シャマルこと柚木さんが「シャマルビーム」という公式設定をでっち上げますwそしてそしてまたもや個人それぞれのデバイスを雰囲気を出す為だけに作ってきましたwしかも全員分w制作費で車が買えるそうですwしかも金属で出来ているらしく、相当重いらしい。ちなみにアルフの桑谷さんは拳で戦うということでデバイスは無いのですが、代わりにオレンジの犬耳と尻尾。同じくザフィーラの一条さんにも青の犬耳をw嫌と言いながらも満更ではない表情。しかも照れている様子がとてもキュートでしたwシャマルのクラールヴィントはサイズミスで第二関節が通らないという事故も発生wそしてそしてここで特別ゲスト、レイジングハート役のDonnaさんと闇の書役のAlexandraさんの登場です。更に一緒にこのゲームに参加してくれました。ちなみにお二人とも役を忠実に演じてくれましたw。このゲームでは一条さんの頑張りもあり二戦ともヴォルケンの勝利でした。

 続いて占いのコーナー。と、言ってもただ占うだけではなく出されたお題に対して予めゲッターズ飯田さんの占いでランキングされており、そのランキングを予想し、各チームが選出した人のどっちが順位が上かを競うというものです。更に、選んだ人が1位なら倍の得点を、最下位を選んでしまったら得点がマイナスされてしまうという逆転のチャンスも含んだコーナーとなっています。
 そして一問目のお題は「誰が一番お金持ちか」といった内容のもの。当然ミッドチルダは水樹さんを選出し、これは他の追従を許さない一位でヴォルケンとの差を一気に詰めます。各コーナー2問ずつなのでもう一問あったのですが、残念忘れました。

 続いてはお馴染みのシャッフルアフレコのコーナー。これはお題のシーンに対して配役をシャッフルして自分の役以外を演じるという趣旨だったのですが、回を重ねる毎にアドリブが増えていき、とうとうお題のシーンに対して新シナリオを作成するという内容に進化してしまったコーナーですwあくまでも忠実に演じるという趣旨が変わった訳ではありませんw
 一問目のお題の内容は忘れてしまいましたが、まじめにシャッフルアフレコに応じたミッドチルダチームに対し、アレンジを加えてきたヴォルケンチームの圧勝。ちなみに投票は先ほどの携帯での投票システムを使用するはずだったのですが、システムダウンにより急遽拍手の大きさで投票というアナログチックなものに変更w
 二問目は「ユーノ君の指示でハナトバールを総攻撃しようとするシーン」だったのですが、ここでミッドチルダチーム、関取のアレンジで臨むも今イベント中最大の大すべりを見せ惨敗w余りのミッドチルダチームの落ち込みように会場からまさかのシャッフルアフレコのアンコールを受け再選、ミッドチルダチームが勝利するも時すでに遅し、トータルでヴォルケンチームの勝利でした。約束通り風船の罰ゲームと、リンディ茶が振る舞われますが、ここでも気の利いたアドリブがいくつも飛び出しますw特に清水さんの「覚悟しろテスタロッサ!」は最高でしたw

 やっと勝敗がついたのはイベントが始まってから軽く2時間40分程を回った状態で、続いてはライブコーナーです。セットリストはこんな感じです。(うろ覚えだったので拾ってきました。)

植田佳奈
1 Snow Rain ~Ver.Holy Night~

水樹奈々
1 ETERNAL BLAZE
2 ROMANCERS' NEO
3 Sacred Force -Extended Mix-
4 SECRET AMBITION
5 BRIGHT STREAM
6 BRAVE PHOENIX

田村ゆかり
1 Little Wish ~lyrical step~
2 Spiritual Garden
3 Tiny Rainbow
4 微笑みのプルマージュ
5 星空のSpica
6 滑空の果てのイノセント


 総時間4時間!とても楽しいイベントでした。回を重ねる毎にパワーを増していると感じるのは気のせいではないでしょう。最後には発表もあり、なんと映画第三弾の制作決定!これ以上の詳細は何もなかった訳ですがストライカーズなのか、はたまたオリジナルなのか、ストライカーズを飛び越えてビビットなんかもいいですね。劇場版A'sのスタッフ群ならストライカーズも見てみたいかもです。10周年を目前にまだまだ勢いが衰えないこの作品。どこまで何を見せてくれるのでしょうか。

 4時間超えるのは別にいい!楽しかったし。でも20分遅れはキツイ。しかも埼玉県民としては横浜で22時30分に解放というのは辛いですわ。

|

« ビブリア古書堂の事件手帳4 ~栞子さんと二つの顔~ | トップページ | 2013年春新番組チェック »

アニメ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

真田アサミさん」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/57034644

この記事へのトラックバック一覧です: リリカル☆パーティーⅤ(一日目):

« ビブリア古書堂の事件手帳4 ~栞子さんと二つの顔~ | トップページ | 2013年春新番組チェック »