« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.21

ココロコネクト アスランダム下

 とうとうシリーズが完結しました。衝撃を受けた1巻目から3年。メディアミックス展開を始めた時はこの作品が受け入れられたという嬉しさと同等の心配をしたものです。好きだからこそのアニメ化への絶望感もありました。そんな数々の事を乗り越え、大団円での完結です。
 前回からの続きモノとなっていた今回の完結編。前回では大勢の生徒が孤立空間に閉じ込められ、それぞれが現象にあっている。それを救おうと敵対関係にあったふうせんかずらと共闘し、孤立空間へと向かった文研部。というところで終わた訳ですが、まさにその続きから始まります。目標は皆の記憶と自分達の記録を守ること。そして無事に脱出すること。その為の方策としてふうせんかずらから提示されたのは「皆の心を一つにする」こと。
 ふうせんかずら達の事や、強制終了の事など、話してはならない制約の多い中で上手く行かないどころか事態は悪い方向へと進んでいきます。果たして皆無事に現象を終わりにできるのか!?
 といったところでしょうか。読んでた時は(前巻から)会長はもしかしたら3番目と繋がりがあるのではないかと疑ったりもしましたが、全然そんなこともなく意外とあっけなく終わった感があります。文研部が中心の話なので大団円で終わりを告げたことはよいのですが、結局ふうせんかずらとは何だったのか?ふうせんかずらや、特に今回の件で三番目はどうなってしまったのか?このへんがあやふやなまま終わってしまった感が拭えませんでした。

 作者のあとがきはメディアミックスについて色々なことを彷彿させる内容で、苦労が伺えました。このことについてまず思ったことを述べると、ある作品について仕事をするにあたって、どんなメディアであろうと原作を読まないというのはプロとして意識が欠けているのではないか?こんな事が今でもまかり通っているのだなという思いと同時にそんな人には関わって欲しくないということ。
 次に思ったのは色々問題にもなったパワハラ事件である。作品に関係のないところで作品を支援するべき立場にある人物が作品に泥を塗ってどうするのだ。こんなことだから未だにメディアミックスに対する不安が拭えないのだ。
 また、作者自身次の作品は当分書かないであろうことを匂わせる内容で締めくくっている事は残念でもあるが、書きたいものを書いてほしいという思いもあり、そこは気長に待ちたいと思う。
 兎にも角にもお疲れ様でした。次回作も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.20

STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

 こちらもレイトショーで見てきました、レイトショーのハシゴは初めてかも。こちらも中二病っぽい話ではあるのですがwテイストがあるってだけで作品の伝えたい本質はそこではないのでまぁ中二の話は置いておくとして、こちらはTVの続きって事でいいのでしょうか?ゲームはやってないので何とも言えませんが、ゲームの続きって事でもいいのかな?要するに奇跡的に辿り着いた全の災厄を回避した世界線での後日談というのがこの映画でのストーリーとなります。後日談というとハッピーエンドのバカ話といった印象がありますが、かなりシリアスです。無数の世界線を体験し続けた岡部がやっと辿り着いた世界線を現実と認識できずに消えてしまうという内容です。

 時かけものが好きな私ですが、切なさを加えたこの作品は大好物の部類に入ります。まず、岡部が消えることで岡部の存在そのものがなかった世界となり、全ての人の記憶からも失われてしまいます。その事実を一人認識してしまうクリス。岡部を取り戻そうとするも自分は消えても構わないからタイムマシンだけは絶対に作ってはならないと強く言い放ち、クリスやまゆり、皆が無事ならそれでいいと消える事を受け入れる岡部。その事を知りながら救えないクリスの葛藤。

 そしてハッピーエンドへ。岡部の中二的な物言いの基がこんなところにあったとは!(卵が先か鶏が先かという問題は置いておくとして)絶望からのハッピーエンドは私が最も好むテイストです。素直に面白い作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

 レイトショーで見てきました。公開から2週目ですがMOVIXさいたまでは日に2回上映でスクリーンも小さ目のものになっていました。
 内容を少しだけ説明すると、ある日学校へ忘れ物をした為、夜中の学校に忍び込む今回の物語の主人公である佐藤 一郎。そこに現れる自称「異世界から<竜端子>を探すためにやって来た」リサーチャーを名乗る謎の少女。一郎は竜端子を探すことを約束し別れるのだが、翌日学校でその少女と再会を果たす。その少女は始業式から2週間、一度も学校へ来ていない同姓の佐藤良子その人であった。担任教師からは良子の世話係を命じられる一郎だが、学校に馴染めない良子と、それを良く思わないクラスのリーダー的な存在に目をつけられいじめに発展する。
 中二病を題材にした学園ラブコメ。といった感じでしょうか。

 最近中二病を題材にした作品が多く世の中に出ている気がします。今まではそういった設定の異世界ファンタジーであったり、平行世界ものであったりしましたが、それが中二病として完結してしまう。流行と言ってしまえばそれまでなのですが、現代社会に対する何かしらの警鐘なのでしょうか?

 とりあえずまとめとくと、花澤香菜かわいい!この一言につきますw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.14

たまゆら進級イベント ~素敵な巡り合い、なので~

 そして3,40分程のインターバルを置いて、すぐさま入場が開始される夜の部です。
 夜の部の開始もドラマパートから。始業式をモチーフにしたお話でイベントの幕を開けます。

 そして昼の部とは違ってPVからのスタート!そして怒涛の新キャラ新キャストの発表!昼の部で公表したのでもう隠しておく必要はありませんね。キャストの皆さんがステージに揃い、一人ずつ自己紹介をしていきますが、香役の宮本佳那子さんが大暴投w「たまゆらー?」と言った後マイクを客席に向ける佳那子嬢wコールアンドレスポンスを楽しみたいという思いはわかるのですが夜の部から参加した人には何の事だかわかりませんよw「楽屋で言い聞かせておきます」と母親役の緒方恵さんw落ち着いた対応ですw

 茅野愛衣さんも参加しての夜の部のゲームコーナーは「プレゼン」です。昨年やって好評だったイベントや、今年初開催を予定しているイベントの企画をチョイ足ししてもっと素敵なイベントにしようというこのプレゼン企画!お題は以下の通りなのですが、採用者にはプレゼントありと知った途端に俄然盛り上がるキャストの面々。
・ももねこ様祭り
 緒方恵美さんのもも猫様パン食い競争が採用
・大崎下島イベント(仮)
 葉月絵理乃さんの船宿でのトークイベントが採用(これ行きてー)
・たまゆらの日
 井口裕香さんの竹原にオールキャスト集合が採用

 続いては中島ノブユキさんによるピアノの生演奏。昼の部に引き続き夜の部でも聴けたのは幸せです。そして中島ノブユキさんの伴奏で中島愛による「神様のいたずら」。

 続いてはドラマパート
・こまちと香くんのツーショットを写真家の志保美さんが撮ってくれるという話
・麻音の部屋にのりえたんがお泊まりにくる話
・楓が母親に写真部を作ることを告白する話
の3本でした。

 そして昼の部同様幕が左右に開いて登場したのはmarbleバンドの皆さん!その豪華なバックバンドを背負って歌うのは昼の部ではソロを歌わなかった塙 かおる役の阿澄佳奈さんで「希望のカタチ」。物凄くガチガチに緊張していたのが印象的でした。そして何と!昼の部ではバックバンドに徹していたmarbleさんが「やさしさに包まれたなら」を披露!大崎下島での麻音の思い出の乙女座。その再演が成されたのです!
 そして4人で「あしたの陽だまり」を歌いキャラソンコーナーは終了。

 あっという間にラストとなり、出演者が再び全員ステージに並びます。タイトルも発表されとうとう香たんの出番ですw「たまゆらー?」\もあぐれっしぶー!/とコールアンドレスポンスも見事成功し、放送までの楽しみを残してイベントは終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら進級イベント ~新しい季節の始まり、なので~

 行ってきました。場所はTOKYO DOME CITY HALL。このイベントは昨年終了を迎えたたまゆら~hitotose~の第二期シリーズの決起集会にあたるイベントとなります。一日二回回しの今回のイベントで、今回私が参加したのも1部と2部の両方になります。。

 イベントの開始とともに沢渡 楓役の竹達彩奈さん、塙 かおる役の阿澄佳奈さん、岡崎 のりえ役の井口裕香さん、桜田 麻音役の儀武ゆう子さん、三次 ちひろ役の寿美菜子さんの5人で生ドラマが始まります。内容は春休み前の楓達の一コマといったところでしょうか。

 そんなドラマが終わり、今回の出演者を呼び込みます。登場したのは沢渡 香役の宮本佳那子さん、沢渡 珠恵役の緒方恵美さん、塙 さよみ役の大原さやかさん、志保美 りほ役の葉月絵理乃さん、ももねこ役の福井裕佳梨さん、八色 ちも役の松来未祐さん、篠田 こまち役の広橋涼さん(順不同)、そして堂郷 和太郎役の間島淳司さんと、監督の佐藤順一さんの総勢14人!

 この14人で行うのは間島さんを司会とした進級試験!(監督は校長先生として参加)実は、今回のイベントはいつもの儀武ゆう子さんではなく他の人にやってもらって、キャストとしてイベントに参加してほしいなという思いがあり、それがいきなり叶うこととなりました。
 イベントの内容は3人ずつの4チームに分かれて間島さんの出す問題に答えてもらうというもので、40点以下のチームは赤点として次回作には出演できないというものです。ニアピンで10点、ぴったりで40点という配点に一抹の含みを感じながらも試験はスタート。圧倒的に最下位をひた走る主役チーム達でしたが、最後の問題でたまゆら二期シリーズのタイトルを全チームピタリ賞で全員進級となりました。その名も「たまゆら もあぐれっしぶ」堂々のタイトル発表です!意味は「more aggressive」を繋げたものだそうです。

 キャストの方が全員はけて暗闇からピンスポットを浴びて登場したのは中島ノブユキさん。たまゆらの音楽を担当されている作曲家で、前回の汐入のイベントでもグランドピアノの生演奏を披露してくださったのですが、今回も生演奏を披露してくれました。最後の一音の響きが消えて一拍おいてからの割れんばかりの拍手!素晴らしい演奏でした。そしてもう一人、足早で登場したのはドレス姿の中島愛さん。中島ノブユキさんの生演奏で「夏鳥」を歌いあげます。何度聞いてもいい曲です。たまゆらの中では一番好きな歌といってもいいでしょう。私の中では珠恵さんの夫を想っての歌なんですよね。

 続いてドラマのコーナー。
・メインキャラクターである楓達を除いた女子会という設定のドラマ。
・そして幼少の楓達の一コマ。
・現在に戻ってきて楓が写真部を作りたいと告白する話。
の3本でした。

 ドラマが終わるとどこからともなく流れていくるBGM。しばらくすると幕が左右に開き登場したのは生バンドの面々。そのバックバンドを従え歌うのは楓役の竹達彩奈さんで「ヒマワリ」。まさかのキャラソンです!
 次に登場したのは麻音役の儀武ゆう子さんと、のりえ役の井口裕香さんで「夢の兆し」。
 さて、さっきから気になっていたのですが、あのアコースティックギターを持った野菜を作っていそうな男性と、鉄筋のバチを持って時折コーラスを入れているいる女性ですwまさかと思っていたらなんとmarbleのお二人ではありませんか!しかも他のメンバーもmarbleバンドの皆さん。そしてmarbleは歌わずバックバンドに専念し、次に歌うは竹達さんが再登場し、かおる役の阿澄佳奈さんを加えての「あしたの陽だまり」!凄く豪華なキャラソンコーナーでした。

 そして世界最速で公開された「たまゆら もあぐれっしぶ」のPV披露!カメラ持った超可愛い女の子居るんですが!

 そして待望の新キャラのキャスト発表!三谷かなえ役として茅野愛衣さん登場し、総勢19人がステージに勢揃いです。座長の竹達さんと佐藤順一監督がそれぞれ挨拶してイベントは終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.05

RDG レッドデータガール 1

 この作品を初めて見かけたのは新書判の最終巻でした。タイトルを見て面白そうだと思ったものの文庫サイズでないと読みにくい事もありこの時は手に取った本を戻したのですが、それから間もなくしてアニメ化が発表され、アニメ版表紙の文庫が出たのを知り再び手に取ってみたのがコレです。

 軽く内容を説明すると熊野の山奥から麓の中学に通うあか抜けない女の子のお話です。自分を変えたい、もっと普通の女の子になりたいと願う神社の娘泉子。高校進学の話から徐々に本人の望まない方向へ話が進んでいきます。
 まず父の友人の息子の深雪が自分の為に転校させられてきます。それを不満に思う深雪は当然怒りの矛先を彼女に向けます。とはいえ嫌味を言うくらいですが。そんな状況を打破するために修学旅行を使って東京にいる母へ会いに行くのですが、そこで明かされるさまざまな事実。そして泉子の隠された力が・・・。

 と、まぁ出だしはこんな感じなのですが、正直1巻じゃわかりませんでした。まぁレッドデータというくらいですから絶滅危惧種的な女の子を守る話なのだろう?と想像。そうするとナイト役は深雪になるのかな?あとは力の源ですね。その力があるとして、果たしてどこを目指す物語なのか?この辺が1巻では全く見えなかったので今後の展開で見えてきたときに面白さを感じるのか否かといったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »