« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013.05.21

ドリーミー・ドリーマー

 読み始めて「何だ、またゲームの中に入っちゃう系か」と。しかもギャルゲーかと。少し辟易とした感もあったのですが、しばらく読み進めていくうちに何周もする終わりのないループから脱出したいという思いが感じられてきます。これがただのギャルゲー世界に入ったぜーひゃっほーい系なら直ぐに読むのを読めていたかもしれません。

 話の内容はこんな感じ。伝説の樹の下で女の子に告白されるシーンから始まり、ハッピーエンドを迎えると次のシーンは朝、妹に起こされるシーンへ。この世界は2週間を通して意中の女の子から告白されればまたスタートへという典型的なギャルゲーのフォーマットに則った世界。どういう訳かこの世界に囚われとなってしまったこの物語の主人公樹(いつき)だったが、半年近くもこの2週間が繰り返される頃にはヒロイン達のフラグを立てずにいかに平穏に過ごすか、という日々をおくっていた。そんなある日、見たことも無いキャラクターと曲がり角でぶつかり転倒する。その娘は転校生で、これは元の世界に返るためのきっかけにつながるかもしれないと行動を開始するが、最後の2週間目にその娘が樹の目の前で車に跳ねられて死んでしまう。次の2週間目では親友が下半身不随になる。何度か繰り返すうちにその娘の重大な秘密が明らかになるのだが・・・。

 絶望感を表現するのに時間の積み重ねこの作品でいうと繰り返した回数で表現するのですが、本来であれば繰り返しなどあるはずの無い日常で、回避できない彼女の死というイベントを何度も何度も繰り返すことによる精神的な負担などはうまく表現できていたのではないかと思います。
 最終的には現実世界へ帰還してからの戦いとなる訳ですが、ゲーム中に樹を支えてくれた妹であり友人達が、全てゲームの作者である現実の友人をモチーフにされていたことがわかり、その彼ら彼女らと向き合い最終的にゲームの作者であり、ゲームの中で救えずにもがき続けた彼女を現実の世界で救いハッピーエンド。ではなくスタートするという終わりはなかなかよい物でした。読み始めた時の感触とは随分違う終わりを迎えたことは好感触です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.13

なにかのご縁 -ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る-

 主人公は大学二年生のゆかり君。彼は自治会に籍を置き忙しい毎日を送っていたのだが、とある日に一本の白い糸を見つける。その糸を辿った先にあったものはなんとうさぎ。しかも人語を話します。このうさぎ、どうやら「縁」を掌る神様だか妖怪だかそんな存在らしくこのうさぎに勢い余って縁を切られてしまいます。その縁を結びなおしてもらうためにうさぎと行動を共にすることになるゆかり君ですが、縁が見えるようになったゆかり君と縁を掌るうさぎさんの一人と一匹に様々な出来事が!といったお話。

 変じゃない!wwwまとも過ぎてびっくりした程ですが、実に面白い。それとも私が既に野崎まどの毒に侵されていて変と認識できないだけなのだろうか?wただ、[映]アムリタの読まされる台本など野崎まど作品には欠かせない物語の導入のKEYとなる不思議なモノは今回無かったように思います。強いて言えばうさぎさんなのでしょうが今までの作品とは感覚が異なります。
 お話は「縁」にまつわるいいお話ばかりで、「恋」「親子」「死人」とバリエーションもあり私的には好きな部類なのですが、これまでの作品とどうしても違いを感じてしまうのは「毒」がない感じといえばいいのでしょうか?そんな風に感じてしまいます。それが悪いといってる訳ではなく、寧ろ新しい野崎まどがキタ!的な感じもあり今後の作品展開に興味後そそられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.11

ラジオCD「真田アサミのどるちぇJamSession」 2nd session発売記念イベント

 行ってきました。場所は渋谷アニメイト。ちなみにこのイベント、参加券が配布されるCDの発売日当日まで悩んだ挙句仕事を終えた足で渋谷まで向かい、貰った参加券のシリアル番号は4番!そして当日には未だイベント参加券が残っていたという。結果的には思い悩むことはなかったのですがまぁそれはそれということで。

 で、イベント内容の記載には「ブロマイドお渡し」とは書いてあったのですが、私はトークイベントを想定していたので当日行ってお渡しがメインであることを知りかなり焦ります。何を焦ったかってお話しする内容を何も考えていなかったからですw整列の30分前に現地についていたこともあり何とか内容をまとめるに至りましたが未だに緊張しますねwきっとこの適度な緊張感はこれから先も薄らぐことはあっても無くなる事はないのでしょう。

 ちなみにお話の内容はデビュー14周年のお祝いの言葉と、今回の2nd sessionのゲストである黒田崇矢さんのオファーの経緯についてといったところでしょうか。

 ここ最近ご自分のライブ活動に、お芝居に、TVアニメ(デート・ア・ライブ、革命機ヴァルヴレイヴなど)などなど精力的に活動されているので無理のない程度に楽しく頑張っていただけたらなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.03

ソードアートオンライン12 アリシゼーション・ライジング

 前回カーディナル(幼女)に助けられた所で終わった訳ですが、今回はまさにそこからのスタートになります。そしてユージオを追いやってのカーディナルとキリトの大設定解説大会。そのまま塔攻略編へ突入し、一気に3戦を熟し聖合騎士を8人倒しますwそして31ことアリスとのご対面。戦闘を開始する訳ですが・・・。

 とりあえず冒頭からのカーディナルの設定解説っていうかアンダーワールドの歴史ですが、とうとう出ちゃいました「心意」(笑)。もうブレインバーストプログラムの基であることは確実ですね。
 後はアドミニストレーターの非道な行いの数々ですね。コマンドリストを手に入れてからは他人を外部記憶装置にしようとしたり、自分のコピー作ったり、他人の記憶を操作したり、寿命(天命)操ったり、やりたい放題。カーディナルすらもアドミニストレーターのコピーでカーディナルの意志が勝った彼女がアドミニストレーターを排除すべきものと認識し、死闘の末に敗れ逃げ延びたのが現在の状況というのですからまぁ何というか。

 聖合騎士との戦いに至っては、男は容赦なく倒すのに女子供は助けようとするんですよね・・・。そこはちょっと違和感を感じる部分もありますね。キリト君。まぁわからないでもないですが。

 とりあえず今巻に関してだけ言えば少々気が乗らなかったといったところでしょうか。次の巻の動向で今回のシリーズの私の評価が決まりそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »