« 風立ちぬ | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅶ »

2013.07.22

ソードアートオンライン ザ・デイ・アフター

 こちらもBDの特典小説です。内容としてはALO内でのお話で、アスナでいる時にキャラとの乖離現象が起こるというところから話が始まります。その原因というのがカーディナルが収集したイレギュラーな気持ちのコピー(残滓)ではないか?という事に。

 確信が持てないままBOSS戦に挑んだ際に致命的なタイミングで乖離現象が発生する。キリトの働きで九死に一生を得たアスナだったが事の大きさに改めて絶望する。そして負けてしまったBOSS戦にリベンジしようとパーティーが意気込む中、キリトは一人思いつめた顔でパーティーを抜け一直線にアインクラッドの外壁を昇りはじめる。それを追うアスナが辿り着いた真実とは?

 記憶のコピー(残滓)という現象については圏内殺人事件の最後にグリセルダさんの霊体が出てきた様に見えた件を例に挙げていましたが、気持ちをデータ化して保存というのは魂の保存というものに繋がることを示唆していて、アクセルワールドのアッシュローラーの件と繋がりがありそうですね。

 ちなみに今回の件は月夜の黒猫団のサチの話になってゆきます。キリトが向かった階層、そしてこの日この時こそがサチが亡くなった時だったのです。

 もう会うことはできないと思っていたサチの話がこうしてされるというのは私としても驚きで、小説の原作ファンとしては是非読んでもらいたいエピソードではあるのですが、前から言っている通り映像メディア購入者しか読めないこの商法に疑問を感じずにはいられません。いつかまとめて一冊にしてほしいものです。

|

« 風立ちぬ | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅶ »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/57891108

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアートオンライン ザ・デイ・アフター:

« 風立ちぬ | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅶ »