« 「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」上映会 ひとつめ | トップページ | 小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ »

2013.09.08

真田アサミ ~BirthdayLIVE~ The Little Wings 2013

 行って来ました!場所は渋谷Star lounge。会場としてはまぁそこそこ馴染みのある会場です。
 ドリンクチケット代わりのピックを受け取り、会場に入るとBGMとしてアサミさんの懐かしい曲から新しい曲まで色々と流れている中、「草原のDEJAVU」が流れており、前回のアコースティックライブの時に、アサミさん本人がCD音源化されていることを知っていなかったので入手したんだなとほくそ笑んで見たりwDATE A LIVEで歌った新曲「16bitガール」が流れているのを聞いて、ここで流れているって事は今日は聞けないのかなと残念に思ったり(デート・ア・フェスが近くあるので仕方ないなとw)。

 そうこうしているうちにBGMが大きくなり会場がひときわ暗さを増し、とうとうスタートです!ドラムセットなどの生バンドのセットがあるものの最初はオケものから行くようで、アサミさん一人での登場!そして登場するなり「雨が降ってごめんね」と謝り始めるアサミさんw晴れ女を自負している彼女だからこその一言に会場も暖まりますwそんな一言目から最初の一曲目は「ここにあるから」。「小さな翼」の中では一番好きな曲で、別所線と長野の高い青空が連想される清々しい曲に早くも胸がいっぱいになります。この曲もカラオケに入ってくれると嬉しいのですが。
 そうしたら次はデビュー作品の主題歌だったこの曲と軽く紹介を交えた曲のタイトルは「only one, NO.1」自分の曲と同様にやはりデビュー作品の主題歌というのは思い入れがあるのですね。私も久しぶりに「only one♪ NO.1♪」とコーラスを口ずさみつつ楽しみました。
 続いてなのはから「真紅の花」。歌い終わって「やっぱりヴィータでうたうのは難しいね」と、当時キャラで歌うことの難しさと、それでもヴィータの気持ちを沢山詰め込んで歌った思い出話も披露してくれました。また、大人の事情で今は歌えない曲も色々あるけれどいつか歌いたいと言ってくれてことも嬉しいですね。ちなみにこの曲には今オンエアー中のローゼンの「真紅」という言葉がタイトルになっているというのも歌うことを決めた理由のひとつだったとか。セットリストひとつとっても愛が詰まっています。
 そして絶望先生から「金魚の接吻」。絶望先生の楽曲の中では一番好きな歌ですね。アサミさんの和のイメージとぴったり合う素敵な曲だと思います。曲が物憂げな感じが本人とのギャップで魅力倍増といった感じでしょうかw

 この辺でMCだったでしょうか?(順番が違っていたら失礼。)アサミさんの夏休みの思い出~!的なまったりとした思い出話が次々と披露されてゆきます!先ずは先日のお芝居「さよならさくら荘」について。大変だったけれど凄く勉強になったと同時に、次から次へと殻を破ることができた(破らざろうえなかった?w)と。今後もお芝居を続けるアサミさんを見続けたいものです。
 もうひとつがペットショップのお話で、フクロウやら大型犬やらミニ豚、陸ガメなど多種多様なペットショップなの?と思うようなペットショップらしく、フクロウどうですか?飼い易いですよと勧められるも餌を聞くと当然の如くマウスと返され、買うと高いので育てたほうが安いですよとアドバイスも貰ったというお話w。
 あとはブーツの話でしょうか。欲しいのがあったけどサイズがなかったのでちょっと考えますと言ったら後で電話貰えれば取り寄せますよ。と言われ、帰宅した後やっぱり欲しくなって電話したら今サイズありますよと言われ、「ん?」となりつつも名前を伝えるとチョッとまってくださいと店員が怪しい反応を示し、しばらくしてやっぱりありませんでした。という結果にまたもや「ん?」という反応をするも取り寄せを注文するというお話wアサミさん自身、日常で「ん?」となる事が好きらしく、話すも会場が「ん?」という反応wそれはきっと他のお客の取り置きとして品物があって、そのお客さんと間違えたのだと思います。
 そして「はる学自動車部」の関連で初めてレースを見に行ったこと。この日はピーカンで、一休みしようと車で休んだ途端に土砂降りという事があったようで、どうやらこの日のピーカンで力を使いすぎたと。今日の雨のこともこの所為ではないかということでしたw
 自分個人のラジオが終わってしまい、それでもまた作品関係で何本かラジオをやらせてもらっていること。それを経てやっぱり自分はラジオが好きなんだなと認識したそうです。それでもここまで自由wな事は自分のラジオでないと言えないのでこのイベントで何を話そうかと楽しみにしていたと語るアサミさん。ほんわかさせて頂きましたw

 MCの位置が合っていたのならキーボードの方を呼んで「ガレキニハナヲ」だったかと。タイトルでも感じるとおり震災復興ソングで、イメージとダメージで韻をふむのが印象的な歌です。改めて聞いて難しい歌だなと思いました。
 そしてキーボードのイントロが始まりバンドメンバーが全員登場といった演出で始まったのはまさかの「secret base」。「あの花」との関係はないとは思いますが、ちょっとびっくりです。あの花効果で若い世代にも知られ、広い世代で知られる歌となったからこその選曲といえるのではないでしょうか。
 「Boys be・・・ファイト!」これまた懐かしい選曲です。物凄く分かりやすい変化球なしの直球の応援ソングです。

 そしてここからは「流星流星Prism」「宇宙(そら)にHands UP!」「七色のユメ」「きみに届け」と、どるちぇJamSessionの時に作ってもらった楽曲が続きます。昨年どるちぇJamSessionのイベント「The Little Wings 2012 ~Live Session~」で披露してから何処かで形にしたいし、これからも歌う機会を作っていきたいと言ったあの日から、こうして約束通りにその機会を作ってくれていることに敬意と感謝を込めて盛大に盛り上がりました。前回はタオル販売をしたのでタオル曲となった宇宙(そら)にHands UP!ですが、今回は流石にタオルを持ってきている人が少なかった為か手振りだけとなったのは残念でした。(というか私もタオル曲だということをすっかり忘れていました(汗))次回はリベンジを果たしたいところです。

 ここからはアンコールです。なんとアンコール一曲目は「HAPPY DAY」。この曲を聴くとどうしても未だにFINAL☆PARTY☆NIGHTでのアノシーンが思い出されます。勿論今回は今までの、そして今日の、今の幸せを全身で表現した最高の笑顔でのHAPPY DAY。とても思い出深い曲名だけに幸せなひと時を過ごさせて頂きました。
 そしてバンドメンバーが再登場!そしてそして一緒に運ばれてくるアコースティックギターwそうです。前回のアコースティックライブで初披露したアサミさんの為のギター曲「えがおのせなか」のリベンジタイムです!お世辞にも未だかっこよくとは言えないまでも誤魔化すことなく今のせいいっぱいを披露してくれました。手元をちょくちょく見ながらになるのでマイクへ声量が不安定になるのもその裏返しであり、約束したからとそれに答えようと頑張るアサミさんに感謝です。終わった後は申し訳なさそうにうつむいてしまったアサミさんですが、いつかかっこよく披露してくれる日が来るのをひっそりと待ちたいと思います。
 そして最後の曲へと行きかけたところでバンマスであるベースの櫻井さんがチョッとまった!と流れを止め、ここでサプライズのハッピーバースデイを会場全員でプレゼント。(本当はきみに届けの前にやるはずだったらしいw □より○より)
 そしてホントのホントに最後の一曲。今回のLIVEのタイトルにもなっている「小さな翼」でフィナーレを迎えました。この曲は皆で合唱できるようになったら楽しいだろうなと思います。

 来年は何と声優デビューから15周年となる節目の年だそうで、何かやりたいなと心の叫びを発していましたがどうなることでしょう。あまり無理せずにアサミさんのペースでやっていただけたらなと思います。15周年だろうと、次が20周年だろうと待つ覚悟はあるので。

 今回は流石にペンライトの割合が増えましたね。私も一応持っては行きましたが使ったのは数曲ほどで、久しぶりにハンドクラップ中心にやってみたところ、これはこれでやっぱり楽しい!ということに改めて思い直したというか。貴重な経験となりました。

 そんな訳で今回のセットリストは最後に記述させて頂きました。今回は会場で開演前にセットリストが配られることをアナウンスしていた為、メモする必要が無かったのはとても助かりました。こうして足跡をブログに残しておきたい反面、メモを取りながらではどうしてもLIVEに集中ができないのでこうしたちょっとした気遣いがとても嬉しいです。しかもセットリストはアルバム「小さな翼」の歌詞カードの写真を使ったものだったのですが、今回セットリストに使ったのは縦長のはがきサイズの為、アルバムではほぼ正方形に切り取られてしまった青空が高く描かれており、構図としては断然こちらの方が好きです。やはりLittle Wingsには青空が似合います!

ここにあるから
only one, NO.1
真紅の花
ビタミン"D"
金魚の接吻
ガレキニハナヲ
secret base ~君がくれたもの~
Boys be・・・ファイト!
流星Prism
宇宙にHands UP!
七色のユメ
きみに届け

<アンコール>
HAPPY DAY
えがおのせなか
小さな翼

Drums:SASSY
Guitar:奥井康介
Keyboard:モチヅキヤスノリ
Bass:櫻井陸来
Vocal:真田アサミ

|

« 「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」上映会 ひとつめ | トップページ | 小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ »

イベント」カテゴリの記事

真田アサミさん」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/58160123

この記事へのトラックバック一覧です: 真田アサミ ~BirthdayLIVE~ The Little Wings 2013:

« 「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」上映会 ひとつめ | トップページ | 小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ »