« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013.10.26

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語

 以前「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語」、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語」を観たのが昨年の10月の事です。昇華できなかった思いをつのらせた1年間。(TVシリーズからだともっとですね)とうとうこの日がやってきました。テンションは勿論高いのですがそこは押しとどめてあくまでも冷静に、まずは丸呑みする事。そのあとゆっくり消化できればいい。そんな気持ちで臨みました。ここまで気合を入れなければ逆に見た方が飲み込まれる。そのくらいの覚悟で見に行きました。

 さて、まだ劇場公開も間もないので内容については極力触れないようにしますが、感想を書くうえでどうしても触れないと書けない部分もあるのでネタバレを気にする方は観た後にゆっくりと読んでいただければ幸いです。

 まずは「[新編]叛逆の物語」を観るにあたってTVシリーズ全話、又は[前編]始まりの物語&[後編]永遠の物語のどちらかを見ておくことは必須条件となります。「[新編]叛逆の物語」自体は世界感や描き方こそ奇怪ですが、非常にわかりやすい構成になっており、しっかり見ていれば全て理解できる作りになっています。(要所要所に説明的な台詞も入るのですが、しっかり見ていればむしろ要らないくらいです。)但し、それは前提条件があればこそとなります。他のマルチメディア化した情報は一切知らなくても本編となるTVシリーズの内容だけをしっかりと咀嚼していれば十二分に楽しめる内容となっています。

 前置きはこのくらいにして、【ここからネタバレ含みます】まず冒頭。まどかの居た幸せな日常シーンから始まる違和感。そして気づく「今は失われてしまっている」このシーンの残酷さに胸を焦がします。そして次々に描かれていく現実世界との相違点ですが、ここは動きがあるまで騙されたふりをして楽しく見続けます。(冒頭で既に視聴の観点が物語上のほむらと同一であることがこうして振り返ってみるとわかります。)まどか、ほむら、さやか、京子、マミと全員そろったスタイリッシュでコミカルな「ナイトメア」の討伐シーンや京子も含めた幸せな私生活を「(仮に)夢」とわかりつつも本当にこうだったらいいのにと「夢」を肯定し始めた頃、ほむらが違和感に気が付き始め調査を開始します。とりあえずここまで見て「ん?」と思うのは、

・まどかの存在
・さやかの存在
・京子が同級生であること
・マミのパートナーであるべべ(お菓子の魔女)の存在
・しゃべれないキュゥべえ
・ナイトメアという存在

 しかしこれらの違和感に対してしっかりと順序立てたうえで見事に昇華していく様は本当に見事で、先程もしっかりとみていれば全てが分かるといった通り、一つ一つの謎や問に対して最後には決定的なキーワードを各々が放つのですが、大抵解を言い放つ前に理解できてしまうので理解→回答という形になり、回答が蛇足に感じられる部分もありました。ピースがはまっていく感覚はそれはそれでいいのですが、考える、想像する余地みたいなものがもう少しあっても良かったのではないかなと思わなくもありません。

 とりあえず今回も大いにムカついたのはインキュベーターでしょうかwこいつ本当にろくなことしません。ほむらに施した「実験」はTVシリーズを見ていた時に感じたインキュベーターへの感情に匹敵する程で、あまりのおぞましさに怒りよりも悲しみの方が先立った程です。

 全ての謎、正体が明らかになり、まどかを守る為なら種の中で永遠に腐り続ける事を選択するほむらとの戦闘シーンは数ある見どころの一つで、まどかとこれまで浄化してきた魔女との関係が感じられる素敵で迫力のあるシーンです。その戦いの結果辿り着くまどかがほむらを迎えるシーン。本来であればこれでハッピーエンド。ほむらの思いも昇華され、「よく今まで頑張ったね。」となるところですが、ここからが映画のタイトルである「叛逆の物語」の始まりです。流石にこの展開までは読めませんでした。

 前々から思っていたことの一つとしてまどかがあれだけの力を得た裏にほむらの行動と思いがあるならば、ほむらも同等の力を持っていていいのではないかという事。ただ、まどかと違うのはまどかはソウルジェムを生み出す際の願いのエネルギーとして具現化したのに対してほむらは既にソウルジェムを得ていたこと。しかしそれすらも新たなジェムを生み出すことでエネルギーを具現化させます。この新たなジェムの解釈だけは今をもってしても理解しきれていない所です。ほむらの思いの強さがそれを可能にしたと言ってしまえばそれまでなのですが、人→魔法少女の対価としてのソウルジェムの発生とするならば、その上位への変態がそれを生んだのか?それともソウルジェムを割らずして魔女の存在をここまで育てたことによるものなのか?自ら砕き体内に取り込んだことによるものなのか?とにかくほむら自信が今回の行為に及んだ大きな原因として本当は辛かったという「まどかの本心を知ってしまった」ことは非常に大きいのではないでしょうか。
 ちなみにほむらが「愛」だと語った衝動についてですが、つい先日クロジによる「ヒルコ」という演劇を観劇したのですが、これがまた様々な「愛」を題材にした演目で、先日までその内容についてさんざん考え抜いた後だったからでしょうか。これもほむらが「愛」だという言う前から理解した上、抵抗も違和感もなくすんなりと受け入れてしまいました。たとえその為に世界の理そのものを変たのだとしても。愛するその人の覚悟や思いを捻じ曲げる事になったとしても。

 TVシリーズの最後のカットで、ほむらが一人荒野を歩いていくシーン。あれが何なのか?ずっとあの答えを追い求めてきましたが、今回の叛逆の物語を見てその答えというか、あの数秒のカットこそが叛逆の物語そのものであったと理解できます。

 正直ここまで満足のいく作品が観られるとは思ってもみませんでした。上映中は始終泣いていたように思います。それこそ嬉しくて、悔しくて、苦しくて、悲しくて、様々な感情で心を動かされました。TVシリーズの頃から理解はできるけど納得はしないと言い続けてきました。今回の叛逆の物語を経てやはりその気持ちは変わらないものの「物語」の終わりとして納得している自分も居て、大変満足しています。
 久しぶりに複数回劇場へ足を運びたいと思う作品であったことに称賛と共に係わったスタッフ皆々様にはありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.20

私と彼女と家族ごっこ

 まずはどんな作品かというと、教え子に恋をしてしまった小学校教師の季貴。その告白を受け入れた環姫。そして二人は駆け落ちをする。身をよせた先は八十陰荘。そこは八十陰とは名ばかりのぼろアパートであり、そこに暮らす住人も変わり者ばかり。食の研究の第一人者であり食の為なら世界中を回り何でも食す季貴の恩師でもある教授。剣を持たせたら敵う者なしの無口だが激情的な女性剣士。神童とうたわれた頃もあったが今ではその面影はなく2D世界に没頭している季貴の後輩。朝帰りを繰り返す両刀使いの女性。一言でいえば天才、マッドサイエンティストの女性。と、個性豊かな面々。しかしそこに駆け落ちしてきた季貴と環姫が加わったことで不思議な現象が起こる。「家族ごっこ」。それぞれが過去の記憶を改ざんされ、八十陰荘の住人を家族と思い込んでしまう現象。この不可思議な現象を通してかけがえのない経験していく物語。

 表紙と帯の紹介で購入を決めた作品ですが、メディアワークス文庫の中では珍しく「不可思議な力」が及ぶ物語でした。この不可思議な力については何も解明ざれずに物語を締めくくるので、設定好きな方には消化不良となるのでしょうが、個人的には凄く好みな作品でした。とにかく環姫が可愛いのです。登場人物に感情移入ができるかは私にとってはとても重要で、脳内でCVが割り当てられ喋りだしたら完了ですwそういう点でこの環姫は強力で、読み始めこそ教師が小学生に告白って・・・。と思うながらも環姫の家族環境が明らかになり、駆け落ちした経緯に至る頃には「環姫可愛いよ環姫」となっていましたw特に「おはモニです。」は破壊力抜群ですwちなみにこの二人の関係で思い浮かんだのは玄鉄絢先生の「星川銀座四丁目」です。
 先程から環姫、環姫と言っていますが、実はそれほど多く環姫は出てきません。どちらかというと住人とのエピソードの方が多く、住人達をしっかりを描くことによって物語が引き立っているとも言えます。むしろ後半に行くにつれ環姫の出番が減っていき、ラスボスの様な雰囲気まで漂わせますw頭の良い純真な娘だけに普段先生に見せていた笑顔の裏で考えていた自分なりの結末に心打たれます。
 私は大団円の物語が好きです。読み終えて心がぽっと温かくなれる作品が好きです。この作品はそんな作品です。

脳内キャスト
環姫:茅野愛衣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.13

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」トークイベントin記念艦「三笠」

 行ってきました。場所は神奈川県汐入の記念艦「三笠」内講堂。出演者は儀武ゆう子さん、佐藤順一監督。
 お二人のというよりも佐藤監督が出演されるイベントというのは久しぶりで、というのも今迄制作の為イベント出演を禁止されていたらしく、監督自身もやっと出してもらえましたと嬉しそうwそして開始早々「晴れてすみません」とユニット「あめふりすぷ」ネタをアピールwそんな開幕だったこのイベントですが、放送終了後初めて監督が出演されたイベントという事もあり、監督からも作品の話を沢山聞くことが出来ました。特に描きたかったという父親をよく知っている人から聞く楓の知らない父親の話。父親と同級生であった夏目 望や、父親の会社の後輩であったはるみの話がそうですね。監督自身も自信の回であるらしく満足気でした。実際に尾道や向島にもロケハンに行ったらしく、B&B(Bed and Breakfast)の民宿を経営している方にもお話を聞きに行ったという事も聞けました。
 儀武さん自身も軽快なトークで司会を進行し、久しぶりの監督とのイベントではありましたが懸念していた監督いじりもなく、いい調子だなと思っていたのですが、シークレットゲストに福井裕佳梨さんが登場し、ゆるきゃらグランプリにももねこ様がエントリーしているのでよろしくお願いしますとアピールするところへんまではよかったのですが、儀武さんが「会場からももねこ様大使を選びます!」と言いだした途端、あぁ登場の「あめふりすぷ」ネタは布石だったかとw(殊勝に司会をやっているかと思えば観覧者いじりかい!)実は以前にもヴェルニー公園で開催したイベントで「あめふりすぷ」の三人目をイベント参加者から強制的に無作為に選出するという恐怖のイベントがあった訳ですが、今回も正に悪夢再びという感じで福井裕佳梨さんによって無作為に番号が選ばれ儀武さんが「まずは一人目」という言葉に「まずは?」とざわめく会場wそして言葉通り次々と呼ばれて総勢5名?が選出されステージ前へ整列させられます(^^;
 まず最初は「運」を見る為に裕佳梨さんとももねこじゃんけん(宮本佳那子 発案)。一回目で1人になってしまい、慌てて敗者復活戦を開催し最終的に3人に絞ります。続いて大切なモノのアピール。ももねこ様の鳴きまね。技を競うという名目の威嚇のポーズ(三人が同じポーズをしたのでまるでダチョウ倶楽部のようだったw)。と、次々に審査され、獲得ポイントはなんと3:3:3で同点!結局最後にもう一度ももねこじゃんけんで勝者が決定!ももねこ様大使は「山田」さんに決定となり、等身大ももねこ様ぬいぐるみと選挙ポスター風のカードを100枚進呈し、イベントは終了となりました。
投票はこちらから

 この後、希望者のみ続けて講堂にて「三笠」の紹介ビデオと、解説の方の説明を聞いてイベントの全スケジュールが終了となりました。この紹介ビデオと解説はなかなか面白く、この後館内を回ることとなるのですが、その際の見方や見どころなど参考になりました。恐らく艦コレなどをやっているともっと面白く聞けたのでしょう。

 解説を終えた後に広場にビックももねこ様が登場し、囲むように人垣が出来て皆カメラを向けていました。動くんですよねこのももねこ様。耳も。どこかでリモコン操作をしていたのか?
 実はこの後艦内を回っている途中に一番下の船底で小学生の船の模型展示を見ていたところへ監督達が船底の出口から外へと出ていくところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

姫百合たちの放課後

 表紙とタイトルからすっかりエス的なものと思い込んで読み始めたらコメディータッチではあるのですが、内容はポルノそのもので、かなりガチなレズものでした。
 短編なので読みやすいっちゃ読みやすいのですが、読む場所は気おつけた方が良いですね。
 1編目が行為の描写が無いのに凄くドロドロとしたものを感じてしまい、これは最後まで読めるのか?と心配になりましたが、中には自慰がスポーツにまで昇華した自慰道を描いたおバカな作品もあったり、色々と振れ幅が大きいのは読んでいて飽きませんでした。 特にあとがきを読んで全てに合点がいったというか、読んでいた時に感じていたもやもやがすっきりした感じでした。こういう作品もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.06

DATE・A・Fes

 デート・ア・ライブのファンイベントである「DATE・A・Fes」へ行ってきました。場所はディファ有明。開演前には狂三(真田アサミさん)による影ナレでの諸注意が流れ、私的にテンションアップ!

 sweet ARMSによるオープニング曲「デート・ア・ライブ」で開幕!会場を温めるという構成的には定石といったところでしょうか。歌い終わって今回出演するキャストの面々が登場し、sweet ARMS(富樫美鈴さん、野水伊織さん、佐土原かおりさん、味里さん)に島﨑信長さん、井上麻里奈さん、竹達彩奈さん、真田アサミさんを加えた計8名となり、一人づつ紹介をしつつトーク。その間sweet ARMSの4人は衣装替えの為ひとまず退場。その間トークで時間を繋ぎます。

 富樫美鈴さん、野水伊織さん、佐土原かおりさん、味里さんの準備ができたらしく次のコーナーへ行くために一度キャストの面々全員が舞台からはけてステージが暗転し、セッティングに入る訳ですが、このセッティングが完了しているにもかかわらず暗転したまま音楽が鳴り続けて進展せず、まるでセッティングはこの時間と決めているかのような印象さえ受け、手際の悪さを感じずにはいられませんでした。
 始まったコーナーは生アフレコによるドラマで、TVの占いコーナーに翻弄されたヒロイン達が目標を達成するために各々が士道にアプローチをかけ、士道が一日中振り回されるというもの。このシナリオは雑誌の描き下ろし短編に対してイベントの為に手を加えたものだそうです。大人しい四糸乃が一番最初に目的を達成するのはなかなかに萌えるシチュエーションでした。後はやはりヒロインである十香のは良かったですね。

 続いては作品中もあったシチュエーションで、女の子とデート中にギャルゲーの様に選択肢がでるというアレをやって五河士道こと島﨑信長君を萌えさせようという「でれーっと・あ・士道」というコーナー。これが非常に微妙なコーナーで回答者6人中、3人が正解したらデレメーターなるものが上昇するというもの。変態というのを受け入れつつも実は非常に真面目な信長君。事前に選択肢に回答していたこともありとにかく人としては凄くいい人なんだなと認識するに値するほどの真面目な回答にしらける場の空気。しかしこれ、正直信長君は全然悪くなくこのコーナー自体の企画そのものと、選択肢を考えた脚本家が悪いと思う訳です。現に3問目は選択肢は無く、キャストそれぞれによるアドリブでの書き問題となった時は大いに会場が湧きましたし、自らの回答を演じるキャストの皆さんの芝居も素晴らしかったのですが!、4問目は再び3択に戻り、会場のオーディエンスが追加されるも信長君の意見は既に出されている訳でただの会場の欲望にそぐわないという図式が形成されるだけという事に。そしてこれが5問目まであり、最後は同じポーズを決めろとか謎問題。まぁ奇跡的に一致する人が一人居た為に大団円で収まった訳ですが、兎に角そんな状況なので長くて冗長でキャストも会場も苦しいだけのコーナーとなってしまいました。そんな中で良い点を見つけるとしたら司会を進行していた娘(佐土原かおりさんでしょうか?)の司会っぷりが素晴らしかったこと。どんな雰囲気でもものともせずに呼吸をするかのごとくツラツラとしゃべり続ける様はとても頼もしく好印象でした。後は3問目の形式でしょうか。

 そして最後のコーナーとなったのは野水いおりさんによるLIVEコーナー。先ほどのコーナーで途中退場したのはこの為だったのですね。
・SAVE MY HEART
・SAVE THE WORLD
の二曲を披露してくれました。

 長いアンコールを経て登場したのは各々のイメージカラーのTシャツを着たキャストの面々達によるカーテンコール。先ほど歌った野水さんも駆け入ります。(さっきの衣装をよくこの時間で着替えられました。)

 第2期のPVを公開し、バックには新曲のOPらしき曲が。sweet ARMSによる新曲で先日レコーディングしたばかりで曲名は「Trust in you」。その曲を少しだけ披露してもらうことに。

 最後の挨拶に差し掛かろうとしたところで「ちょっと待った!」との呼び声にステージ上段に目を移すと、先ほどのPVで登場した八舞姉妹のキャストである内田真礼さんとブリドカットセーラ恵美さんが登場!ステージを締めくくります。

 正直個人的には微妙なイベントだったと言わざろうえません。唯一楽しみにしていた「16Bitガール」の披露が無かったのは私個人の問題なので仕方がないのですが。作品系のイベントに参加したのは久しぶりだったという事と、その作品に特に思い入れがある訳でもない私が参加したことに問題があるのかもしれません。ちょっとあちこち不手際が目に付いてしまったのも拍車をかけたといった感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.05

クロジ第12回公演「ヒルコ」

 場所は前回公演と同じ六本木俳優座劇場。スタッフが着ているイノシシのTシャツが気になります。

 まずは物語のあらすじを簡単に説明すると、古来よりいがみあってきた二つの村というか部族があり、それぞれの王子と姫が婚姻により協力を深めようというところから物語が始まります。ところが姫の愛が深いが故に王子の小指を切り落としてしまいます。この愛の深さと重さが理解できない事へのすれ違いが二人のみならず国の運命をも巻き込んだ大波乱の物語の幕を開けます。

 今回、まず思ったのは主宰である福圓さんが主役をやっている芝居を見るのは初めてという事wこれまで「異説 金瓶梅」「かみさまのおかお」と二つの公演を見てきましたがどれも主役ではなかったどころか、ダブルキャストの関係で出演されていない時すらありました。なので彼女の主役としての芝居を見るのは初めてで、冒頭の可愛らしい姫の演技に心ときめくのでしたw(この後このときめきがすぐさましおれる訳ですが(^^;)そしてここで問題が発生。私の脳にキュアハッピーとして届くのです(爆)芝居としてキュアハッピーなどでは全くもってないのですが、姫の純真無垢でありながら心で訴えるような演技が正にキュアハッピーの言葉は幼いながらも心で訴える魂の叫びが同調して脳内変換されてしまうのです。これは大きな誤算で、弊害とまでは言いませんが芝居の内容が内容だけに大いに悩まされることとなりました(^^;

 セットは相変わらずのクオリティで、今回まず目をひいたのは中央にそびえ立つ「木」です。これが非常によくできていて、木なので当然動いたりはしないのですが大きな存在感を放っていました。そしてこれまたお馴染みの固定セットによる舞台転換の妙。今回中央に新居となる岩とそれに寄り添うように立つ木。その周りを囲むように右端から階段で昇って行き奥が一番高く、それが左端に通じてそこから左端手前へ階段が下っているという中央のセットを半円で囲うような形になっています。舞台裏への出入り口は舞台両袖の2か所と、左右の階段を上った中腹の踊り場から袖へはける2か所、そして中央の岩の後ろの1か所の計5か所で、照明による演出により左右半分に分けたり、地上から地下へと様々な転換が違和感なく行われます。

 過去観た「金瓶梅」も「かみさまのおかお」も男に恨みがあるのではないかと思うほどにダメな男が描かれている作品でしたが、今回はまず「壊れた女」が目に焼き付きます。愛故の奇異な行動をとる訳ですが、その行動を周りが理解してくれない事への絶望感は、むしろ見ている私としては何故それが奇異だと理解できないのかという恐怖となって押し寄せます。その後、心を壊していく指を切られた夫の気持ちの方が理解しやすく、愛故の嗜虐的な(妻を傷つける)態度も理解できてしまえるのです。(決して私がSだとかDVだとかそういう事ではなくですよ(^^;)
 とにかく気持ちが凹むというか私にとっては下向きになる内容のお話であったことは確かです。しかし、下向きとはいえ心を動かされたことは間違いなく、それはもうざっくりと動かされました。マイナス方面に心を動かされることの多いクロジの舞台ですが、たまにはプラス方向に動かされる演目も見てみたいものです。

 さて、今回気になったのがタイトルである「ヒルコ」。言わずと知れた神話の物語。イザナギとイザナミの最初の子供でありながら余りの醜さに忌み子とされるお話です。今回この逸話が芝居にどう重なるのかが気になって仕方がありませんでした。それこそ芝居の間中ずっと考えながら見ていましたが、明確な回答は公演から一週間以上経ってこうして感想を書いている今も見つからず、あえて言うなら登場人物それぞれが描いた「愛」そのものが「ヒルコ」だったのではないかなという結論となりました。さて、観劇された他の皆さんはどのように感じたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »