« かぐや姫の物語 | トップページ | 書店員の恋 »

2013.11.25

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 二回目

 モーニング割引のある劇場で念願の二回目を観てきました。二回目であっても物語は全く色褪せず、寧ろ理解度が深まっている事で鮮やかさを増しているかの様で、とても満足度の高い上映でした。
 まず目についたのはオープニングともいうべきClariSの新曲「カラフル」に映像が乗るシーン。一回目の時も何故ほむらだけがおかしな状態に?と思ったシーンですが、その後に畳み掛けるように「?」が押し寄せた為に記憶の片隅に追いやってしまっていたカットです。しかしこれも二回目なら「なるほど」と納得してしまえるものでした。それ以外はソウルジェムに関するシーンまでは二回目だからこその「はっ!」としたシーンは無く、一回目の丸呑みが如何に言葉通り丸呑みしていたかが伺えます。
 さて、あまりの展開に一回目では解釈が追い付かなかった新たなジェムの誕生のシーンですが、ピンクの糸が巻かれた糸巻きが登場していたことを二回目で思い出しました。ただ、前回ではピンクの糸が示すものと新たなジェムの様なモノとを結び付けられませんでした。しかし改めて二回目を見た時にピンク=まどか、糸は解釈が付きかねますが仮に絆としましょう。まどかとの絆を核にして自らのソウルジェムを砕いたエネルギーで新たな禍々しくも強固なジェムが誕生したかのように感じられました。(=閉じ込めた)勿論ソウルジェムから解き放たれるエネルギーはジェムを濁らせ魔女化する程に募らせたまどかへの思い。そしてそれをほむらに決意させたのは無意識に発せられたまどかの本心を受け取ってしまったから。もしあの一言が無ければほむらも円環の理に導かれて終わりを迎えたのかもしれませんね。(そちらの方が良かったと言っている訳では決してありません。)
 二回目にして更に理解を深めた気はします。が、エンディングの後のエピローグ。最後のカットで崖のような場所からほむらが自ら身を投げるようなシーン。初見では何も思いませんでした。何せ世界そのモノの様な存在です。「戯れに落ちてみた」位にしか思っていなかった訳ですが、わざわざ描いたという事はそれなりの意味を含んでいるはずなのですよね。機会があればあと1回くらいは観ておきたいところです。

|

« かぐや姫の物語 | トップページ | 書店員の恋 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/58647834

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 二回目:

« かぐや姫の物語 | トップページ | 書店員の恋 »