« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.21

思い出のマーニー

 友人に公開の前日に「明日公開の百合っぽい映画見に行かないんですか?」と言われ、ん?多分言わんとしている作品は恐らく「思い出のマーニー」だけど百合っぽかったっけ?と、公式ページへ行ってみると確かに思えなくもない。これも何かの縁という事で早速観に行ってきました。

 さっくりあらすじを説明すると、周りに馴染めない女の子杏奈(あんな)はストレス性の喘息持ちで、ひと夏の間、療養の為自然の豊かな親戚のもとへ預けられることになります。そこには大きな湖があり、その畔には「湿っ地屋敷」と呼ばれている古い洋館がありました。そこで不思議な体験と共に杏奈は金髪の少女マーニーと出会うのでした。二人は出会った瞬間最愛の友を誓うのでした。杏奈の夢と現の境に現れては消えるマーニーとは何者なのか?

 正直描き方が抽象的で難しい為、子供向きではないと断言しておきましょう。思春期の少年少女であれば何かを感じるかもしれませんが、小さな子供は黙って見続ける事も辛いでしょう。
 まず百合疑惑ですが、お互いを一番大切な存在であると認識し合いますが、それは私の感性からは寧ろ赤毛のアンのアンとダイアナの様な心の友達であり、実際には恋愛ではないもっと深い親が子に示すような無償の愛だったのでしょう(特にマーニーからしてみれば)。しかしまぁ、百合フィルターは受け手がどう感じるか次第なので、その辺は好きにみて頂ければと思いますw

 物語中、マーニーとの会話の中で杏奈の過去と現状が語られていきます。今一緒に暮らしている母親は本当の母親ではない事は物語の冒頭からちょいちょい杏奈の口ぶりなどから見て取れますが、その真相と今の育ての親との関係について。
 次いでマーニーの生い立ちと湿っ地屋敷の青い窓に囚われている状況についてが語られます。その二つの話が繋がる事になるのは湖の畔で湿っ地屋敷の絵を描いている久子が幼馴染だったマーニーの話をした時でした。勘の良い人であればここで大方の事が分かってしまったのではないでしょうか?

 あそこまで抽象的に描いたのであれば、寧ろ最後にあんなにハッキリとマーニーが何者であったのか明かす必要も無かったのではないかと思ってしまいます。まぁ明かす必要があったのもわからなくはないですが。特にサイロから杏奈を一人残して行ってしまった事をマーニーが杏奈に許しを請うシーンは、明かされた真実に照らし合わせると杏奈が現実を受け入れるシーンその物であり、実際にマーニーの存在が分からないままであれば全く意味が通らない不可思議なシーンとして終わってしまったことでしょう。しかしこのシーンはわかってしまった瞬間に目頭が熱くなりました。
 更に、真実が明らかになった事により杏奈の中のわだかまりが綺麗に取り払われ、冒頭とは別人であるかのような明るさを取り戻し、札幌に帰る別れのシーンでは久子に対し育ての親である頼子を初めて「母です」と紹介したりと、気が付けば自分の運命(人生)を呪っていた杏奈の成長物語となっていました。

 正直アリエッティーの監督と聞いて不安もありましたが、未来がひらける終わり方で安心したといったところでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.07.15

あなたのために、ネコはゆく

 猫好きなのと、なんかほのぼのしてそうなので買ってみたのですが、何だろ?話がふわふわしていて何を言いたいのかよくわからない。とにかく主役であろうネコのパートの書き口が肌に合わないお話でした。

 まず主人公のネコ。人の言葉が分かって、働いていて、普通にお店で買い物もする。ん?この世界ではネコはそういう存在?かと思うと普通のネコも居る。そうするとゴルフの打ちっぱなしでボール磨きのアルバイトをして、普通にその給料で中華屋のチャーハンをレンゲを持って食べ、しかし人とは「にゃー」しか言わないこいつの存在を人が普通のネコと区別なく受け入れているシチュエーションが気持ち悪い。
 次に人を殺せない死神が登場。死のうとしている人に願いを叶えるのと引き換えに一年後に命を貰うという契約をするも、取り立ての日になると人生が上手く回りだした契約者は口八丁で死神を言い負かし、どうでもよくなり命を取るのを止めてしまう死神。
 その死神とネコが出会い、ネコがどうやら天使であることが分かるが、何のことは無い。天使であろうとネコはネコなので何が出来る訳でもなく、死神は人を殺せない。
 そこへ邪悪な存在と称す者が現れ、契約を果たせない死神に取って代わろうとする訳ですが、こいつの存在自体がまた分からない。初めは死神の同僚なのかと思いきや、どうやら世界に死神は彼ひとりだけらしく、その邪悪な存在は死神になろうとしているらしい。じゃあ何?何なの?
 と、まぁ久しぶりに肌に合わないものを引いてしまいました。まだまだあるのですが、これ以上はただの愚痴になってしまいそうなのでこれにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.13

高橋美佳子 夏祭り2014~おまえたち、かかってこいや!

 行ってきました。場所は新宿ルイードK4。体裁的にはCD『私の小さな世界』発売を記念して?という事なのでしょうが、この告知を遅れて知ったため、既にネットでの販売は終了。今回のライブの後に一部のアニメイト専売で売られるもののみとなり、ライブ前に聴く事も叶わず参加することになりました。

 ライブはとても楽しかったです。高橋美佳子ってこんな人。というのが形になったようなライブで、以前から彼女の音楽性(作詞作曲をするのですよ)が好きで次のライブは何時かな?と心待ちにしていた私にとっては夢がそのまま形になったようなライブでした。『私の小さな世界』からのセットリストは勿論ですが、以前のアルバムや、定番のキャラものからも歌ってくれました。特に久しぶりに聞いた生の「オトメロディー」は大いに盛り上がりました。皆もこの歌は好きなのですね^^
 また、ここ近年大いに進化したライブの楽しみ方としてペンライトが挙げられますが、パーソナルカラーである青で会場を染めた後、曲名「ピンク」で一斉会場をピンク色に染めて美佳子さんを楽しませたりと、打合せなしに何となくやってしまうのもそうですが、全体的に美佳子さんに対する愛が溢れんばかりの楽しい会場でした。

 終演後は運よく残りわずかのCDも確保でき、心地よいライブ感を味わう事が出来ました。またやって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.11

尾道 いちじくワイン その7

 復刻した「尾道いちじくワイン」が届いてから早一ヶ月。写真などは用意したのですがなかなかまとめる時間が無くずるずると時間だけが過ぎてしまいました。
 何故そうなったかというと、味が芳しくなかったからなのですが、そうするととにかくテンションが上がらない。

とりあえずわかる範囲で色々検証してみました。
■製造元が株式会社アロマキシムワイン
 あんなに探して連絡を取ることが出来なかった株式会社アロマキシムワインが復活?同じメーカーが作るという事は製法も同じ!?そこは期待が持てます。しかし山梨工場となっている。誰かのブログで廃墟の様になっていたあの山梨工場?

■味について
 好みの問題はあると思います。ただ、私が好きだったあの味には程遠いというのが今回の感想でした。では何が足らなかったのか?今まで飲み比べをして各カテゴリーを数字で表してきましたが、決定的に抜けている要素がありました。それは「酸味」です。甘く感じていたのも、フルーティーさを感じていたのも、風味を感じていたのも全てこの「酸味」の匙加減だったのです。
 今回入手した復刻版のいちじくワインにはこの酸味が全くと言っていい程存在しません。のっぺりとしたぼんやりとした味わい。正直な話、私があまり好きではないと評価した「川西の朝露」にも劣ります。寝かすことでこの酸味が生まれるのどうかはわかりませんが、まぁ一口飲んで、残り少なくなった過去の逸品と飲み比べをした時の落胆ぶりといったらありませんでした。

 まぁそんなこともありまとめる意欲が湧かなかった訳です。恐らく来年も買うでしょう。再来年も買うでしょう。いつかあの味が復活することを祈って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »