« あなたのために、ネコはゆく | トップページ | 絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫1 ―咀嚼者 The Biter― »

2014.07.21

思い出のマーニー

 友人に公開の前日に「明日公開の百合っぽい映画見に行かないんですか?」と言われ、ん?多分言わんとしている作品は恐らく「思い出のマーニー」だけど百合っぽかったっけ?と、公式ページへ行ってみると確かに思えなくもない。これも何かの縁という事で早速観に行ってきました。

 さっくりあらすじを説明すると、周りに馴染めない女の子杏奈(あんな)はストレス性の喘息持ちで、ひと夏の間、療養の為自然の豊かな親戚のもとへ預けられることになります。そこには大きな湖があり、その畔には「湿っ地屋敷」と呼ばれている古い洋館がありました。そこで不思議な体験と共に杏奈は金髪の少女マーニーと出会うのでした。二人は出会った瞬間最愛の友を誓うのでした。杏奈の夢と現の境に現れては消えるマーニーとは何者なのか?

 正直描き方が抽象的で難しい為、子供向きではないと断言しておきましょう。思春期の少年少女であれば何かを感じるかもしれませんが、小さな子供は黙って見続ける事も辛いでしょう。
 まず百合疑惑ですが、お互いを一番大切な存在であると認識し合いますが、それは私の感性からは寧ろ赤毛のアンのアンとダイアナの様な心の友達であり、実際には恋愛ではないもっと深い親が子に示すような無償の愛だったのでしょう(特にマーニーからしてみれば)。しかしまぁ、百合フィルターは受け手がどう感じるか次第なので、その辺は好きにみて頂ければと思いますw

 物語中、マーニーとの会話の中で杏奈の過去と現状が語られていきます。今一緒に暮らしている母親は本当の母親ではない事は物語の冒頭からちょいちょい杏奈の口ぶりなどから見て取れますが、その真相と今の育ての親との関係について。
 次いでマーニーの生い立ちと湿っ地屋敷の青い窓に囚われている状況についてが語られます。その二つの話が繋がる事になるのは湖の畔で湿っ地屋敷の絵を描いている久子が幼馴染だったマーニーの話をした時でした。勘の良い人であればここで大方の事が分かってしまったのではないでしょうか?

 あそこまで抽象的に描いたのであれば、寧ろ最後にあんなにハッキリとマーニーが何者であったのか明かす必要も無かったのではないかと思ってしまいます。まぁ明かす必要があったのもわからなくはないですが。特にサイロから杏奈を一人残して行ってしまった事をマーニーが杏奈に許しを請うシーンは、明かされた真実に照らし合わせると杏奈が現実を受け入れるシーンその物であり、実際にマーニーの存在が分からないままであれば全く意味が通らない不可思議なシーンとして終わってしまったことでしょう。しかしこのシーンはわかってしまった瞬間に目頭が熱くなりました。
 更に、真実が明らかになった事により杏奈の中のわだかまりが綺麗に取り払われ、冒頭とは別人であるかのような明るさを取り戻し、札幌に帰る別れのシーンでは久子に対し育ての親である頼子を初めて「母です」と紹介したりと、気が付けば自分の運命(人生)を呪っていた杏奈の成長物語となっていました。

 正直アリエッティーの監督と聞いて不安もありましたが、未来がひらける終わり方で安心したといったところでしょうか。

|

« あなたのために、ネコはゆく | トップページ | 絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫1 ―咀嚼者 The Biter― »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです こんにちは。
しかして、マーニーの評価をきっとかかれると
信じておりました(笑)
「ジブリ」とあると、映画館に行くべきかと
チラと思うわけです。そのためこちらでかかれるであろう評価をお待ちしておりました。(数日だが。)

といっても行きたくてもまあ行けない状況にあるので、未練をきっちりたちきっていただき
ありがとうございます。テレビでみるでしょうw
(ぽにょなら息子は見続けるのですが、
マーニーはだめですな!)

投稿: ぽよん | 2014.07.24 19:41

ぽよんさんお久しぶりです。
感想を心待ちにして頂きありがとうございます。
観に行くか悩んでいましたが、行った甲斐があるというものですw

ぽよんさん自身であれば十分?楽しめる作品だとは思いますが、お子さん連れだと少々難しいかもしれませんね。(描き方が抽象的なので、意味が分からなくて飽きるとどうにもならないかもしれません(^^;)小学生でも高学年くらいならわかる内容だと思います。(それとも今の子供は様々な表現の作品見慣れているのでわかっちゃったりするのかも?)

マーニーの様な作品を否定するつもりはないのですが、紅の豚の様な痛快作品を懐かしく思います。

P.S FF14バハムートサーバーにて絶賛活動中wお待ちしておりますw

投稿: Poi@管理人 | 2014.07.25 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/60024732

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のマーニー:

« あなたのために、ネコはゆく | トップページ | 絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫1 ―咀嚼者 The Biter― »