« ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ | トップページ | Music Factory Vol.5 »

2014.10.26

別所線応援企画 真田アサミライブイベント

 行って来ました。長野別所線。今回で2回目となる上田への遠征ですが、実は当初この企画を耳にした時は行く気が無かったのです。というのもやはり往復の交通費が最大の難点で、新幹線を使うと往復で1万円を越える点でしょうか。鈍行で行く事も考えましたが、11:30という受付時間に間に合う経路がなく、割引も探してみましたがそれも見つからず、「今回はなし」と決めました。しかし、後ろ髪惹かれる思いはあったのでしょうね。何日経っても完売の兆しを見せないチケットにもやもやが募り、イベント内容を検討した上で、これは私が行けなければならないのではないか?という使命感に駆られチケットを購入。発売から1週間以上経過したにも拘らず通し番号は三十番台前半という事に驚き、先程得た使命感をより一層強くするのでした。w

 さて、前置きの前置きはこのくらいにして前置きに移りましょうかw久しぶりの新幹線です。当日自由席のホームに着くや否やその光景に「なんじゃこりゃー!」と心の叫びを上げます。自由席の列は何処も長蛇の列が形成されおり、それでも来る電車は空いているだろう事を期待して待つ事しばし。ホームに滑るように入ってきた新幹線の中を見て二度目の心の叫びを上げます。既に立ち席もいっぱい!?そこへ朝のラッシュ宜しくホームに並んでいた長陀の列がぎゅうぎゅう詰め込まれ、身動きもできない状態で出発。うっあんこ出る~。幸いにも高崎ではスマホが取り出せる位には空き、軽井沢では座れるまでになりました。新幹線通勤の方はこんな思いを毎日しているのでしょうか?

 上田到着は受付開始の約40分くらい前で、事前にお昼が出ないことは通知されていたのでこの40分で食事をしなくてはなりません。高崎でようやく取り出せたスマホで付近のグルメ検索をしますが、長野で思いつくのは蕎麦。そしておやき。しかしおやきはお昼にするには物足りない。調べていくうちに目に止まったのは「美味だれ」の文字。そう言えば前回真田祭りに行ったときに「美味だれ焼き鳥」が美味しいといっていたなということを思い出し、焦点を「美味だれ」に絞る事しばし。からあげセンターの「美味だれからあげ」なるものがヒット。駅施設内。開店11:00。これだ!新幹線を降りて直行すると開店3分前。開店と同時に入店し時間も押し迫っているので直ぐに注文。料理が出るまで待っていると店員にテーブルに出ている壷の中身を勧められました。「ガリもやし」というものだそうで、味付けは正にすし屋のガリなのですが、一緒に大量のもやしと一緒に漬け込まれておりもやしのシャキシャキ感とガリの味がしみこんだもやしがなかなかのものでした。酒のつまみならこれだけでもいけるくらい。

 さて、前置きが長くなりましたが食事を終え今回のイベントの受付である別所線上田駅へ。改札前へ付くと今回のイベントの告知ポスター(これ欲しい!)や、まどかちゃんやまいさんのラッピング自動販売機がお出迎えです。どうやらこのラッピング自販機、別所線だけではなくこの辺で割と使われているようで、型は異なりますが先々の神社等でも見かけることができました。観光地をターゲットに自販機メーカーも戦略を凝らしているといったところでしょうか?受付は時間前から始まっていたようで、時間前に受付ができました。受付番号は30番台後半。受付と共に別所温泉駅までの往復乗車券である「あいぞめ湯ったりきっぷ」を購入。この切符、後で知る事になるのですが、温泉に入れるチケット付きなのです。
 受付を終え開始時間迄ふらふらしているとTVカメラを構えた人物がインタビューをしていました。地元のローカル局なのか?はたまた別所線の方なのかは分かりませんが結構聴いて回っているようでした。
 本日の構内放送は全て真田アサミさんらしく、イベント前から電車の発着の度に北条まどかの構内アナウンスが流れ、気持ちが高鳴ります。

 さて、イベント開始の時間となり改札で切符にスタンプを押してもらい構内へ。早速八木沢まいさんと北条まどかちゃんのポップがお出迎えです。しばらくするとまどかの構内アナウンスで特別列車がホームに進入してきます。勿論ヘッドトップにはまどかのイラストが!
 ちなみに受付で頂いた今回のイベントスケジュールがこちらです。

 スケジュール
 11:30 受付「上田駅コンコース」
 12:02 臨時列車が上田駅到着
        イベント① 真田アサミさんが北条まど かとして車内アナウンス
 12:07 臨時列車が上田駅出発
        イベント② 下之郷駅まで真田アサミさ んが車内アナウンス
 12:24 下之郷駅到着後、ライブトレインへ乗り換え
 12:30 第一部 ライブスタート(下之郷駅電車内)
        イベント③ トレインライブ
 13:30 第一部 終了
        休憩(自由時間&物販)
 14:30 第二部 ふれあいレクリエーションスタート(下之郷駅電車内)
        イベント④ 真田アサミさんトークショ ー
        イベント⑤ お楽しみ抽選会
 15:00 第二部 終了
 15:17 下之郷駅発の電車で別所温泉駅へ
        イベント⑥ 別所温泉まで真田アサミさ んが車内アナウンス
 15:29 別所温泉駅到着
        イベント⑦ お見送りハイタッチ(改札 で真田アサミさんがお見送り)
 16:00 イベント終了予定

 参加者皆さんが思い思いに乗車し、はっしゃを待っていると真田アサミさんもイベントスタッフと共に乗車。盛大な拍手で迎えられ先頭の切符を切る位置でマイクを片手にご挨拶。
 定刻通りに発車し、ライブ会場である下之郷までの短い旅へ。その間アサミさんがまどかとして生でアナウンス!バスガイド宜しくトレインガイドとして道中の案内をして下さいました。実際にアサミさん自身が利用されていたこともあり、とても感慨深い体験でした。この時点で既に交通費の片道分はペイできた感じですw

 幸せな時間はあっという間で、第一目的地である下之郷へ到着です。全員降車の後、一旦広場にて集合。その際、整理番号で整列し、ライブ会場である駅に停車している電車へと乗車。車両は通常運行と同様の二両編成で、中はこれでもか!というくらいに告知ポスターが貼られており、つり広告にもカラープリントした告知のチラシがwそして先頭車両にはスピーカーが二本設置されています。実は乗車の前に説明があったのですが、今回のこのライブでは前半と後半で一両目と二両目の乗客を入れ替えるという仕組みで、一両目の座席にはA1~。二両目の座席にはB1~と番号が振られており、前半と後半でA12だった人はB12へ、逆にB12だった人はA12へという具合に座席を移動するという具合です。とりあえず一両目に座席を確保し、待つ事しばし。後方から乗り込んで来たアサミさんが暖かい拍手に迎えられ二両目を通り一両目へと歩みを進めて行きます。

 まず、電車内の中でのライブという現時点におけるこの状況にとてつもないレア感を感じる中、一曲目は「ここにあるから」。さっきアサミさんの車内アナウンスを聴きながら通ってきた景色がそのまま歌詞の中で歌われているというこの奇跡。この曲の作詞をしている時にはまさか今日この日が訪れるとは夢にも思っていなかったでしょうが、それを実現してしまう力に敬意と親しみを感じつつ今迄で最高のここにあるからを聞き終え感無量。
 続いてさよなら絶望先生から「金魚の接吻」。私も大好きな一曲で、絶望先生らしからぬ雰囲気のある和のテイストでしとやかに雰囲気たっぷりに歌い上げます。ここで感じたことといえばあれ?歌更に上手くなってる!?音響設備が設備なだけにダイレクトにそのまま伝わってくるのと、ライブ会場の様にノリで誤魔化しが利かない分凄くシビアな環境の中でそう感じたのですからそうなのでしょう。聞き惚れました。
 そして「Happy Day」。イントロがかかるだけであの活動休止コンサート(FPN)を思い出すこの曲。やはり私にとっては特別な一曲です。この曲が選曲される度に曲名と選曲した事の意味を考え、重ね合わせてしまい目頭を熱くしてしまいます。今回で言うなら今日このステージが叶ったこと、ここまで歩んでこれた事への幸せな日といったところでしょうか。
 そして「ウィンターガーテン」。うぉーーー!なんて俺得なセットリスト!凄すぎですよ!言わずと知れた松田聖子さんの曲のカバーですが、デ・ジ・キャラット最後の作品として成長した彼女らが描くでじこの淡い恋模様。ウィンターガーデンの主題曲こそがこの曲なのです。少しポップで気恥ずかしそうに跳ねる感じが可愛いらしいアレンジに仕上がっており、ウィンターでありながら春を感じさせる一曲です。
 前半最後の曲は「なごり雪」w。出だしのピアノが好きなんですよねこの曲。これから訪れる季節と駅のホームを掛けての選曲でしょうか?それ以前にアサミさんが好きな曲だからというのが一番にありそうですがw何時聞いてもいい曲です。

 さて、ここで前半終了。ということで席替えタイムな訳ですが、二両目に移動して少々MCって、全然聞こえないじゃん(^^;これは酷い。車両の真ん中まで顔を出せば普通に聞こえるのですが、座席に座った状態では殆ど聞こえないのです。そう。瓢箪型にすぼまった電車の連結部分、開放されているのがドア一枚分。ここが正に文字通りネックなのです。スタッフもまさかここまでとは思っていなかったことでしょう。歌になればそうでもないのですが、トークが聞こえ辛いのは何ともし難いところでした。とは云え前半いい環境で楽しんだので今度は前半厳しい思いをした方々の為にも楽しみますよ。
 そんな一曲目は「まほうよりもっと」。なんて俺得!!この曲を生で初めて聴いたFPNから10年経った初の「○の陣」。その時にお祝いとして流れた桜井監督のビデオメッセージで語ったこの年一番の歌だったという評価を今でも思い出します。どの曲も思い出深い曲ばかりです。

 ここでなんとゲスト登場。上田駅駅長の春原貞良さんです。どうやら特別列車では恒例となっているらしく、首から下げたミニハーモニカでの演奏で皆で合唱です。曲は「紅葉」と「故郷」(しかも3番まで)。歌詞は受付の時に頂いており、久しぶりに童謡を歌いました。
 そして未だメディア化されていない「君に届け」。真田アサミのどるちぇJamSessionで誕生した歌ですね。こちらのCD化は果たされるのでしょうか?
 そして最後は勿論「小さな翼」。一曲目の「ここにあるから」が収録されているミニアルバムのタイトル曲でもある青空が見えるような爽やかなこの曲です。

 ライブの終わりには何と車内や上田駅にも張られていたあのイベント告知ポスターのプレゼントが!ここでしか手に入らない超レアポスターです。

 本当に思い出深い曲達ばかりで私にとっては嬉しい選曲ばかりでした。今回のイベントに関してはアサミさんのファンが多いのは勿論なのですが、まどかファンも居るでしょうし、純粋に別所線のファンという方も居たことでしょう。そんな中でのライブですから選曲には相当悩まれた事と思います。
 電車の中という特殊な環境でのライブは上田電鉄さんも初めての試みらしく、アサミさんにとっても、我々にとっても貴重な体験であり、何より上田電鉄さんにとっても大きな一歩だったのではないかと思います。この経験を糧に次の企画に結びつけて欲しいと思います。高橋美佳子さんを呼んで八木沢まいLIVE(湯けむり慕情聞きたい!w)でもいいですよwっていうかまどか(アサミ)&まい(美佳子)でイベントやって欲しい!

 ここで一旦休憩。物販&自由行動の時間です。色々買わせて頂きましたよ~。まず今回の臨時列車のヘッドトップのミニチュアレプリカ!今回の目玉商品です。まどかのみすず飴、まどか&まいのボールペン(電車が動くんです!)。先週の鉄フェスでは買わなかったまどかのスマホスタンドと、まいさんのスマホスタンド。まいさんの記念切符(円型)。そして植物性乳酸菌(ラブレ菌)発酵完熟果汁さわやか甘酒(トマト、ブルーベリー、白の舞)(トマトしか飲んでいませんが、超美味かった!)。
 勿論アサミさんのCDも発売しており、購入者にはアサミさんのサインを書いていただける特典付き!多くの(特に持ってない)人に買ってもらいたいと思ったので今回は購入せず。無事にCDは完売したようでよかったです。
 物販では500円毎に抽選券が付いてくるという仕組みで、この後の抽選会で使用されることに。

 物販後でも十分に時間が余っていたので駅周辺や、生島足島神社などを散策してきました。

 休み時間明けは再び車両に乗り込んでのトークショーです。先程のLIVEの反省を活かして急遽二両目にもスピーカーが一本増設されましたw上田電鉄さんフットワーク軽い!wで、トークショーですが真田アサミさん、上田電鉄の青山さん、司会をされたイノさん?という構成でスタート。事前にWEBにて質問を募集しておりそこには真田さんへ、上田電鉄さんへ、宙花こよりさん(まどかのイラストレーター)へと3つあったので当然宙花こより先生もいらっしゃるものだと思っていたのですが、残念ながら当日は欠席と相成りました。(ですが質問の回答は本人より頂いており、アサミさんが代読してくれました。)
 質問はまどかの日常に関するものから、車両に関するマニアックなものまで(第三者から見たらどっちもマニアックw)多岐にわたっていました。例えばまどかは放課後どのように過ごしていたと思いますか?真田さんご自信の経験を元にお答えください。と云ったものや、この車両が引退した後の後継の話であるとか。まるまどりーむ号の後継の話であるとか、まどかのラッピング電車の話であるとか。そんな様々な質問に対する宙花こよりさんの回答の中に「まどかは普通の女子高生で、普通の魔法少女で・・・」ん?普通の魔法少女?と、司会のイノさんも含めて引っ掛かる我々w

 そして先程の物販で貰った抽選券での抽選大会。商品は先程貰ったポスターにサインを入れたものや、まどかのポップにサインを入れたもの等々、概ね物販の商品にサインを入れたものとなっておりました。残念ながら当選せずでした。当たれば当たったで嬉しいのは間違いないのですが、それよりも初見の方に当たってファンが増えればいいなといった気持ちの方が大きかったように思います。まぁ抽選なのでそう旨く行くはずもないのですが。

 そんなこんなでお楽しみ抽選会も定刻通りに無事に終了し、今度は臨時ではなく通常の一般の乗客も乗っている電車で別所温泉駅へ向かいます。そんな電車の中でもアサミさんの生車内アナウンス。今度は普通の通常マニュアル通りのアナウンスです。  と、思いきや別所温泉に近づくにつれまどか登場wどんな台本なんだ?w  そして無事に別所温泉駅に到着。一般の乗客が降車する中、イベント参加者は車内で待機するようアナウンスがあり、指示の元降車。その後一列に整列し改札で準備を進めるアサミさん。そして一人ずつハイタッチをして改札の外へ。その後全員のハイタッチを終えイベントの終了が告知され参加者全員の拍手と共に一日がかりのイベントが終了しました。

 先程も書きましたが参加者にとってもとても貴重な体験をさせてもらいましたし、関わった全ての方面の方々にとってもそうだったのではないでしょうか。当初交通費が高いだの何だのいっていましたが、結果大満足のイベントであり、来なかった事を考えると恐ろしい限りです。(来なかった場合その後悔すらも感じないのでしょうが)上田電鉄さんにおきましてはこの貴重な経験を生かして次に繋げて欲しいと願うばかりです。

 別所線といえば袴の駅長さんで有名ですが、今度はアサミさんの別所温泉駅での一日駅長なんて見てみたいですね。勿論袴姿でw


 この後、イベントで知り合った方と温泉街や、神社仏閣を回り、切符に付いていた温泉チケットで温泉に入り今日一日の疲れを落とし帰路に着くのでした。ちなみに帰りの電車は運よくまるまどりーむ号だったことを追記しておきます。


③トレインライブセットリスト
ここにあるから
金魚の接吻
Happy Day
ウィンターガーデン
なごり雪

(席交換)

まほうよりもっと
紅葉 (上田駅駅長:春原貞良さんのハーモニカで合唱)
故郷 (上田駅駅長:春原貞良さんのハーモニカで合唱)
君に届け
小さな翼

|

« ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ | トップページ | Music Factory Vol.5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

真田アサミさん」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/60551468

この記事へのトラックバック一覧です: 別所線応援企画 真田アサミライブイベント:

« ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ | トップページ | Music Factory Vol.5 »