« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月

2016.04.02

たまゆら完結!

 2016年4月2日。本日「たまゆら~卒業写真~ 第4部 朝-あした-」が公開となりました。2010年にOVAの先行放送を観て以来約6年。物語が完結致しました。今、OVAの頃の感想(その1)その2を読んでみると、その頃の思いが完璧に満たされていることに驚きます。

 竹原へも足を運びました。今となってはもう懐かしいとさえ思う程に時が経ってしまいましたが、あの時に実際に自分の足で回った土地勘はその後のTVシリーズでも十二分に作品を立体的にとらえることが出来ましたし、何よりも「知っている街」である事は物語への愛着を強めました。

 TVシリーズでは高校一年生、二年生の2年間を描き、そして三年生はまさかの映画4本立て。卒業まで観れると聞かされた時の喜びは今でも忘れません。なにしろそれはOVAを観た時からの望みだったのですから。

 公開日が延期となるというアクシデントも発生しましたが、ここまで来たなら悔いの残らないものを作ってほしいというのは全てのたまゆらファンの総意であったことでしょう。そしてとうとう公開当日を迎えることとなりました。
 感無量でした。思い残すことが無いほど、寧ろ書き過ぎな位全てが描かれていました。それでいて終わったという喪失感は驚くほどありませんでした。満足感というか、そう!もう大丈夫だという安心感が心を満たしていました。
 たまゆらはシリーズを通して観ながら泣く事の多かった作品ですが、勿論「朝-あした-」はどうして泣かずに見ることが出来ましょう?という内容でした。劇場で見た初回は開始数分で既に泣き、そのまま涙が渇くことが無いほどに泣き続けました。場内でも鼻をすする音があちこちから聞こえてきたほどです。そして帰宅してから早速BDを観てまた泣き、コメンタリを聞いて、更に3週目をもう泣かないだろうと思いつつもやはり泣き、危うく脱水症状一歩手前(マジw)で慌てて水分補給をするという状況でした。

 未だ最後のイベントも残っていますが、作品が完成したという事で、とりあえず。この作品に関わった全ての方々にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。楓ちゃん達の卒業が見れたこと。本当に幸せです。

<Poi的「朝-あした-」の見所>
・ぽってが中心に映っているローライで撮られた3枚の写真。
・相部屋の提案をする志保美さんが可愛い。
・夕日の図書館公園。
・お父さんを亡くした時の楓の壮絶な泣き顔。
・ローライの最後。
・お母さんのhitotoseや、もあぐれっしぶのEDで使われた写真や水飲み鳥を使った昔話。
・堂郷の卒業証書授与の名前の呼び上げ。
・新しいカメラで撮ったたまゆら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »