« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月

2018.01.27

リスアニ!LIVE 2018(SATURDAY STAGE)

リスアニ!LIVE 2018(SATURDAY STAGE)

 行ってきました。今年に入ってからのClariS初めです。
昨年からのClariSの怒涛のフェス参加。少し悩みもしましたがカレンのデビューであったリスアニ&武道館という思い入れのある場所(公演)とあっては行かない訳にはいきません。
 席は西側一階席。ステージの真横ですが、ステージ端に来てくれた時は凄く近くになるという特典でまぁ少し緩和といったところでしょうか。
ステージには開場からカウントダウンされている大きなデジタル時計の表示。開始が押すことを許さないこの演出は潔くて好感が持てます。
メインスクリーンは台形(逆三面鏡な感じ)なので東側の1/3が全く見えなかったのも少々残念なところでしょうか。
昨年はClariSと共に様々なフェスに参加したわけですが、3年振りとなるリスアニが昨年一年の体験でどう映るのか楽しみなところです。

 カウントが0になり最初のアーティストが登場!
ちょっ????!って、ClariSが先陣んん!!!。最初だなんて微塵も予想していなかっただけに少々取り乱しながらもライトを持ち替え立て直します。トップバッターはまだ早いんではないかと見くびっておりました。活動年数を考えれば、更に彼女達を発掘したリスアニなら視野に入れても不思議ではなかったと思い直し、只々歩んできた歴史を噛みしめるのでした。
 衣装は上下白でスカートの裾が黒く縁どられたデザインで、PRIMALoveのイメージイラストを意識した衣装となっていました。イラストは胸元に黒のアクセントがありますが衣装の方には無かった気がします。セットリストは「コネクト」、「irony」と往年のご機嫌なナンバーを皮切りに、私的には意外だった「SHIORI」。昨年の新曲でタイアップ曲でもあるのにフェスで2、3曲に限定されてしまうとどうしても漏れてしまっていた曲なだけにこうしてワンマンライブ以外で聴けたのはとても嬉しい選曲でした。そして現在絶賛放送中のBEATLESSのエンディングである「PRIMALove」。ある意味今日はこの曲を聴きに来たといっても過言ではありません。この後も続々とアーティストが出演しますが、時期が時期だけに1月の新番で起用されているオープニング&エンディングが最速で堪能できるのもリスアニ!LIVEの醍醐味ではないでしょうか。そして最後となる曲は「ヒトリゴト」。本日の公演ではTrySailも一緒なので後に「adrenaline!!!」が選曲されていれば同公演でヒトリゴトとadrenaline!!!がセットで聴けるのは3度目。そしてクララもカレンもダンスのキレがアップしている様に思えたのは気のせいではないでしょう。いつもキレのあるダンスを見せてくれるカレンですが、より一層大きく見え、3月末のライブに期待を膨らませます。そんな期待を込めつつClariS初のフェスでのトップバッターを堂々と勤め上げました。

 さて、ここからは印象に残っている事を少々。早見沙織さんのステージをこんなにガッツリ体験するのは初めてだと思うのですが、ジャズの人になっていて驚きました。しっかりと後拍のハンドクラップが入るステキな客層だったのも好感が持てた要因でしょう。CCさくらの「Jewelry」が聴けたのも嬉しかったですね。
 早見さんのステージが終わって冨田さんが登場。トップバッターを見事に務めたClariSの紹介の後に早見沙織さんを呼び込んでのトークコーナー。あぁ。リスアニ!LIVEではこれがあるんだ!。ステージを終えた直後にかなりガッツリとした冨田さんとの対談がある為、あまり知らないアーティストであっても、どんなアーティストでどんな活動をしているかなどが聞けるのはリスアニ!LIVEの最大の特徴かもしれません。ってことはClariSは未だフリートークは厳しいってことか(^^;今後に期待したいところですね。
 CHiCO with HoneyWorksのステージでは今期のノイタミナ枠の「恋は雨上がりのように」のオープニング「ノスタルジックレインフォール」が聴けたのは良かったですね。
 OLDCODEXは私にとっては一番馴染みのないアーティストだったのですが、歌ってる間に絵を描くペインターが居たのは少々衝撃的でした。昔中司雅美さんのライブに行っていた頃に一度だけ聴いた「ちもらくさ」というアーティストを思い出しました。残念だったのは完成した絵を最後にスクリーンに大写しにしてくれなかった事でしょうか。
 May'nのステージではMay'nに改名して10年。その集大成といった語りで歌い出した「You」。これも現在放送中の「魔法使いの嫁」の2クール目のオープニングです。そしてこの後の冨田さんとの対談でこの先もずっと大事に歌い続けると宣言した「ダイアモンドクレバス」。彼女にとってとてもとても大切な曲であることが伝わる歌唱でした。あとずっと謎だった「部長」という呼称の理由もやっと知れました。
 TrySailは「オリジナル。」が聴けたのが本当に嬉しい。そしてそれぞれのソロ活動を経て、より一層3人揃った時のパフォーマンスが上がったと実感。会場の熱も非常に高く、結成当時にたまたま行く事になったライブで感じた不安や心配は何だったのかと思う程に大成している彼女達を目の当たりにして感慨にふけってしまう程でした。そして「adrenaline!!!」で〆!(嬉)
 トリを務めるのはGARNiDELiA。ClariS同様BEATLESSのオープニングである「Error」も聴けましたし、作品自体はあまり好きではなかったけど、オープニングだった「アイコトバ」は楽しくコールを入れられる好きな曲です。

 そんなこんなでSATURDAY STAGEが幕を下ろしました。最初にClariSが終わってしまったので、正直この後どうしようという不安もありましたが、結果的には何だかんだと楽しめたのは昨年一年間の成果だったのか?はたまたリスアニ!LIVEというステージの構成力のおかげだったのか。「音楽」に対して真摯に向き合っているという印象を感じたライブでした。

ClariS
01 コネクト
02 irony
03 SHIORI
04 PRIMALove
05 ヒトリゴト
早見沙織
06 夢の果てまで
07 SIDE SEAT TRAVEL
08 優しい希望 -acoustic ver-
09 ESCORT
10 Secret
11 Jewelry
CHiCO with HoneyWorks
12 恋色に咲け
13 アイのシナリオ
14 ノスタリジックレインフォール
15 世界は恋に落ちている
16 今日もサクラ舞う暁に
17 プライド革命
OLDCODEX
18 Dried Up Youthful Fame
19 Rage on
20 WALK
21 Growth Arrow
22 Lantana
May'n
23 Chase the world
24 Belief
25 運命の太陽
26 You
27 ダイヤモンドクレバス
TrySail
28 High Free Spirits
29 かかわり
30 オリジナル。
31 WANTED GIRL
32 adrenaline!!!
GARNiDELiA
33 SPEED STAR
34 Error
35 Désir
36 アイコトバ
37 Hysteric bullet
38 BLAZING
39 ambiguous

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »