« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月

2018.03.30

ClariS 3rd HALLCONCERT in 舞浜アンフィシアター over the rainbow ~虹の彼方に~

 舞浜アンフィシアターでのライブという事で心待ちにしていた今回の公演!2018.03.29~30という正に年度末の平日という社会人にとっては正直厳しい日程ですが、アンフィシアターという特殊な構造のHALLを使った演出への期待感に敵うはずもありません。

 今回も開演前から物販に、会員特典のオリジナルコンサートチケットの配布。クレーンゲームや、ガチャ等、盛沢山の内容です。物販に関しては先行通販による会場受取りと自宅配送が選択でき、受取りもそこそこスムーズでした。強いて難点を上げるならば、受付が会員番号帯で分かれている点(番号順であれば、番号帯で分ける必要はなかったかな?と。まぁ引き取りに来ていないチェックが楽なのは分かりますが、それは公演後の事なのでじっくりやってもらえればよい訳で)。あとは、購入リストをスマホで提示した場合、スマホを持って行ってしまわれる事でしょうか(^^;疑うわけではありませんが、セキュリティ的にはとても危険な行為なので、どうかな?と思わなくもないですね。
 今回のクレーンゲームはブランケット2種とアクリルスタンド3種。例の如く接待仕様となっており、更に失敗したケースでも「まぁいっか。」と言ってゲット扱いにしていたのを目撃してしまい微笑w更に2日目では改善が図られているのが見受けられ、しっかりとPDCAを回しているのを実感しました。
 ガチャは何とミニタオルコレクション。缶バッチもそろそろ飽きた頃だったので、私的にはかなり嬉しいチョイスです。こちらも二日掛けて無事にコンプ致しました。

 今回も感想は三公演分を纏めて書かせて頂こうと思います。
 入場すると場内に流れているのは何故か空港を思わせるフライトアナウンス。そういえば今月のClariS netで開演前にパンフレットを読んでおいて下さいと言っていましたが、表紙をめくった第一文にシンガポールへ向かう飛行機から見た虹の事が書かれていたのを思い出し、開演前のこの時間は飛び立つを飛行機を待つロビーあるいは待合室。といった趣向なのでしょう。合間に公演の諸注意がアナウンスされるのですが、なるべくバレない様にアナウンスするというのがコンセプトだったのでしょうw一日目の昼がクララで、二日目昼がKUMAさん、三日目の夜がカレンでのナレーションで随所にニュアンスは感じられるものの普通に聞いたらしっかりとしたアナウンスにしか聞こえない見事なアナウンスでした^^
 そして気になる舞台のセットはというと、メインステージはアンフィ特有の円形のせり出し部分です。奥の四角い部分のステージにはその殆どの面積に櫓を組んで高い二段目のステージが作られており、その上部背面が大スクリーン。そして二段目のステージ中央から円形のステージへ向けて階段が伸びているという構成です。果たしてこのステージでどのような演出が飛び出すのでしょうか!?

 開演して先ずメインスクリーンに映し出されたのはハンドパペットのウサギとネコ。本公演のご挨拶と共に今回のお話の説明をしてくれます。どうやら今回はシンガポールへ行った際にカレンが飛行機の中で見た夢と虹のお話となっている様です。この人形劇ですが、話す内容こそ同じですが三公演それぞれ違うものになっており、細かい部分にも惜しみなく手間を掛けているのが感じられます。
 映像は雷雲の中での機内の窓から見た景色。雲を抜け、眠りにつこうとするカレンにクララが呼びかけますが、そのまま声が遠くなって行き眠りの世界へ。そして雲間から見える大きな虹。物語の始まりです。

 暗闇に包まれた会場の中、奥の二階ステージに昇降機で登場した彼女達を目に留め歓声が上がります。流れ出した本公演の開幕曲はまさかの「眠り姫」。この物語の導入も予想できなかったのは勿論の事、この開幕曲も予想できませんでした。眠りに落ちるという導入にはぴったりな選曲です。衣装は水色で、二人とも細部こそ異なりますが基本的には同じコンセプトのロングスカートのドレスとなっており、これまでのそれぞれがパーソナルカラーを纏ったりスカートの丈が極端に異なるというものではないようです。そして当然ながら仮面を付けての登場。演出には一曲目からドットイメージを惜しみなく投入してきます。今回もステキな「吐息」頂きましたw

 そして大きな満月をバックに流れ出したのは「Cloudy」。Gravityのカップリングで新しめの曲なのですが、なかなかお披露目の機会がなかったこの曲。ずっと聞きたいと思っていたのでとても嬉しい選曲です。

 私的には本公演で一番うれしかった選曲となる「トパーズ」!歌詞の内容を理解している方なら予想できた選曲かもしれませんが、私の耳コピでは「あぁ七色の線」ではなく「あなた色乗せ」だったので予想できるはずもなく(爆)。可愛らしい曲調と、合間に入るクラップ。そしてDメロの囁くような「1、2」がとても素敵で大好きな曲です。スクリーン演出には半円だけ見える地面がぐるぐる回ることで景色がが進んでいくという曲にぴったりな可愛いらしい映像が流れ、この段階では知る由もないのですが、実は本公演の物語をなぞったストーリーになっているというのは3公演目で気が付きました。余談ですがこの「トパーズ」、公演後もしばらく頭の中をぐるぐる回ることになりますw

 衣装替えの為彼女達は一時退場しますが、ここで突然客席通路からカカシさんが出現し、客席を走り回りながらステージへ登壇。初回の公演では二列目センターという最高の席だったのですが、だからこそこの時は何が起こっているのか全く分からず客席の反応やカカシさんが動く度に発生する客席の波を追っていたのですが、二公演目で後ろから二列目という全てが見渡せる席でやっと確認が出来ました。現れたカカシさんが前ブロックと後ろブロックの間の通路を走り回っていたのですが、その際に走るカカシさんに合わせてちょっとしたウェーブになっていたのが印象的でした。ステージに上がったカカシさんは紛うことなき「前回の公演」で木になったKUMAさんですwここで新しいお友達を一人紹介という事で登壇したのはサックス?奏者の方。ん?奏者?生演奏?え!もしかして今回は生バンもありますか!?というキーワードをチラ見せして物語はどんどん進んでいきます。脳みその無いカカシ、エメラルドのお城。なるほど。今回の公演は「オズの魔法使い」がテーマの様です。

 春らしい薄桃色のドレスに衣替えを済ませて再び登壇した彼女達。流れ出したのは衣装にもピッタリな「ハルラ」。そしてマスクを付けていないことに気が付き会場の熱が上がります。ここからが初回公演の二列目という席が最高に活かされる訳ですが、彼女達の表情というエッセンスが加わる事で歌唱やダンス、ちょっとした仕草までも先程までとは何倍にも何十倍にも受け取り方が変わって見える事に驚きを隠せません。楽しそうに歌い舞う彼女達を見て会場にも笑顔が広がり、そして彼女達ももっと笑顔になるという相乗効果の連鎖!普通のアーティストだったら当たり前すぎて際立てて感じることもなかっただろうこの感情は7年半という歳月を掛けてここまで辿り着いた経緯を共に歩んできたからこその感情だと思うと一入です。ダンスも本当に可愛く、特にこの曲ではカレンがしゃがみ込んでぴょん!とジャンプする仕草が可愛くてたまりません。両袖から登場し、円の縁からゆっくりと円の最前へ歩いてきた時はドキドキが止まりませんでした。(まぁここでは最前まで至る前にステージ中央に移動してしまう訳ですがw)

 ここでニセコイの第二期オープニングテーマである「STEP」を投入。元気な曲で「STEP」のタイトル通り会場のテンションを更に一段引き上げます。

 と、思いきや今度は「graduation」でしっとりと歌い上げます。ClariSの楽曲は春を感じる曲が多いのですが、正にこの季節にぴったりの選曲です。ClariSライブでは馴染みの深い印象があったこの曲ですが、実は生歌を披露するのは初めてのこと。今年卒業された方には最高のプレゼントだったのではないでしょうか。

 ここで再び二人は一度はけるのですが、二階ステージを作っている櫓の中央階段から左の部分の内部がライトアップされます。どうやら櫓は二階のステージを作っていると共に奏者のピットになっている様です。グランドピアノの美しい生演奏と共に登壇したのは先程の桃色のドレス姿のクララ一人!?そう!クララによる「本当は」のピアノソロです!!。ピアノの音色が素晴らしいのは勿論なのですが、ピアノと共に紡がれるクララの抑揚のある伸びやかなソロは本当にすばらしく、普段はユニゾンを基本としているClariSだからこそ、のびのびと歌い上げるクララから本当に歌う事が好きなんだなという気持ちが伝わってくる様でした。そしてこの素晴らしいピアノ伴奏を聴いて「このiは虚数」の生演奏バージョンをいつか聴きたい!という気持ちが沸き上がりました。是非いつか叶えて頂きたい!

 クララがはけて、ライトアップされたピアノの演奏が続く中、ピンクのライオンさん(雌)が登場。奏者(ピアノマン)を見てはもじもじを繰り返すライオンさん。どうやらピアノマンに恋をしている様子。そこへカカシさんが登場し、ピアノマンへ告白する勇気を貰いに行こう!という展開に。

 衣装替えを済ませて再びお嬢様方の登壇です。一公演目の記憶が曖昧なのですが、一公演目と二公演目では黄色のドレスで登場し、三公演目では赤いドレスでの登場だったと思います。曲は「ヒトリゴト」。言わずと知れたエロマンガ先生のOPタイアップ曲で昨年だけで言えば一番披露回数が多い曲だったのではないでしょうか。そしてここまでで最高の盛り上がりだったのは言うまでもありません。

 そしてまさかの「君の知らない物語」。ANIMAX MUSIXで初披露だったこの曲。フェスだからこその特別感のある選曲だと思っていたのですが、カバー曲が来たことへの驚きとこの曲が来るなら他のカバー曲も!?と脳裏を過りましたがその後のセットリストにカバー曲が続く事は無く、しかし二公演目でその予感が現実となります。
 二公演目では「君の知らない物語」ではなく、これもまさかの「赤いスイトピー」!アンフィシアターでClariSがスポットを浴びて聖子ちゃんの歌を歌っている光景が非現実感しかなく、何か凄いものを見ている!と漠然とした思いで眼に刻み付けました。
 そして三公演目でも予想などかすりもせず、流れ出したのはNIRGILISの「sakura」です!生歌を聴ける機会は一生無いだろうと思っていただけに二日目でのこの二曲はカバーではありますが、純粋に聴ける機会に立ち会えたことが嬉しい曲でした。特に「sakura」はClariSが存在する以前から好きな曲だったので、ちょっと不思議な感覚です。

 照明が暗転した後に彼女達の右手に煌々と輝くピンクとグリーンのライト。そうです、「blossom」の時間がやってきました。ClariS netでライト曲の披露は公言していたので、前日に「ClariS 1st 武道館コンサート ~2つの仮面と失われた太陽~」のBlu-rayを観て予習済みですが、正直この曲の振りはとんでもなく難しい!それでもバックダンサーとしてライオンさんとカカシさんが振りをしてくれたのでまぁ何とか?なりました。たとえダメだったとしてもハートを作る部分が死守できれば満足!w因みにカカシさんは気分でアレンジが入るので、ずっとライオンさんを見ておりましたw

 そしてライト曲の元祖と言えば「pastel」ですね。こちらは振りが素直なのでとても入り易くて良いです。こちらは回数を熟している所為か大分出来るようになってきました。^^

 スクリーンにブリキさんが歩く映像が流れた後、バイオリン奏者が登場。オケの演奏から引き継いてバイオリンの生演奏が始まります。そしてステージへはLockの効いた見事なロボットダンスでブリキさん登場。しばらく見事なダンスを披露した後、ライオンさんの時と同様にカカシさんが登場してやり取りを演じ、ブリキさんは心を貰いに共に旅をすることになるのでした。

 淡いグリーンの衣装に身を包んだお二人が再び登壇し、歌うのはこれも初披露となる「eternally」。この曲もそうなのですが、今回の公演では未披露曲の中で私が聴きたい曲ランキング上位曲のオンパレードなのですよ。そのうえ中央階段の左右のピットに明かりが灯ります。これまでの物語の進行の際にそれぞれソロ演奏を披露してくれた今回の奏者さん達による生演奏がここから始まるのです!(編成はピアノ1、SAX1、ヴァイオリン2、チェロ1。)自分の中の想定内の最高を既に軽くメモリが振り切っている状態です。

 更に続く生演奏で「treasure」とかもうどうしたらいいかわかりません。最高以上の言葉が出てこないボキャブラリを呪うばかりです。聴けるだけで幸せだと思っていた曲が生演奏で、特にこの曲は基本ピアノ曲ですから今後披露の機会があったとしても、この公演で披露した「treasure」を越えることは出来ないのではないかと思ってしまう位に素晴らしい演奏でした。歌い終えて二人がそっとはける中、演奏はそのまま続きます。

 原曲より何小節か長い演奏を終えて(こういうことが出来るのも生演奏だからこそ!)現れたのは煌びやかなシルバーのダンサブルな衣装を身に纏ったカレン一人。曲はカレン自身が作詞を行った「recall」です。二人で歌うのとは全く異なる表現で披露されるカレンの激しい「recall」。表情やダンスから、もしかしたらこんな激しい思いが詞に込められていたのかな?と、初めて目の当たりにするカレンの姿に圧倒されていました。バックダンサーにカカシさんとブリキさんを背負って尚引けを取らない見事な表現でした。

 物語はとうとう佳境へ。エメラルドのお城へ向かう三人の道中を経てとうとう到着です。到着と同時に緑のライトを点けてエメラルドのお城を演出してみましたが、同じことをしていた人はまばらでしたね。ただ、二公演目、三公演目と少量ですが増えていた気はします。物語の決着は原作と変わることなく「このままでいいんだ」ってやつでした。

 衣装替えを終え再び登壇する訳ですが、ここの衣装の色が正直分かりませんでした。白に見えなくもないし、淡い藤色に見えなくもありません。白に近い色だっと思うのですが、ライトの色を吸ってしまい元の色がわかりませんでした。曲は今公演で披露してくれると疑わなかった「ひらひら ひらら」です。好きなんですよねこの曲。特に桜の花びらが散って、水面に落ちたらもう一度咲くのか?という内容の詩が切なくてとても好きです。特に今年は満開時期と重なったこともあり、桜が咲いている時期に聴けた今回の「ひらひら ひらら」は初めて披露された「ClariS 1st Tour “夢の1ページ”」と同様に特別な思い出に残ることでしょう。

 「Butterfly Regret」。ジャケットのイメージ曲なのにも係わらず「ヒトリゴト」のカップリングという事で今迄披露の機会が無かったこの曲ですが、満を持しての初披露!アンフィシアターという円形の舞台を利用した今日一番の大仕掛けが発動します!今回の公演では頻繁に惜しみなく投入してきたドットイメージですが、この曲では円形舞台の直上。舞台が円形という事はライトの台座も円形な訳で、それを利用することで円のドットイメージが実現しました。そして一番の見せ場ではステージの直上に巨大な蝶を舞わせました。あまりにも直上過ぎて一公演目では気が付かなかった程です。そしてその蝶が金色の光の粒になって崩れて消えていく様の美しいこと・・・。ドットイメージの演出は毎回楽しみにしているのですが毎回楽しみにしているハードルを越えてきてくれます。今回も勿論大満足です。

 そして皆大好き「コネクト」です。ここ迄で一番の盛り上がりだったのは間違いないでしょう。まるでその盛り上がりをスイッチにしたかのように祝砲が放たれます。恐らくこの曲の大ヒットが無ければ今のClariSとはまた違った現在になっていたのではないかと思われるターニングポイントといっても過言ではない曲でしょう。逆の言い方をすれば一生背負っていく事になる曲でもありますね。

 イントロのオルゴール音に合わせて二人が動きを止めた円形の舞台が回り始めます。その様はまるでオルゴールトップの人形の様です。曲は勿論「カラフル」!ここでも円形のドットイメージが発動します。円が何重にもそれぞれの円が角度を変え、重なったり離れたり時には二人を包み込むまでに下まで降りてきて光の輪の中で歌い舞うお二人はとても幻想的でした。そして中央階段を上っていった先で二人にドットイメージによる大きな大きな翼が一翼づつ生え羽ばたきます。その姿はまるで比翼の鳥の様です。

 Dreamin'をBGMにスクリーンには今回の公演の回想がシャボン玉のように映っては消えていき、現れたのはドロシーの衣装に身を包んだおさげのクララとカレン(可愛いーー!)歌は勿論「Dreamin'」。この曲も信じ難いですが生歌での披露は初となります。最後にブリキさん、ライオンさん、カカシさん、そして奏者の方々を呼び込んで全員でステージに立つ姿はまるで演劇のカーテンコール。最後に会場の皆と一体になりたいという事で、円形の舞台で円形に並んで舞台がくるくると回りだす中「右、左、右、左、ハイ、ハイ、ハイ、ハイ(4回ハイタッチ)」を何回か繰り返すのですが、一公演目では彼女達も右の時に右へ振ってしまった為、会場は正面に見て同じ方向に合わせるか、右と言っているから右に振るかで大混乱(^^;翌日の二公演目からは登壇者が右の掛け声に対して左に振ってくれたので見事に一体となれました^^そしてそのまま円形の昇降機が登壇者を乗せておりていき公演が終了となりました。

 そして間髪入れずにせり上がってくる円形の舞台から現れたのはカカシさんこと熊谷さんです。このタイミングで登場するという事はお嬢様方の着替えの時間を捻出する為と、アンコールの為発声ですねw今回もその場のノリで即興の替歌や、発声練習で会場を温めます。時間も温まり具合もいい感じになったところでお嬢様方と交代するべく退場。

 アンコールが続く中、今回の公演のTシャツと、それぞれのパーソナルカラーのスカートに身を包んだお二人が登場します。歌の前に本日の公演についての締めのご挨拶です。先ず今回初の試みがあった事。ClariSのライブではいつも驚かされる事ばかりなのですが、今回も生演奏に始まり、各々の特色を活かしたソロコーナー。そして何といっても前半から仮面を外しての笑顔溢れるステージ!
 そして衣装に関しても今迄と違うなと感じたのは、各々のパーソナルに寄せた衣装ではなく、二人で統一感があった事。これは公演後に知ったのですが、入場の際に貰った冊子の記事に今回の衣装の事が書かれていました。タイトルの虹をイメージしていた様で、確かに数えてみると3公演で7種類の衣装を披露しているのですよね。ClariSのライブは公演後でも選曲や演出を物語に当てはめてみたり、解釈を考えてみたりできるのも魅力の一つではないかと思います。もし機会があれば、ClariS netで小出しでもいいので種明かし的なトークなんかも面白いかもしれませんね。
 衣装と言えば、次のZepp Tourではがらりと印象を変えて大人っぽいClariSをお見せすると公言!今回のカレンのソロコーナーの衣装でさえ驚いたのに、今から楽しみでなりません。それにしてもMCホント上手くなりましたね。これも毎月実施しているClariS netの成果でしょうか?三公演目ではカレンが話している横でクララが会場に手を振って回る余裕すらある程ですw後方から見ていた友人曰く、クララが端から手を振る事でウェーブが発生していたとの事w自分が話しているのに何故か発生しているウェーブを見てカレンはさぞ驚いたことでしょうwそしてこれも三公演目でカレンが最後に「みんな大好きー!」と叫んだのを見てクララも「私も私も!」的な仕草で「大好きー!」と言ってくれたクララがとても可愛くて微笑ましかったので特筆しておきましょうwお二人が素敵な挨拶終え、とうとう泣いても笑っても最後の一曲となってしまいました。

 曲は絶賛放送中のBEATLESSのEDテーマである「PRIMALove」です。私はリスアニライブで一足早く体験済みだったのですが、今放映中のタイアップ曲で選曲しないという選択肢は無いだろうと思っていましたが、今回のテーマがオズの魔法使いだと知った時点で、正直この曲は何処に挿入されるのだろう?と心配もしましたが、アンコールならボーナストラック扱いですから最適の配置と言えるでしょう。今迄kz氏がClariSに提供してきた楽曲とは印象が異なる憂いがあり透明感のある楽曲がまたClariSの新たな魅力を引き出してくれた素敵なラストソングになりました。「ありがとう」の気持ちをいっぱい込めた握手と声援で彼女達を見送り本公演のプログラムが全て終了となりました。

 「over the rainbow」をBGMにClariSライブではお馴染みのエンディングテロップが流れます。本公演で関わった全てのキャストとスタッフの方々に目を通し、スペシャルサンクスとして公演に参加した我々の紹介でお互いの健闘を称え合い、最後のクララとカレンの名前に盛大な拍手を送りエンディングも終了した頃、三公演目ではクララとカレンから退場に関するナレーションが贈られ、本公演「ClariS 3rd HALLCONCERT in 舞浜アンフィシアター over the rainbow ~虹の彼方に~」が終了となりました。


 さて、先程も公演中の感想も書きましたが、重要なのでもう一度言いますw。今回の公演は彼女達の表現力が特に際立っていた様に感じます。勿論彼女達の日々の練習の賜物なのは言うまでもないことなのですが、それ以上に表情が見えるというのがとても大きかった様に感じます。特に二人で向かい合うような振りがある所ではまるで花咲いた様にお互いに満面の笑顔を見せてくれるのですが、これまではこの笑顔が仮面の下に隠れていたんだなと思うと、我々を信じて仮面を外してくれたことに感謝しかありません。各公演で少しづつお膳立てを整え、彼女達自らが決断し、外すことを選んだ前々回の武道館公演。そして本当の意味で素顔を見せてくれた前回のパシフィコ公演。そして素晴らしいパフォーマンスを何倍にも引き上げた表情というスパイスで、今後の可能性を広げてくれた本公演。間違いなくこれ迄で最高のステージでした。
 パフォーマンスといえば、クララが腰のひねりだけであの長いロングスカートをふわっとさせる技術は特筆させて頂きます。本当に素晴らしい!いたく感動いたしました。ふわスカート最高!(爆)

 パンフレットも随分攻めていましたね。シンガポール公演の際に撮った写真が大半を占めるパンフレットで、寧ろ写真集と言っても過言では無い程でした。その1ページ目となる見開きがもう仮面を手に持っている写真から始まるのですから、その後に続くページは言わずもがなですね。
 そして何よりインタビュー記事が素晴らしい!仮面を付け続ける事、仮面を外す事への葛藤や、カレンがクララに対して敬語ではなくなった瞬間のエピソードなど、赤裸々に、そして非常にラフな気持ちが紙面に現れていたのはClariSの成長を見守ってきた冨田さんがインタビューアだったからこそなのではないかと思います。彼女達の事は今でも相当好きなのに、読み終ってより大好きになってしまいました。今回のパンフレットも大切な宝物となりました。

 次はもう一月後なんですよね。今回のパンフレットを読んでZepp Tourがより楽しみになりました。それではまた一月後に!



No2018.03.29 夜2018.03.03 昼2018.03.03 夜
01眠り姫
02Cloudy
03トパーズ
04ハルラ
05STEP
06graduation
07本当は(クララソロ)
08ヒトリゴト
09君の知らない物語赤いスイトピーsakura
10blossom
11pastel
12eternally
13treasure
14recall(カレンソロ)
15ひらひらひらら
16Butterfly Regret
17コネクト
18カラフル
19Dreamin'
20PRIMALove
EDover the rainbow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.24

2018年4月の新番組視聴予定リスト

前:視聴前の期待 / 後:視聴後の評価

開始日 タイトル 時間
4月1日 ウマ娘 プリティーダービー TOKYO MX 24:00
4月2日 かくりよの宿飯 TOKYO MX 22:30
4月2日 魔法少女 俺 TOKYO MX 25:40
× 4月3日 立花館To Lieあんぐる TOKYO MX 25:00
4月4日 ありすorありす ~シスコン兄さんと双子の妹~ TOKYO MX 22:25
4月4日 重神機パンドーラ TOKYO MX 23:30
4月5日 アイカツフレンズ! テレビ東京 18:25
4月5日 多田くんは恋をしない TOKYO MX 22:00
4月5日 銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅 TOKYO MX 22:30
4月5日 こみっくがーるず TOKYO MX 23:30
4月5日 メガロボクス TBS 25:28
4月5日 されど罪人は竜と踊る TBS 25:58
4月6日 Lostorage conflated WIXOSS TOKYO MX 24:30
4月6日 信長の忍び~姉川・石山篇~ TOKYO MX 25:35
4月6日 ヒナまつり TOKYO MX 25:40
4月7日 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン TOKYO MX 24:00
4月7日 LOST SONG TOKYO MX 25:30
4月8日 若おかみは小学生! テレビ東京 07:14
4月8日 あまんちゅ!~あどばんす~ TOKYO MX 23:00
4月8日 Caligula ‐カリギュラ‐ TOKYO MX 23:30
4月8日 ピアノの森 NHK総合 24:10
× 4月8日 デビルズライン TOKYO MX 25:35
4月9日 ゴールデンカムイ TOKYO MX 23:00
4月9日 蒼天の拳REGENESIS TOKYO MX 24:30
4月9日 踏切時間 TOKYO MX 25:15
4月10日 ハイスクールD×D HERO TOKYO MX 24:30
× 4月11日 ラストピリオド - 終わりなき螺旋の物語 - TOKYO MX 24:00
4月11日 シュタインズ・ゲート ゼロ TOKYO MX 25:35
4月12日 ひそねとまそたん TOKYO MX 24:00
4月12日 ヲタクに恋は難しい フジテレビ 24:55
4月13日 フルメタル・パニック!Invisible Victory TOKYO MX 22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.02

ハイレゾ環境一新

 今迄がWindows10からfoobar2000をプレイヤーとしてPCのディスプレイ用HDMIを使ってTX-SA803に繋ぎ、TX-SA803のDACでなんちゃってハイレゾ環境を無理に構築していましたが、以前オーディオのイベントへ参加した時に知ったRaspberry PI Audioがずっと気になっており、最近ふと調べてみると何だか以前より簡単に出来そうな環境が整っていそうだったので挑戦してみることに。

ハードウェア
・Raspberry Pi 3 Model B V1.2 \5,290
・Kuman サウンドカード モジュール Raspberry pi dac I2Sインターフェース \4,200
・microSDHCカード 8GB(OS用) \663
・USB電源アダプター 5V 2.4A \300
・USBメモリ 32G(音楽データストレージ用) \1,026

ソフトウェア
・Volumio2
・Win32DiskImager

 microSDやUSBメモリは持っている方なら不要ですし、USB-HDDやNASなどの選択肢もあるので、実質1万円未満というところでしょうか。因みにI2S DACは1,000位のものもあったのですが、DAC装着状態で収まるケースの見た目が気に入ったという事もあり(殆どケース代だと思っている)コレに決めたが、値段だけ考えるならもっと安価に構築が可能。
 一番購入に悩んだのが電源で、USB電源位なら沢山あるので不要と思っていたらRaspberry Pi 3 Model Bの電源は2.5Aを推奨していて、これが意外と無いのです。それでもタブレット用や、最近増えてきた急速充電用が2.4Aなので代用は可能なのですが、私が選んだのは100均でお馴染みのダイソーです。急速充電用として300円とダイソーの中では高額ですが、電源アダプターとしては格安。とりあえずの急場しのぎにはもってこいかもしれません。

 インストール方法や、設定方法は既に色々な所で詳しく解説されているので省略しますが、正直驚く程簡単に動作しました。唯一躓いた部分があるとすれば、I2S DACがPiFi DAC+ V2.0というもので、DAC Modelの選択で「Hifiberry DAC」ではなく「Hifiberry DAC Plus」だったという点。

 さて、肝心の音ですが、ちょっと驚きました。我が家のスピーカーはこんな音を鳴らせたのか!?と思ってしまう程。ちょっとした感動モノです。普段は使わないPMA-1500RIIに繋いでしまった程(普段は使い勝手が良いのでAVセンターとしてTX-SA803を使っているけど、音に関しては断然PMA-1500RIIの方が好み!)。コンパクト!低電力!高音質!そして何といっても低価格!このコストパフォーマンスは事件です。今回のラズパイオーディオ導入により寝室のオーディオ問題も一気に解決。

 SDカードを差し替えればOSを変えられるので、Raspberry Pi自体でもまだまだ遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »