« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018.05.03

ClariS 2nd Zepp Tour in 東名阪 ~BEST OF CLARIS~

 「ClariS 3rd HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター over the rainbow ~虹の彼方に~」からたった一ヶ月後。そして2年ぶりのスタンディングライブでのZeppツアーです。これまで紡いできた物語的にもリアルでも成長したお二人が同じ地を再び訪れて見せるパフォーマンス。そして何より“これまでとは違うClariSを見せる”と公言したステージに興味津々です。
 日程は4月29日に大阪。翌30日に名古屋。一日休憩を挟んで5月2、3日と東京が2Days。旅費的には大阪行って帰ってくる途中に名古屋に寄るという感じなので少しは楽ですが、体力的には厳しい、人生で最も熱いGWとなりそうです。
 セットリストは文末に載せてありますが、ライブの内容的にはさほど変わりが無い為、一緒に書かせて頂こうと思います。

 入場するとステージには懐かしの紗幕が張られ、そこに映し出される今回のライブをイメージしたロゴマークが立体的にアニメーションしています。流れる音楽はビートの効いたモノで、これまでも開演前から公演のイメージ作りをしてきたClariSのライブですから、今回のこの曲も目指すステージの演出であることは間違いありません。
 ステージの作りはというと、先ずは奥の二階ステージと手前の一階ステージの二段式なのはいつもの構成ですが、その二階と一階を繋ぐ階段が向かい合う様に両端から中央に向かって下りていく形になっています。後の演出で明かされますが、階段を下りた中央部分の壁(二階ステージを作っている壁)が開閉する仕組みになっています。
 開演前にはご本人による影ナレでの公演に対する諸注意が入り、大阪と東京Day1ではクララが、名古屋と東京Day2ではカレンが担当。前回の様に隠す気は無いらしく、ご本人全開のナレーションに会場も大盛り上がりです。カレンの甘い声で「守れない場合には公演が中止になる場合もあります」と悲しそうに言われたときは胸がキュっと締め付けられる思いでした。ClariSのファンに彼女達を悲しませる人が居るとは思いたくはないものです。そして開演直前用のナレーションが入り更に会場が熱気に包まれていきます。

 ライトアップと共に紗幕越しに照らし出される仮面を付けたクララとカレン!(次の瞬間には紗幕が落下します)そして待望の開幕曲は「コネクト」です。今回のサブタイトルからタイアップのシングル曲がメインになるだろうという予想はある程度していましたが、口火を切る曲としてこれ程ふさわしい曲は他にはないでしょう。そして驚くのは演出にありました。なんと!まどマギのアニメ映像が!しかもライブ用の特別編集です。昨年はClariSのおかげで多くの名立たるアニメ系フェスへ参加しましたが、あれだけ歴史を積んできた大きなライブでさえもアニメの映像を使う事は難しい事なのだなと痛感した一年でした。そんな中でもアニメ映像という点で一番頑張っていたのが「SME MUSIC THEATER」だったのを考えると今回のライブでこの演出が実現できたのもSAKURA MUSIC所属という事が関係があったりするのでしょうか?
 そして気になる開幕の衣装は上が黄色地の今回の公演のタオルのデザインで、下が白の多段のふわふわしたスカートです。積極的にコール入れることが多くないClariSのライブの中で数少ないコールOK曲として認識されている?1曲という事もあり、今回のライブの方向性を示してくれた開幕でした。

 曲が終わり、ステージが暗転する中、仮面を外す様な仕草のシルエット。ライトアップと共に流れ出す「ルミナス」の曲に合わせてカレンを前に縦に並んだお二人がカレンの顔をクララの右手とカレンの左手で隠す様な振りから素顔を見せてくれました。今回も我々を信じて仮面を外してくれた事に感謝の気持ちでいっぱいになります。そして勿論演出の映像は映画「始まりの物語」「永遠の物語」からの特別編集です!SMEでもそうでしたが、アニメ映像の威力は強力で、作品の内容や、見ていた頃の思い出までも引き出したり、もう一度観たくなったりする訳ですが、困った事があるとすればどちらを見ていいかわからなくなることでしょうかw勿論お二人のパフォーマンスを見逃すまいと凝視している訳ですが、気になるシーンが大写しになるとつい目を奪われてしまうのはアニメ好きの性でしょうか(^^;

 続いて「カラフル」。開幕でまどマギ三連荘というこの勢い。ここまでの三曲を見るだけでもお二人のダンスがいつもより激しさとキレが増しており、表情も常にクールに決めていて、前回のカレンのソロコーナーでのパフォーマンスを彷彿させます。演出の映像は勿論「叛逆の物語」から。

 続いてはゲーム「AKIBA'S BEAT」のタイアップ曲である「again」。ClariSのタイアップはアニメだけではないのです。
 東京2日目ではカレンが曲の途中でスカート取るというハプニングが発生。私はその瞬間を見逃してしまい、気が付いたらカレンだけが白いふわふわのスカートが外れて、一回目の衣装替えで出てくるはずだった姿になっており、終演後に確認したところによるとカレン自らが取り払ったとの事。恐らく外れかけてダンスに支障がでそうとの判断で取り払ったのでしょう。東京の二日目のみ参加された方には演出だと思っていたと言わせる程カレンが動揺した素振りも見せずに堂々とパフォーマンスを継続したのは本当に見事で成長の一端を垣間見た瞬間でした。

 続いてClassroom☆Crisisのタイアップ曲である「アネモネ」。ClariS 1st Live“扉の先へ”で初披露され、その後も披露される率の高い曲ではありますが私にとってはさまざまな思い出が詰まった曲です。そしてここまで全て何かしらのタイアップ曲な訳ですが、今回のサブタイトルである~BEST OF CLARIS~は伊達ではありません。まだまだ続きます!
 5曲連続で見事なダンスと歌唱を披露してくれたお二人はここで一端降壇します。

 その繋ぎを果たすのは「Kz LiveTune」と銘打ったこのコーナー。選曲された楽曲は「Wake Up(kz remix)」。こちらは生歌披露はとんとご無沙汰なので選曲された嬉しさ半分、今回もお二人の歌唱を聴けなかった残念な気持ち半分といったところでしょうか。「もやしもん」のタイアップで、私もキラキラしてぽかぽかした感じの明るい曲調が大好きな曲です。今回のkz remixバージョンは新たにレコーディングをしていると思うので、今後何処かのシングルのカップリング等に収録されることも期待できそうですね。あと、ここで気が付く事と言えば今回のLiveは全てクララとカレンの二人だけで回しているという事!これ、凄く大きな一歩だと思います。

 そして再び登壇されたお二人の衣装は上下今回のライブタオルと同じ柄で、裾がラッパの様に広がっている未来的なデザインのワンピースです。衣装替えからの開幕は「クオリディア・コード」から「clever」と「Gravity」です。勿論こちらも映像付きです。cleverはリズムの変化が激しくペンライトのアクションが楽しい曲です。Gravityは私的には「ライトサーベルでヒドラを倒す」という印象が付いてしまった曲ですがw

 続いて<物語>シリーズからは「終物語」の「SHIORI」。「憑物語」の「border」。「偽物語」の「ナイショの話」。
 SHIORIを聴いて思い出すのは昨年9月に行われた初のファンクラブイベントです。終演後にBGMとして流れていたのがこのSHIORIで、あの時の何ともいえないふわふわとした幸福感が蘇る様です。綺麗なタイトルですが、過去を振り返りながらも進むことを諦めない強い意志のこもった歌です。
 borderは新生ClariSとなって初のタイアップ曲という事もありこの曲に思入れのある方も多いと思います。そしてなんと!サビ部分では「皆さん一緒に歌ってください」との嬉しい要求が!更に後半部分ではタオルを一緒に回すパフォーマンスも!そして回し終わったタオルを客席に投げたではありませんか!選曲率の多いこの曲ですが、今後タオル曲として定着することでしょう。あと、とても楽しかったので合唱も定着すると嬉しいですね。
 更にナイショの話では「皆さんも一緒に踊って下さい」と今度は振り要求です。そして最後の「ハイ!ハイ!・・・」の部分ではカラーボール投げまで。二人がやりたかった事をめいいっぱい詰め込んだんだなと感じさせます。楽しそうにボールを投げるクララとカレンがとても印象的でした。そしてカレン肩良すぎw
 物語シリーズの中では珍しいポップな曲ですね。妹二人が兄への気持ちを歌った曲ですが、その一人が火憐(カレン)なのですからクララが月火ちゃんであると(月だけに)想像して聴いてしまいます(笑)。

 ~さよならの先へ...はじまりのメロディ~からライト曲となった「ホログラム」。「Fairy Castle」に収録されているこの曲ですが、このアルバムの新曲は本当にどれも名曲揃いで、こうしてライブで選曲されること自体とても嬉しいのですが、好きだからこそじっくり聞きたいという気持ちもありまして、ライト曲だと(特にClariSライブでは映像が無い為振りの予習が出来ないので)彼女達の振りを見ながら右往左往しているうちに余韻に浸る暇もなく終わってしまうという残念な事になることが多く、できればライト曲にはなって欲しくなかった曲(^^;でも聴けることはこの上なく嬉しいのです。
 因みにこの曲で一端タイアップが途切れる訳ですが、正直ここまで全てタイアップでライブが進行するという事自体にも驚きですし、それだけ様々な作品とタイアップしてきたんだなと実感できる強力なラインナップにClariSの底力の様なものを再認識できるライブでもありました。

 そしてライトと言えば「blossom」です。こちらに関してはいつものダンサーさんが居ないので更に大変です。難度の高い振付な上にお二人の振りは1本用の振付で少し振りが違うのです。私にはダンスのセンスが無いのでしょうね。KUMAさんの講習映像があるにもかかわらず何度見てもblossomの振りは覚えられません(^^;いつか完璧に出来た!と自負出来る日が訪れることを夢見て・・・。
 7曲ぶっ通しで歌い終え、ここで再びお二人は降壇します。

 ここでついに事前に公表されていたゲストであるkzさんの登場です。選曲は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」から「reunion(kz remix)」。ノリノリのLiveTuneに仕上げた曲でkzさん自らが先導し盛り上げます。そしてここからしばらくkzコーナーとでもいうべき選曲が続きます。

 PRIMALoveの衣装で再登場したお二人がまず手始めに歌うのは「ニセコイ」から「CLICK」と「STEP」。CLICKは「きっと」のコールが楽しい曲ですね。勿論二曲ともアニメ映像付きです。大阪と名古屋ではこのCLICKで祝砲を撃ちました。

 そして今回やっと聴く事が叶った「冬空花火」です。PRIMALoveのカップリング曲で、作詞作曲共にkzさんなのですが、これまでClariSへ提供されてきた曲とは雰囲気の異なるバラード調の曲です。今回のライブで聴けて一番うれしかった曲がコレで、勿論生歌では初披露となります。
 私は大阪、名古屋では気が付かなかったのですが、東京Day1が800番台という事もあり、少々後方で参戦したのですが、Dメロ明けのサビの「白く染まる~」でそこそこ纏まった数が白いライトに切り替わる光景を目撃し、少し血が騒ぐのを感じました。常々ClariSのライブでオーディエンスからクララとカレンを驚かす(いい意味で)ことが出来たらいいなと思っていたのでこれ幸いにと最終日に企画に乗っからせてもらいました。セトリが変わらないツアーだったからこそ実現した奇跡の企画だったと思います。選曲においても、意味合いにおいても、タイミングにおいても素直に参加したいと思える見事な企画でした。発案者と実行する為に尽力なさった方々には感謝を。そしてお疲れ様でした。

 ゲーム「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」からは「nexus」です。ここでも嬉しいサプライズがありました。普段からこの曲の「ラララ」の部分は皆で歌えたら一体感があって楽しいだろうなと思っていたのですが、何とお二人から直々に「ラララ」の声出し指導が!nexusの株が上がる最高に楽しいひと時でした。

 そして5曲目でようやくこの衣装が映える曲「PRIMALove」の披露です。こちらは現在放送中である「BEATLESS」のタイアップ曲でこちらもkzさんが今迄ClariSに提供してきたの曲の中では珍しい感じの曲調です。

 kzコーナーの締め括りはやはりClariSのBirthdayソングとでもいうべきこの曲!「irony」です。言わずと知れた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のタイアップ曲でClariSとしてのメジャーデビュー曲です。この曲でClariSと出会ったという方も多いのではないでしょうか。そのRemixとして最新のシングルにカップリングとして収録されたirony -season02-の生歌初披露です。
 本篇最後の曲を歌い終え、クララとカレンでkz氏を送り出しここでkz氏が降壇します。そのままクララとカレンも降壇。

 ここが我々の一番の踏ん張りどころかもしれませんw今迄はKUMAさんが時間の調整をしながら楽しませてくれたアンコールタイムです。しかし今回は二人だけでステージを回していると気が付いたからにはそんなお二人を支えるべく頑張らねばなりません。どんどん早くなっていくテンポと闘いながら(大阪と名古屋に比べれば東京2公演は皆さん頑張ってリズムの管理が出来ていたと思います。)楽屋の二人に届けとばかりに声を張り上げます。

 長い長い長いアンコールの末に着替えを終えて登場したお二人は、上がアレンジしたライブTシャツ、下がデニム地のキュロットの様な短めのスカート。その裾から白いレースの様なひらひらが見え隠れする可愛いだけではないロックなイメージで再登壇。そして髪はポニーテールですよ!(超絶可愛い)。そして曲は「エロマンガ先生」のタイアップ曲である「ヒトリゴト」です。(東京公演ではここで祝砲!)今回の公演では全体的に努めてクールな表情を保ってきただけにアンコールで見せた楽しさ全開の笑顔は格別でした。

 そしてロングMCコーナーです。今回の公演でやった沢山の初めての事。衣装やダンスの事。Kzさんとのコラボを何曲も出来た事。
 東京Day2では二階席に出てきていたkzさんを見つけて皆で「ありがとう」を贈ると照れ臭そうにジェスチャーでステージに返すkzさん。なんていう場面も。
 東京Day1でクララが話し終わり「カレンは?」と話を振ったら客席に手を振るのに夢中で聴いていなかったエピソードも尊いですねw
 東京Day2でカレンが「冬空花火」で客席が白く染まった光景を拾ってくれたのは本当に嬉しくて、企画に乗っただけの1ピースに過ぎませんが、お二人へ感謝の気持ちを会場の皆さんと一緒に届けられたことが何より嬉しい思い出となりました。

 そして今回はグッズの紹介もお二人だけで行う訳ですが、グッズを作ったり選んだりする際のエピソードなんかも聞けてとても良いと思いました。特に今回の目玉商品だったリュックはクララとカレンで生地や素材を選んでくれたそうで、そんなエピソードを聞いてしまうと欲しくなってしまいますよねw

 そして東京Day1では大阪と名古屋では無かったお知らせが!ClariSのBirthdayともいうべき10月20日にファンクラブイベントの開催が決定しました!場所は昭和女子大学の人見記念講堂。心配なのは落選者が出るのかどうかという事ですかね。キャパが2008席だそうなので少々心配な所です。
 更に東京Day2では追加のお知らせが!8月15日に新曲が発売決定!「はたらく細胞」のタイアップで曲名は「CheerS」。曲名からすると応援ソングっぽいですね。今からどんな曲になるのか楽しみです。

 MCを終え、とうとう最後の曲となってしまいました。アンコールの2曲目は会場毎に異なったのでまずは大阪から。
 大阪初日は「Clear Sky」でした。開始直後にハイタッチを交わしたように見えたのは見間違えでしょうか?お互いに手を繋いでくるくる回ったりするダンスが楽しそうで好きです。
 東京Day1も同じでした。タイアップ曲ではありませんが新生ClariSとなって一番最初の曲ですので、この空間を共有している方々にとっては特別な意味を持つ曲ではないでしょうか。今回の公演を経て披露することでより一層お二人の成長を感じられる素晴らしい選曲でした。
 そして名古屋では「Prism」でした。リトルツインスターズ(キキ&ララ)40周年とClariS5周年のコラボ曲で、盛り上がり的にも最高の選曲です。誕生というアニバーサリーを祝う曲からは初心を忘れずに更なる高みへという思いが伝わってくるようで素敵です。
 そして東京Day2の最終公演では「私たちの気持ちを届けたい」という思いで選曲されたと言う「イロドリ」です。最も新しいカレンの作詞曲であることからも直近のカレンの思いが詰め込まれた楽曲となっており、MCからの流れでこの歌詞を噛みしめると涙なしでは聴く事が出来ませんでした。クララが歌えなくなってしまうシーンもしばしばある中、毅然と支えるカレンを見て、クララは本当に最高のパートナーに出逢うことが出来てよかったなと思わずにはいられません。歌詞の中にもある「ありがとうの輪」。正にその言葉が体現された公演となったのではないでしょうか。また一つ特別な思い出が刻まれた一曲となりました。

 歌い終えたお二人は向かってステージ右側で感謝を交換し合い、続いて左側でも感謝を交わし合い、最後中央では各公演それぞれの方言などを交え、大阪では「おおきに」、名古屋は歓声で聴きとることが出来ませんでした。東京Day1では「なまら大好き」(可愛い!)、東京Day2では「皆さん!大大大好き!」(私も大好きだー!(爆))。「クララ」「カレン」「ありがとう」と様々な言葉を浴びながら中央の扉へと消えていきました。

 スクリーンに映し出されるエンディングロールと共に「コネクト(オルゴールVer)」が流れ出します。映像は勿論本公演で使われたアニメ映像の更に総集編です。スペシャルサンクスでは各会場に参加した方々を示す言葉(言葉は各公演で少しずつ違っていました)にお互いの健闘を称え合う様に拍手と歓声で包まれます。そして最後にクララとカレンの文字がピタッとはまったところで大歓声が上がり「ClariS 2nd Zepp Tour in 東名阪 ~BEST OF CLARIS~」が幕を下ろしました。最後に影ナレによるクララとカレンの公演終了を告げるアナウンス。そして家に帰るまでがライブです。と〆るカレン。各会場では参加者のそれぞれの健闘を称え合い、三本締めも起こっていました。4日間色々ありましたが、最後はそこそこ丸く収まったような気もします。全通された方も、1日だけだった方も、現地参加が叶わなかった人もClariSを応援している全ての人に「ありがとう」を伝えたくなるような気持ちにさせてくれる公演でした。皆さまお疲れ様でした。


 さて、まとめですが本当に色々ありました。先ずはライブ自体の方からいきますか。久しぶりのスタンディングライブ。そして東名阪ツアーという事で、2年前と同じ地を周る訳ですからもし2年ぶりに参加したという方が居たとしたらその成長に驚いたことでしょう。先ず今回の公演は2人だけで回しきったという事。今迄はKUMAさんという強力な助っ人が居ましたが、その役も全て自分達で担ったというのはとても大きな自信になったのではないかと思います。
 ClariSライブでは「クララとカレンの歌を聴きに来たんだ」派と「盛り上げたい」派が居るのかなと思っています。前者は二人の声が聞こえないからコールは遠慮して欲しい。後者はクララとカレンに盛り上がっていることを伝えたい。楽しくなって欲しい。そんなところだと思います。両者の言い分は良く分かるのですが、今回の公演では~BEST OF CLARIS~というサブタイトルが示す通りシングル曲の番組タイアップ重視であった為、後者に偏りました。というか寧ろそれを狙っての構成であると感じました。borderやnexusでの声を出すコーナーや、曲間での煽り等からもそれ等が感じ取れました。とはいえ後者の方々も無秩序に叫んでいる訳ではなく、クララやカレンが間奏で差し入れるMCに対しては殆どの方は耳を傾けるためにコールを緩めたり止めたりする方々です(前回公演あたりから厄介なのもちらほらと見受けられますが)。聴く曲は聴く。楽しい曲は楽しむ。それでいいと思うのですよね。おもいっきり振り切ってみた本公演ですが、今後どうなっていくのか楽しみなところです。
 そしてカッコイイ衣装とキレの増したダンス。表情も常にクールに保っていてキレのいいダンスとマッチしてカッコイイClariSを演出していました。「ClariSは可愛いだけじゃないんだぞ!」という前回公演でのクララの言葉が蘇ってきます(その後のカレンのツッコミも)wそのダンスと歌唱を支える体力にも驚かされました。最大で7曲連続だというのにダンスにも歌唱にも疲れを感じさせませんでした。日頃のレッスンの賜物なのは言うまでもないことですが、見事なものでした。
 演出面も凄かったですね。特にアニメ映像を使った点。ClariSを知らない人でも楽しめるライブになっていたのではないでしょうか。あとは武道館以降の歌詞が曲の雰囲気に合わせて出る演出は大好きで、今回でいうと「冬空花火」でしょうか。情感たっぷりに揺れたり消えたりする歌詞がお二人の歌声を視覚でサポートしてくれていて毎回楽しませてもらっています。
 そしてツアーという事、更にセットリストに大きな変更が無かった事も功を奏したと言いましょうか。公演を重ねる毎にコールの完成度や会場の一体感が上がっていくという感覚を久しぶりに体験出来ました。その最たるものが「冬空花火」だったのではないでしょうか。

 さて、問題点も上げておきましょう。今回特に問題となったのはスタンディング最前でのモッシュ行為でしょうか。私は幸運なことにというか寧ろモッシュがあった時に耐えられないので3柵目、4柵目で陣をとる事が多かったので被害にあう事は無かったのですが、Twitterなどでは色々と問題になっていた様です。持論としては楽しむこと、盛り上がることは大事ですが、人に迷惑はかけない。迷惑をかけていることに気づかない場合もあるでしょうが、気が付いたら素直に反省する。特に応援している対象には迷惑をかけない。第三者から見ればファンを見てそのファンが応援している対象を評価されます。クララとカレンはファンである私達を「家族」とまで言ってくれました。その好意を裏切る真似はしたくないものです。
 そんな中、東京Day2ではZeppのスタッフによる2柵目位までの人口密度の調整をしてくれていたみたいで、とても快適に最終公演を楽しむことが出来ました。騒ぎを聞きつけたスタッフもしくは目の当たりにしてしまったお二人が手を回してくれたのかもしれませんね。
 そして物販での購入の限定数を設けなかったことも問題に感じました。購入代行も2個や3個ならギリギリ許せる範疇ですが、5個以上は流石にどうかと思います。挙句ヤフオクなどに新品が出品されるという有様。会員先行でしか買えなかった訳ですからそれを行なったのも会員なはずです・・・。ファンが増えるのは喜ばしいことではあるのですが、こういった輩が増えるのは如何ともし難いですね。
 写真撮影や録音行為について。あれだけ事前に諸注意があったのに大阪公演では会場内で写真を撮っている方を多く見かけました。「開演前だからいいだろう」とか思っているのかもしれませんが、そんな訳はありません。Twitterにアップしている人も居たのでその自覚が無いのでしょうね。残念な事です。


 今年は10月20日までしばらくClariSのお二人には会えなさそうですが、再びファンクラブイベントが開催されるのはとても嬉しいです。やはり抽選なんですかね?行けると良いのですが。

大阪公演2018.04.29 Open 17:00 Start 18:00
名古屋公演2018.04.30 Open 17:00 Start 18:00
東京公演2018.05.02 Open 18:00 Start 19:00
東京公演2018.05.03 Open 16:00 Start 17:00
ClariS 2nd Zepp Tour in 東名阪 ~BEST OF CLARIS~
No大阪名古屋東京Day1東京Day2
01
コネクト
  魔法少女まどか☆マギカ
02
ルミナス
  [劇場版]魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語
03
カラフル
  [劇場版]魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
04
again
  AKIBA'S BEAT
05
アネモネ
  Classroom☆Crisis
06
Wake Up(kz remix)
  もやしもん リターンズ
07
clever
  クオリディア・コード
08
Gravity
  クオリディア・コード
09
SHIORI
  終物語
10
border
  憑物語
11
ナイショの話
  偽物語
12
ホログラム
   
13
blossom
   
14
reunion(kz remix)
  俺の妹がこんなに可愛いわけがない
15
CLICK
  ニセコイ
16
STEP
  ニセコイ
17
冬空花火
   
18
nexus
  俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない
19
PRIMALove
  BEATLESS
20
irony -season02-
  俺の妹がこんなに可愛いわけがない
EC1
ヒトリゴト
  エロマンガ先生
EC2Clear Sky
 
prism
  Little Twin Stars
Clear Sky
 
イロドリ
 
ED
コネクト(オルゴール)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »