« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019.05.19

SACRA MUSIC FES.2019–NEW GENERATION 05.19

 本日は昨日より1時間早い開演なのを知っていたのに1時間間違えるという大失態。駅から走って席に着けたのが開演2分前。汗だくにはなりましたが、良いウォーミングアップになったと思えばこれもよし!

先ずは本日のセットリストです。
Noアーティスト
01WILD BluePENGUIN RESEARCH
02決闘
03敗者復活戦自由形
04かかわりClariS×TrySail
05NEWLOOK綾野ましろ
06衝動
07ideal white
08ピンクレモネード三月のパンタシア
09パステルレイン
10Dirty Party feat. エビーバー輝夜月
11スタートダッシュスピラ・スピカ
12恋はミラクル
13アイヲウタエ幹葉(スピラ・スピカ)×halca
14スターティングブルーhalca
15センチメンタルクライシス
16デート斉藤壮馬
17フィッシュストーリー
18ボタン斉藤壮馬×PENGUIN RESEARCH
19ambiguousGARNiDELiA
20REBEL FLAG
21約束-Promise code-
22極楽浄土
23=LOVE=LOVE
24手遅れcaution
25探せダイヤモンドリリー
26BLAZING綾野ましろ×GARNiDELiA
27Rea(s)oNReoNa
28SWEET HURT
29forget-me-not
30RESISTERASCA
31KOE
32StartearASCA×ReoNa
33CageSawanoHiroyuki[nZk]
34shOut
35ninelie
36Unti-LSawanoHiroyuki[nZk]×ASCA
37咲かせや咲かせEGOIST
38ironyClariS
39CheerS
40カラフル
41WANTED GIRLTrySail
42azure
43adrenaline!!!
44流星藍井エイル
45アイリス
46ADAMASLiSA
47紅蓮華
48IGNITELiSA×藍井エイル
49Rising Hope

 今回もClariS関連から行きましょうか。今回も二組目でClariS登場!しかもマギアレコードの「かかわり」をClariSが最奥のゴンドラから出現!。歌唱のあまりの違和感の無さにSlariSの楽曲にあったっけ?と錯覚する程でした。昨日とは逆で1番を歌い終え、中央ステージのTrySailへ引き継ぎます。2番を歌い終える頃に中央ステージでTrySailと合流。TrySail曰く振付も完璧だったそうで、本当に良いものを見せてもらいました。そして本日も何故かTrySailはしっかりと仮面を付けておりましたw
 ClariSのコーナーではこんな感じ。「irony」「CheerS」「カラフル」。さて、昨日の感想ではあんなことを言っていた私ですが、今日のステージを見て認識ががらっと変わりました。ClariSはClariSらしく!他のアーティストがどうだろうと比べてどうこう言うこと自体が間違っている!という結論に辿り着きました。(面目ない。)それを感じられたステージであったのは言うまでもありませんが、何よりこの日のクララのツイートで「「NEW GENERATION」ということで実は一番デビューが早い私達ですが、この素敵なレーベルを引っ張っていく存在になれるよう頑張りたいと思います。」と、決意を表してくれたことに驚きもあるし、何よりとても嬉しく思うのです。と、言うのもLiSAがMCで「ひよっ子だと思っていた自分がもう9年目であり」と語り、こうしてシークレットで最後にフェスを纏めている姿を目の当たりにした時に、ClariSと同じ9年目かと思ったところからクララのツイートも含めて今日の結論に至った訳です。同時にこのフェスに関しては可能な限り参加し続ける事が決定してしまった瞬間でもありましたw

 さて、二日目に参加してわかったのはアーティストの順番は同じ、持ち分の曲数の中から1曲程変更するかしないかといった感じでした。なので、ペース配分もわかり、楽曲も殆どが初見ではないし、昨日初めてだった方々も、昨日のステージでパーソナリティーをそれなりに理解したこともあり、本日はかなり楽しめました。
先ずはトップバッターのPENGUIN RESEARCHのボーカルの方。昨日もそうでしたが、MCが非常に上手い!盛り上げ方もそうだし、楽しみ方は人それぞれであり、知らないアーティストが居てもこのフェスを楽しもうとする気持ちがあれば楽しめるといった言葉で大分気持ちが楽になりました。
三月のパンタシアさんは素顔はOKだけど、カメラはNGなんですね。常に後ろ姿か、ソフトフォーカスっていうかピントを合わせない映像。もしくはイラストアニメーションなのが印象的でした。SACRA MUSICは仮面アーティストにオフィシャル顔出しNG、バーチャルユーチューバーにポリゴンの素体しか見せないアーティストと、なかなか個性の強い方が揃っていらっしゃるw
スピラ・スピカの幹葉さんは不思議な関西のお姉ちゃんって感じで何だか面白い方でしたw
ReoNaさんの「SWEET HURT」は昨日も披露してくれた楽曲ですが、やっぱりいいですね。聞けて良かったと思った楽曲は幾つかありますが、その中の一曲です。
「咲かせや咲かせ」が聞けたのも嬉しかったですね。先日公開した甲鉄城のカバネリのエンディングなのですが、何故か本編と同じくらいお金掛かってそうなよさこいの映像で、とても良いのですが、作品的に何故よさこいなのかさっぱり理解できなかったという。でも歌が聞けたのは嬉しい。
adrenaline!!!はやり切った!
そして今回は予想通りLiSAが登場!更に藍井エイルとのコラボも!とてもとても熱いラストでした。そんな訳で何だかんだとそれなりに楽しめたフェスであり、ClariSが出る以上何が起こるかわからないという意味では今後も注目度の高いフェスとなりそうです。

| | コメント (0)

2019.05.18

SACRA MUSIC FES.2019–NEW GENERATION 05.18

 へ行ってきました。場所は幕張メッセイベントホール。アリーナのAブロックという事で結構期待していったのですが、何と360度の囲みステージとなっており、360度とはいっても正面はある訳で、Aブロックはステージの後ろ側でした(^^;それと、今回のフェスはSACRA MUSIC所属のアーティストのフェスという事で、アニメ畑の私としては結構敷居が高い!輝夜月のMCから始まったこのフェス!果たしてどんなフェスとなるのでしょうか。

先ずは本日のセットリストです。
Noアーティスト
01WILD BluePENGUIN RESEARCH
02決闘
03近日公開第二章
04コネクトTrySail×ClariS
05NEWLOOK綾野ましろ
06starry
07ideal white
08ピンクレモネード三月のパンタシア
09青春なんていらないわ
10Beyond the Moon輝夜月
11スタートダッシュスピラ・スピカ
12恋はミラクル
13君色シグナル幹葉(スピラ・スピカ)×halca
14キミの隣halca
15センチメンタルクライシス
16デート斉藤壮馬
17フィッシュストーリー
18ボタン斉藤壮馬×PENGUIN RESEARCH
19SPEED STARGARNiDELiA
20REBEL FLAG
21約束-Promise code-
22極楽浄土
23=LOVE=LOVE
24手遅れcaution
25探せダイヤモンドリリー
26vanilla sky綾野ましろ×GARNiDELiA
27ピルグリムReoNa
28SWEET HURT
29forget-me-not
30RESISTERASCA
31
32OverflyASCA×ReoNa
33CageSawanoHiroyuki[nZk]
34shOut
35ninelie
36Unti-LSawanoHiroyuki[nZk]×ASCA
37英雄 運命の詩EGOIST
38ironyClariS
39CheerS
40ヒトリゴト
41センパイ。TrySail
42azure
43High Free Sprits
44adrenaline!!!
45アイリス藍井エイル
46流星
47INNOCENCE

 とりあえずClariS関連から行きましょうか。二組目でいきなり流れ出した「コネクト」には焦ったが、歌声違うしw仮面付けてるけど三人居るしwそんな訳でピンクとグリーンではなく黄色を点けて流していたら、2番でClariS呼び込んでマジで焦る。そしてあっという間に終わって、降壇して行く5人。嵐の様な1曲だった。しかしこれで何となく予想が付きました。TrySailは前半のトリか、大トリでClariSも大分後半だなと。
 その後、大方の予想通り大トリの1つ前でClariS登場。衣装は上下白で上がコルセット風で、下がレース地にピンクの花がちりばめられた恐らく「Fairy Party」の三郷の上に人見Day1の下かな?と思います。「irony」「CheerS」「ヒトリゴト」とデビュー曲と、近年のタイアップを織り交ぜたキャッチーな選曲だったと思います。コラボで「コネクト」も披露している訳ですから、選曲的にはこれ以上は無いでしょう。自己紹介という意味で「仮面ジュブナイル」が聴ければいいなという期待もありましたが、そこは秋のツアーまで我慢ですね。残念な点を挙げるとすれば、他のアーティストは1、2曲歌ってMC入れてという流れの中、3曲連続で歌って「ClariSでしたー。」で降壇してしまった事でしょうか。上手くなくても、たどたどしくてもよいのです。フェスだからこそ二人の人柄を少しでもわかって貰うためにもMCをもう少し入れて欲しかったですね。8年(9年目)(クララとカレンになってからでも4年)の積み重ねがある訳ですから、そこは自信をもって頂きたい。

 ClariS以外の話題では、初めて生歌を聴いたhalcaさんとReoNaさんの歌唱は凄かった。そしてReoNaさん雰囲気あってカッコイイですわw。それとTrySailの人気は凄かったですね。来場者数がどの位だったのかはわかりませんが、TrySailの単独ライブであるかのような歓声はあの三人が時間をかけて作り上げてきたものなのでしょう。シークレット出演の藍井エイルを除けば間違いなくSACRAMUSICというレーベルの大トリを任されたわけですから。あとはやはり知らないアーティストさんも多く、知っているアーティストさんでもタイアップ曲以外は知らないのでやはり知らない曲が多かった事でしょうか。それでも個人的にはやり切った感はそこそこある!少なくともダレる事は無かったですね。好みから外れた楽曲が無かったという事と皆さんMC上手なので飽きることが無かったのも大きいですかね。時間が休憩入れて4時間半程だったのも良かったですね。(後1時間長かったらヤバかったかも)

 さて、明日はどのようなアーティスト順になるのか!?選曲は変えてくるのか!?コラボの組み合わせの内容は!?ClariSのMCにも期待したいところです。

| | コメント (0)

2019.05.03

夜の部~お酒が飲める歳になりました!の巻~

 「Welcome!2000」で始まった夜の部ですが、アサミさんが「ペース配分、大丈夫?」と心配するくらい昼の部ですっかり出来上がっている会場の皆さん。下記のセットリストでトップギアのまま一気に駆け抜けます。

No コンテンツ
01 Welcome!2000 デ・ジ・キャラット
02 only one, No.1
03 オーエンするにょ
04 真紅の花 魔法少女リリカルなのは
05 乙女心はザッハトルテ 護くんに女神の祝福を!
06 どうにもとまらない まりあ†ほりっく
09 ほれっ・ぽい さよなら絶望先生
07 まほうよりもっと ななか6/17
08 0-week-old プリパラ
10 ガレキニハナヲ 真田アサミ
11 小さな翼
12 READY→⇒→GO! デ・ジ・キャラット
13 Wonder Girl☆マジック3
14 Happy Day
15 PARTY NIGHT


 小休止を入れつつも「0-week-old」迄をほぼ一気に歌い切り、ここで事前に募集していたメールやTwitterを紹介するコーナーです。私も有難いことにTwitterの方で日めくりカウントダウンカレンダーの話題を読んで頂きました。
 続いてこれまでの○の陣でゲスト出演してくれた方々からのお祝いメッセージをアサミさん自らが読むコーナーwここでも過去本気で後輩を叱りつけたエピソードや、ブログで今回のイベントの紹介をする際に漢字の間違いを指摘したうえで、間違えたのはワザとでこういう思いを込めたに違いない!と嘯いてみせたりw一癖も二癖もあるお祝いメッセージの数々にアサミさん愛されているなと思わせるものばかりでしたw
 夜の部の皆殺しじゃんけんでは昼の部でやったステージ上でチェキを撮るのが気に入ったらしく夜の部でも再現。そして「じゃんけんパー」と言ってチョキを出し、笑い崩れるという一幕もw。ご本人「疲れが」と漏らしていましたが、私が膝を悪くして久しく、アサミさんとそれ程歳も変わらないのにジャンプすらままならない状態なので、40過ぎてステージの上でこんなに激しく踊り歌えるだけでも凄いですし、尊敬に値します。
 初の○の陣の時にハマっていた殺陣のメイキング映像が見つかったという事でどうぞ!とお着換えタイムへ。10年前の懐かし映像の後に急に今回の入場チケットである絵葉書が大写しになり、会場中が「ん?」となり。その絵葉書がフェードアウトしていくとまさかのサプライズ映像!みゆきちと恭ちゃんのビデオレターではないですか!!ある意味10年前のビデオレターと何も変わらないテンションでwだからこそ三人の仲がうかがい知れる最高の内容でした。(みゆきちも20周年おめでとう!)そして20周年というこの機に三人で何かしたいねという令和最初にして最高のサプライズを受けて会場のボルテージは最高潮です!!
 「○の陣にはアンコールは無いから」という号令を受けてからの最終ブロックはご機嫌なでじこ4連荘!最後の「PARTY NIGHT」では関係者席から林あやさんを最前列に招いての全力全開のPARTY NIGHTで終演!本当に抱えきれない程の元気を頂いた最高のひと時でした。
 10年前の今日、初の○の陣で仰っていた「今回出来なかったことは次にやる。次に出来なかったことはその次にやる。また今度ではなく、次にやる為に出来なかったことを沢山経験していきたい。」という言葉ですが、10年経っても全くぶれていないと感じたのは今回のイベントで仰った「自分史上最高の自分でありたい」とい言葉です。この先も健康であり続け、やりたいことにチャレンジし続けて欲しい。そんな姿を応援し続けたい。そんな思いを再認識した色んな意味でメモリアルな会でした。

2019.05.03 開場18:15 開演19:00 終演 21:00
会場 原宿ストロボカフェ

img_4421 img_4420

 

| | コメント (0)

昼の部~20年たったよありがとうの巻~

 場所は竹下通りから少し裏路地に入った原宿ストロボカフェさんです。当日は竹下通りは勿論、表参道も混雑の注意が報道される程の大混雑。

 開場すると入り口から至る所に20年の軌跡からピックアップして直筆コメントがぐるりと一面に貼られており、これらは開演まで撮影がOKでした。更に諸注意の音声は一条和矢さん!今度20周年のイベントを行う事を言った際に一条さん自ら何かやるよと仰ってくれそうで、一条さんというとザフィーラの印象が強いですが、でじこの店長しゃんでしたね。20周年に相応しい心強い助っ人です。

 今回は最初にセットリストをご紹介します。

No コンテンツ
01 Welcome! デ・ジ・キャラット
02 RING☆RING☆RING
03 ビタミン‘D’
04 クリスマス大作戦!~ハミだしロックンロール Part2~
05 さくらさくら
06 金魚の接吻 さよなら絶望先生
07 16bitガール デート・ア・ライブ
08 小さな翼 真田アサミ
09 ここにあるから
10 プリパラ☆ダンシング!!! プリパラ
11 PARTY NIGHT デ・ジ・キャラット


 夜の回がライブメインと言っていたので、トークメインなのかと思っていたのですが全くそんなことはなく、初っ端からでじこ5連続と飛ばして来ます。「Welcome!」は拘りの初期バージョン!収録したのが坂本先生の自宅で、6畳間程の空間で救急車等が通ると撮り直しだったというレアな思い出話が飛び出します。「RING☆RING☆RING」の間奏では懐かしの口上が入り会場が(アサミさん含めて)沸くシーンも。「さくらさくら」はアサミさんも大好きな曲だそうで、大好き過ぎていち早くレコーディングが終わった後に一人バージョンを録音して頂き(スタジオでカラオケと言っていましたがw)個人的に音源を貰ったというエピソードも飛び出します。
 「金魚の接吻」「16bitガール」とレアな選曲の後は矢崎存美さんの「ぶたぶた」の朗読です。ベビーシッターの派遣会社からいつもの担当が来れなくなったという理由で当然自宅にやってきた喋るピンクの豚のぬいぐるみ。というなかなかシュールなお話。
 皆殺しじゃんけん大会のタイミングはここだったかな?それとも「ここにあるから」の次だったかな?景品のチェキを撮り忘れていてステージで撮るという段取りも〇の陣らしくて素敵でした。
 後半は「小さな翼」「ここにあるから」とオリジナル曲を経てついに聞ける機会が訪れました!夢可愛いあのコンテンツから「プリパラ☆ダンシング!!!」。恐らくライブに参加することはないだろう思っていたので体験できる機会があったのは嬉しかったです。今回は勿論一人なのですが、いつもは優衣トンや、牧野さんとひらひらな衣装で歌い踊っているのだなと想像するとテンションが上がります。私の勉強不足な為ノリきれなかったのは反省点ではありますが(^^;片鱗を感じられたのは嬉しかったですね。
 そして最後は勿論「PARTY NIGHT」!最高に楽しい1時間半でした。

2019.05.03 開場13:45 開演14:30 終演 16:00
会場 原宿ストロボカフェ

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »