« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019.09.28

仙台

 仙台駅に到着したのは8:43。今回の仙台行きにあたり宿泊ではなく日帰りを選択しました。十分に日帰りできる余裕があると判断した為ですが、その後の名古屋、大阪の為に大阪二泊を予定していたこともあり少しでも費用を節約しようと考えたからです。しかしそうなると旅行会社のパック等では宿泊込みで安くなるプランばかりです。交通費を安く済ますプランは無いかと調べたところ「トクだ値」という割引があるのを発見します。更に「事前受付」なるサービスも利用してトクだ値料金にてチケットを確保しました。(ホントこの辺の割引サービスは分かりにくい。詳細は"えきねっと","トクだ値","事前受付"等のキーワードでグーグル先生に聞いて頂ければと思います。)話が横道にそれましたが、結果このトクだ値が適用される一番早く到着する新幹線というのがこの時間だった訳です。事前物販も済ませているので限定Tシャツが必要無いのであればこの時間に来る必要もなかったのですが、前回のFairy Partyではアイマスクが販売(結局販売自体が無くなりましたが)されるなどの事前物販以外のアイテムが急遽発表される場合もあります。トクだ値が早い者勝ちで一ヶ月以上も前から予約しなくては取得することが難しかった為安全をとってこの時間に仙台入りとなった訳です。
 前置きはこの位にして仙台PITに到着です!とりあえず折角こんな早い時間に着いたので初日ですし物販に並ぶことにしました。
 もう9月も終わりだというのに澄み渡った青空に太陽がジリジリと肌を焼いてきます。並んだ時間が時間だった為か、物販物の搬入や、物販の設営など珍しいものも見れました。物販が12:00開始というのも救いでした。この日差しの中13:00だったらへばっていたかもしれません。無事に仙台限定Tシャツをゲットし、昼食へレッツゴー!です。

 今回の仙台では絶対に牛タンを食べる!というのが目標の一つです。夜だと時間がないかもしれないので昼に食べようと計画していたのですが、問題は何処で食べるかです。ぐるなび等でも当然出てくるのですが、今回参考にしたのがこちらのページです。色々検討した結果今回は「東山」さんを選択することにしました。
 頂いたのは「牛たんキムチ」と「ゆで牛たん」と「牛たん三味焼」。ゆで牛たんはスープと共に胃に染み渡る美味しさでした。牛たんキムチはビールに合う!三味焼は味噌も生姜煮もそれぞれ美味しかったのですが、やっぱり普通の塩!更にゆで牛たんに付いてきたわさびと合わせると最高!!何故わさびがデフォルトで付いてこないのか不思議な位のマッチングなので是非試していただきたい。今度また行く機会があれば塩のみでわさびが付けられるか聞いてみたい所です。「善治郎」さんにも行ってみたいですね。

img_5020 img_5023 img_5025


 この後、物販待機の時にスマホのバッテリーを使い過ぎ、更に充電用のバッテリーが充電されていなかったという不祥事を招きスマホの充電ができる所を探し回るという無駄な時間を使う事となりました。普段なら切れた仕方がないで済ますところですが、電子チケットの為電池切れでは入場もままなりません。皆さんもスマホのバッテリーにはご注意を。

 ライブの内容についてはこちらへ。

 ライブを終え仙台駅へ。案の定仙台駅内の牛タン屋さんは何処も長蛇の列です。しかも女性率が凄い!というか男性はカップルが2、3組いるくらいでどのお店も全部女性の列。そんな中祝杯をする場所に選んだのは「あさひ鮨」さん。カツオ美味かった!あとサメカツ!凄いふわっふわでもっと締まった肉質を想像していたので驚きの逸品でした。〆にはつみれ汁。美味しい食事と共に仙台を堪能し、ツアー初日の成功を祝ったのでした。

Img_5030 img_5031 img_5032 Img_5033

 

 

| | コメント (0)

2019.09.21

2019年10月の新番組視聴予定リスト

2019年07月の新番組視聴予定リスト

前:視聴前の期待 / 後:視聴後の評価

開始日 タイトル 時間
    10月2日 慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ TOKYO MX 23:30
    10月2日 俺を好きなのはお前だけかよ TOKYO MX 24:30
    10月2日 旗揚!けものみち TOKYO MX 25:05
  Oct-19 PSYCHO-PASS サイコパス 3 フジTV  
    10月3日 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! TOKYO MX 22:30
    10月3日 アズールレーン TOKYO MX 23:30
  10月3日 放課後さいころ倶楽部 TOKYO MX 24:30
    10月4日 厨病激発ボーイ TOKYO MX 22:30
  10月4日 ハイスコアガール ROUND 13~15 & II TOKYO MX 25:05
  10月5日 アイカツオンパレード! TV東京 10:30
    10月5日 魔入りました!入間くん NHK-Eテレ 17:35
    10月5日 ぼくたちは勉強ができない 第2期 TOKYO MX 24:30
    10月5日 この音とまれ!第2クール TOKYO MX1 25:00
    10月5日 戦×恋 TOKYO MX 25:30
    10月6日 警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- TOKYO MX1 22:00
  10月7日 バビロン TOKYO MX 22:00
    10月7日 ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル TOKYO MX 22:30
    10月7日 私、能力は平均値でって言ったよね! TOKYO MX 24:00
    10月8日 Z/X Code reunion TOKYO MX 23:00
    10月8日 神田川JET GIRLS TOKYO MX 24:30
  10月9日 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでられません~ TOKYO MX 22:00
    10月9日 BEASTARS フジTV 24:55
    10月10日 アサシンズプライド TOKYO MX 24:00
    10月10日 ノー・ガンズ・ライフ TBS 25:28
    10月10日 星合の空 -ほしあいのそら- TBS 25:58
    10月11日 歌舞伎町シャーロック TBS 25:55
  10月12日 ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld TOKYO MX 24:00
    10月13日 ライフル・イズ・ビューティフル TOKYO MX 23:00
    10月22日 ちはやふる3 日本TV 25:29

 

| | コメント (0)

2019.09.01

Animelo Summer Live 2019 STORY 09/01

 二年ぶりとなる二回目のアニサマへ行ってきました。今回の参加の理由もClariSが参加すると決定したことです。情報開示が結構遅かったこともあり見切れ席と機材開放席の抽選に滑り込んだものの、その後のリセールで良席が多数出品されるという状況を体験し、来年以降に同ケースとなった場合になかなか悩ましい事になる未来が見えました。ただ、今回500レベルのステージサイドだった訳ですが、これはこれで正面0レベルからでは決して見ることが出来ない舞台裏を見る事が出来、個人的な満足度としてはかなり高い席でした。特にパフォーマンス後の演者がスタッフとハイタッチを交わして暗闇の中ライトで誘導される場面だったり、ドラムなどの大道具的なセッティングや撤収の人の動きなど今後のライブ参加においても想像の膨らむ場面を垣間見れたことは財産ですね。

 さて、先ずはClariSからですが、上坂すみれさんの後に「SHIORI」で登場したClariSのお二人。SHIORIの選曲率は低くはないものの少し以外な選曲でした。かと思ったらショートバージョン?ん?そのまま続けざまに「CheerS」!しかしこちらもショートバージョン。歌い終えてのMCで「SHIORIとCheerSのメドレーをお届けしました」というのを聞いて納得。ここまでのアーティスト達は持ち時間で1曲ないし2曲といった構成で来ていました。以前参加したフェスでもありましたがMCを削ってでも1曲でも多く聴いてもらいたいというお二人らしい選曲と演出です。しかし今回はMCを削りません!二年ぶりのアニサマ出演への思い。先日発売したミニアルバムの紹介からの次の曲紹介(しっかりとZONEさんと「あの花」の紹介も忘れずに)。FCコンテンツのトーク配信や、これまでのイベントやライブの成果を十二分に発揮した短いながらも見事なMCでした。(ちょっとこれだけでも胸熱なんですけど。)そして「secret base ~君がくれたもの~」。中央のせり出しステージをゆっくりと大きく使い、オリジナル原曲、オリジナルキーで見事に歌い上げました。退場はせり出しの奈落へ。ClariSらしいとても良いステージでした。その後出演後にTwitterにあげられたお二人の新ドレス。素敵過ぎます!(流石に500レベルでは見えんw)楽屋でじゃれ合う姿もw今回もラストのアーティスト紹介と合唱には参加されていませんでしたが、いつかは出演者達と肩を並べてカーテンコールを飾って欲しいものです。

 さてさて、今回のサブタイトルである「STORY」。各出演者はこのSTORYにまつわるMCをされていました。中には歌よりもMCに多くの時間を使った方も。個人的には多くの出演者のパーソナリティを知らない状態で参加したのですが、それぞれの生立ちや、アニメや、アニサマへの思いを聞けてただ歌を聞くよりも楽しめる演出でした。そんな中で最大のサプライズはやはり前半のラストを飾った放課後ティータイムでしょう。ここ迄パフォーマンスを披露してくれた現在も第一線で活躍中の13ものアーティスト達をも吹き飛ばしてしまう程の歓声と熱狂!化け物コンテンツだったことを改めて思い知らされます。あとは、三日目だけの参加だったからなのか、原曲を知らないせいなのか?、はたまた小倉 唯と内田真礼のパーソナリティを知らないからなのかはわかりませんが、「ハム太郎とっとこうた」の異常な盛り上がり。まぁ可愛くはありましたが。あとはOxTのステージで怪獣ショウが見れたかとでしょうかw

 結果的にではありますが、これまで参加したフェスの中で一番知らない曲の率が高かったフェスとなりました。視聴している作品の数に甘えて何も対策せずに臨んだ結果なので自業自得ではあるのですが、それでも先にも言いましたが舞台裏が垣間見れる席であった事や、STORYという演出。ClariSの成長を感じられた有意義なフェスでした。今後もClariSが出演するときだけの参加となるでしょうが、フェスはClariSお二人が集まった客層の中でどういう存在なのかを客観的に見つめる事の出来る貴重な場なので今後も出演が叶うなら楽しみにしています。来年はClariS10周年となる年です。どのような展開を見せてくれるのでしょう。

No アーティスト
01 Preserved Roses 藍井エイル×蒼井翔太
02 スタートダッシュ スピラ・スピカ
03 イヤヨイヤヨモスキノウチ! スピラ・スピカ
04 TOKIMEKI Runners 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
05 ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡ 上坂すみれ
06 last sparkle 上坂すみれ
07 SHIORI~CheerS ClariS
08 secret base ~君がくれたもの~ ClariS
09 コノユビトマレ JUNNA
10 イルイミ JUNNA
11 Believe in Sky 今井麻美
12 遠い音楽 今井麻美
13 Speechless 内田雄馬
14 Hands OxTx内田雄馬
15 鼓動エスカレーション 内田真礼
16 youthful beautiful 内田真礼
17 魔女になりたい姫と姫になりたい魔女のラプソディー 内田真礼 feat. 上坂すみれ
18 BRAVER ZAQ
19 ソラノネ ZAQ
20 buzz★Parade~心絵 buzz★Vibes
21 EZ DO DANCE~buzz★Parade buzz★Vibes feat. MOTSU
22 Don't say “lazy” 放課後ティータイム
23 GO! GO! MANIAC 放課後ティータイム
24 Tread on the Tiger's Tail JAM Project
25 静寂のアポストル JAM Project
26 HERO JAM Project
27 SKILL JAM Project with アニサマフレンズ
28 ハム太郎とっとこうた 小倉 唯×内田真礼
29 ハイタッチ☆メモリー 小倉 唯
30 Raise 小倉 唯
31 ROAR 黒崎真音
32 幻想の輪舞 黒崎真音
33 Tone 蒼井翔太
34 UNLIMITED 蒼井翔太
35 Clattanoia OxT
36 ゴールデンアフタースクール OxT
37 UNION OxTxSSSS.GRIDMAN
38 ティアドロップス Poppin’Party feat.アニサマバンド
39 STAR BEAT!~ホシノコドウ~ Poppin’Party
40 キズナミュージック♪ Poppin’Party
41 シリウス 藍井エイル
42 INNOCENCE 藍井エイル
43 月を追う真夜中 藍井エイル
44 IGNITE 藍井エイル
45 CROSSING STORIES アニサマ2019出演アーティスト

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »