« 大阪 | トップページ | ClariS LIVE Tour 2019 ~libero~ »

2019.10.20

ClariS ファンクラブイベント「ClariS Room」2019

 当初2019/10/13(日)に予定されていた本イベントですが、台風19号の影響により本日2019/10/20に延期になりました。一週間後に会場を抑えられるスタッフにも驚かされますが、奇しくもこの日はClariSデビュー9周年となるメモリアルな日です。まぁ日程変更の為に先に入っていた予定をキャンセルせざるを得なくなったのは非常に心苦しいのですが、9周年の日に重なった奇跡に勝る訳もなく、何より行かなかったとして後悔するのはどちらかと考えたら迷うまでもありません。

 会場もよみうりホール(1100)から江戸川区総合文化センター・大ホール(1494)と大きくなり、かつ日程変更のキャンセル等も出た事でしょう。更に公演の1週間前ですからキャンセル手続きや、追加の募集とチケットシステムのticket boardはそれは大変だったことでしょう。それでも今回のライブツアーでファンクラブに入会した人にとっては入会して直ぐにファンクラブイベントに行けるという夢のような状況に恵まれた人も居たのではないでしょうか。そしてこういった突発的な変更への強さも座席位置を直前に発行できるオンラインチケットならではですね。これと言ってトラブルも見受けられなかったのでお見事な対応でした。

 さて、今回のステージ構成ですがバルーンアートで大きなピンクの三日月と、大きなグリーンの星が左右に一つづつ配置され、月や星の周りにもバルーンが配置され、月に近づく程にピンクに、星に近づく程にグリーンに。更に左右の天井からはメタリックなバルーンが縦に吊り下げられており、その中に蝶や、透明のバルーンの中にイメージカラーの月と星のバルーンが入っているものなどが混ざっており、お二人のイメージにぴったりな空間に仕上がっています。

 どの様に記述しようか考えましたが、基本的な構成が同じであることから3公演分をまとめて記述し、各公演で特筆すべき事があればその都度書いていこうと思います。


■オープニングアクト
1公演目ではパラレルワープをBGMに執事のKUMAさんが久しぶりの登場です!挨拶もそこそこに発声練習も兼ねた「お嬢様ー!」でクララとカレンを呼び入れます。サマーディレイをBGMにクララとカレンが登場するという流れでした。
2公演目ではサマーディレイのBGMでクララとカレンが登場します。ご挨拶の後、ゲストとしてKUMAさんを呼び入れます。BGMは勿論パラレルワープです。
3公演目はサマーディレイをBGMにクララとカレンとKUMAさんの三人で登場し、のっけから公演毎に内容が異なることをアピールしてくるかの様です。

お二人の衣装は、クララがイベントTシャツ(胸元のロゴがピンクの特注)に、白の長ズボン。カレンがイベントTシャツに白のオーバーオルスカートミニ?サロペットスカートミニ?(の為、太めの釣りひもで胸のエンブレムは見えないが多分グリーン)で、
髪型ですが、1公演目はロング。クララがソバージュがかった感じで、カレンがストレート(カレンのストレートの黒髪はいつ見ても美しいですね)。
2公演目がツインテール。クララがソバージュがかかっており、カレンがストレート。
3公演目がクララが前髪を編み込んでおでこ出しのロング。カレンが巻き髪ロング。
どの回もお二人の魅力を十二分に発揮したいで立ちで、眼福の極みです。特に初披露というクララのパンツルックは長い足を際立たせ、カレンのカントリー風な衣装は、カレンの無邪気さがより一層魅力を引き出しています。(なまらめんこい)

 先ずは台風19号の影響で日程が変わってしまった事。台風の前日がライブだった為、飛行機が飛ばず、東京で台風を体験したこと。北海道にはあまり大きな台風が来ないので、今迄体験したの事ない雨や風で本当に怖かった。北海道での地震の事を思い出しみんなの事が心配になった。みんなの言葉に本当に励まされ安心した。といった今回の経緯や、体験した自然災害への不安や心配を語る中、3公演目では「風強すぎて窓が出てきた」とお道化るカレンですが、人一倍不安に駆られていたであろうことは想像に難くありませんし、そんな中でもファンの安否を気遣う心の優しさもしっかりと受け止めました。

 本来千秋楽の翌日がファンクラブイベントであった為、ライブのホットな裏話等がたっぷりと聞けると楽しみにしていた訳ですが、日程が前後したことにより二日後に千秋楽を控えたこの状況でライブ内容を話す訳にはいかないということで、残念ではありますが、寧ろこの一週間でイベント内容の構成を考え直さねばならなかったお二人及びスタッフの皆さんの心中をお察しします。
ライブの内容こそ話しませんが、KUMAさんがライブ中の楽屋の様子を尋ねると、「美味しいものを食べたり」「美味しいものを飲んだり」「美味しいものを探したり」w
2公演目ではリハーサルよりも本番は楽しすぎてあっという間に終わってしまった。ライブが終わった後もう一回行ける!といった会話があったことや、
3公演目では楽しいとはいえ緊張はするもので、ご飯は食べられないが、甘いものは食べられるというエピソードは勿論クララですwさっきも開演十分前にプリンが食べたくなって、でも流石に十分前なので自重した。というクララに対して、今日は既に1つ食べてるのにねwとカレン。この様に二人でわちゃわちゃと、いちゃこらしているお二人の様子を1時間もの間見る事ができる尊いイベントなのです。


■オフショット映像
 今回はライブツアー中の合間に各地で観光した様子を映像化したものです。これまで何度もツアーを行ってきたお二人ですが、何と観光するのは初めてとの事。是非とも楽しんで頂きたいものです。

先ずは鎌倉です。小町通りを歩きながらレポートする中、今回のコンセプトは「ザ・大人」ということで前髪を分けておでこを出すのが初めてというカレンのおでこをペシペシしているクララがかわいいwしばらくして「あ・じ・さ・い か・き・ご・お・り♪」と鼻歌交じりで入店するカレンに「お嬢様新曲ですね」とすかさずツッコミを入れるKUMAさん。ふわふわのかき氷に色が変わるというシロップをかけて出来上がったのは正に紫陽花。そしてここから始まる天丼ネタのテロップ芸「カレンはおいしいものを食べるとしゃべれなくなります」が始まりますwかき氷を食べながらほっぺに両手を当てながらだと冷たいものも平気になるという謎のハンドパワーを紹介するカレンwダンスレッスンの時に先生からも手から何か出そうと言われて以来、空のペットボトルで練習しているそうですw
2公演目では小町通から鶴岡八幡宮への参道へ。狛犬をシーサーと呼び当然KUMAさんからのツッコミwその後も参道でカレンの大人歩きと称し参道をランウェイに見立てた一人ファッションショーを披露する姿や、境内でひやしパインの屋台を発見し大喜びする姿や、念願叶っての実食(カレンはじゃんけんに買って両手持ちw)するお二人。実に微笑ましく楽しそうです。
3公演目では豊島屋の「八十小路(ハトコウジ)」のわらび餅。豊島屋さんといえば鎌倉の銘菓ハトサブレーのお店ですが、喫茶店も経営していたのですね。こちらでも幸せそうにわらび餅を食べるお二人が見られました。

お次は仙台伊達政宗像をバックにレポート開始です。早速銅像を石造と言ってテロップにつっこまれるカレンw。場所は青葉城の敷地内の様で、どうやら仙台公演の翌日の様です。
先ずは牛タン。美味しいですよね。私も今回仙台で頂きましたが本当に美味しかったです。
2公演目と3公演目の映像は同じで、お店が混んでいた為テイクアウトしてきたづんだ餅を食レポする二人ですが、カレンの「ンッモッ~チリ」「づんだってより👊づんだ!って感じ」など怪しいジェスチャーと迷言が次々に飛び出しますw

名古屋は名古屋城をバックに開始しますが、先ずはひつまぶしです。美味しさのあまり、次の段階に行く為に完食しようとするクララwに「天然」というテロップがつくのはお約束ですね。その横で喉に海苔を張り付かせたカレンが「どうしよう。明日のライブの時にここに海苔がいたら」という台詞からライブの前日であることがわかります。
続いて名古屋港水族館嬉しさ全開のカレンとクジラ?の骨格標本が怖くて見れないクララが拝めますw
そしてホッキョクグマの巣穴覗き込んで何に驚いたのか不明ですが凄い声と共に驚き逃げ出すカレンですが、実は声の主はクララで、カレンは驚きすぎて声も出なかった様子。そもそも覗いてないクララが何に驚いて声を上げたのかも不明ですが、二人とも凄い驚きっぷりでした。
2公演目ではシャチの公開トレーニングを見る二人ですが、カレンの直ぐ横にある手すりに止まった(止まれず滑るw)鳩が気になってシャチどころではありませんw
3公演目は魚の真似や、ウミガメにアテレコをするカレン。そしてクラゲのコーナーで「水色クラゲ」をアカペラで。なんか凄くいい雰囲気になったところで「なんかこれ電気流れてそう」と雰囲気をぶち壊すカレンw

大阪では通天閣をバックに散策開始。お店に入って昨日のライブの成功を祝ってジョッキ(ジンジャーエールとリアルゴールド)で乾杯!どうやらライブの翌日の様です。たこ焼きと串カツを堪能するお二人ですが長ーいアスパラをソースに付けた後長すぎるが故にお皿を二つ並べて置くクララが口にモノが入っている状態で「お皿に乗り切らない」というと、それを聞いたカレンが「お祓いに行ってきなさい?」と、華麗な空耳っぷりを披露してくれますw
1公演目では創作串カツの話になり、クララは甘いモノ。カレンは存在するものではつまらないと、おにぎりを宣言しエジソンカレンと鼻高々ですが、スタッフの調べで既にメニューにあった事を暴露されますw
続いてひらかたパークにやってきたお二人。
1公演目ではカイトフライヤーなる腹ばいになって上下しながら回る乗り物に乗りますが、自称中所恐怖症のカレンが、軸を中心に回る乗り物の為、外側のほうが高くなるのですが、「外側ー!」「高くならないでー!」と叫ぶカレンの横で常に「あはははははは」と笑うクララ。
2公演目はジェットコースターです。もうお判りでしょう。「ヨコー!」「タテー!」「ぶつかるー!」と既に意味のわからない叫びをあげ続けるカレンの横でやはり「あはははははは」と笑いまくるクララw
3公演目は「プロの意地を見せる」と何やら意気込んだシーンから始まります。相談の結果「ひらぱー」と叫ぶことに決めたお二人が挑戦するのは「絶叫の滝バッシュ」という滝から落ちる際に叫んだ声の大きさが測定されるというアトラクションらしく、はた目から聴いてもとてつもない絶叫でしたが何故か結果は0点。何故?という疑問にKUMAさんが声が綺麗過ぎたんでしょうと綺麗にまとめてくれました。

最後に伊丹空港をバックにオフショット映像が終了しました。


■ゲームコーナー
フラッグゲーム
 入場時に渡されたクララとカレンのフラッグを使っての旗揚げゲームです。ゲームといっても勝敗がある訳ではなく、旗を揚げるウォーミングアップ的なもので、しかしクララとカレンの健闘wにより笑いの絶えないものになりました。ルールは簡単で、クララの旗の上げ下げの支持をクララが行い、カレンの旗の上げ下げの支持をカレンが行います。その指示をクララとカレンが交互に行う訳ですが、クララとカレンが一緒に旗を上げ下げをしてくれるので、こちらはそれに合わせて上げ下げをすればよいという難易度的にはかなり簡単なものなのですが、何が大変だったかというとクララとカレンの方が混乱して何をしているか分からなくなり自滅してしまうといった感じで、多かったのがクララが「カレン」と言ってしまうパターンと、自分の上げ下げの状態が分からなくなってしまうのが多かったですかねw3公演行いましたが、上手くいったと言えるものがあったかな?w

ClariS検定

1公演目
ClariS Report No.011で小腹すいた時に食べたスイーツは? ○ゼリー プリン
Fairy PartyのMVで助けた蝶の色 ○輝くブルー 輝く紫
名古屋で食べた手羽先で気に入った手羽


クララ:手羽先
カレン:手羽元



クララ:手羽元
カレン:手羽先

イントロ ○SHIORI カラフル
イントロ ○アワイオモイ
クララが紹介したスイーツ ○2種 3種

 

2公演目-1
観に行ったミュージカル ○レ・ミゼラブル リトルマーメイド
ClariS Report No.008でクララが紹介したのカフェの数 4件 ○5件
イントロ ○STEP Wake Up
2公演目-2
カレンが作った先品のタイトルは? 眠り姫クララ ○ねむるクララ
朝市起きた時間 ○4時30分 5時
イントロ irony ○irony -season 02-
イントロ ○Neo Moon neo moon

 

3公演目-1
Daiamodのイラストのドット柄のスカートはどっちか? クララ カレン
最新のナイショの話は何回? 25回 ○26回
ツアー中二人合わせて何個のスイーツを食べたか ○15種 20種
3公演目-2
連れて帰りたいと思った動物 ミーアキャット ○コツメカワウソ
ClariS Report No.001 で引いたおみくじ 〇末吉
断念したアトラクション フリーフォール お化け屋敷
イントロ ○second story reunion

商品こそゲット出来ませんでしたが三公演中2回、じゃんけん迄残れたのは個人的には大満足です。何せClariS検定ですから

私は誰でしょう?
 どんなゲームなのかといいますと、一言で言ってしまうとジェスチャーゲームです。しかし、ジェスチャーをするのは客席の我々で、答えるのはステージ上の彼女達です。で、我々はどちらが正解を当てるかを予想しなければならず、正解を言い当てると思った方の旗を上げながらジャスチャーをするというなかなか高度なゲームですw
1公演目
猫、カメラマン、ジェットコースター、通天閣
通天閣と答えたのはカレンだったのですがクララが駆け寄ってカレンにハグ!どうやら大阪観光の時に通天閣!と同じポーズをしたらしく(カレン考案)w
クララ:カレンかと思った。
カレン:皆カレンなんだ。
クララ:皆カレンだったら大変だよ。
といった一幕も

2公演目
おまわりさん、クララ、ミーアキャット
ティアラ、ラグビー、メガネ

3公演目
魚、SlariS、againの振付
マイク、ツッコミ、KUMAさん

 2公演目ではKUMAさんが忘れ物があるので取ってくると言ってステージをお二人に任せて舞台袖へ消えていきます。この進行はどうやら聞かされていなかったらしく一瞬戸惑うもしっかりステージを引き継いで話を進めていた所へKUMAさんがサプライズのケーキと共に登場!そのままハッピーバースデーを大合唱。驚きと感動で泣き崩れるお二人。
コメントを求められ先ずはクララから。(全部は書き留められませんでしたのでニュアンスだけ)
 延期になって、9周年が今日になって、今日が9周年だったというのはわかっていたけど、急に実感がわいてきた。ClariSのクララとして9年歌い続けてこれたのは支えてくれた皆さんのおかげであり、こうしてここに居られているのが奇跡の様な事。と止まらない涙を堪えながらもしっかりとコメントしてくれました。
 カレンとして5年間、楽しい思い出が沢山で殆どなんだけど、その中でも不安な事や、傷ついた事もあってと、カレンも涙で何度も言葉を詰まらせながら一生懸命に思いを伝えようとする姿が胸を打ちましたし、「傷ついた事も」という言葉が出てきた通り飾らずに伝えてくれていることに、こちらもカレンが加入してからの5年を走馬灯のように振り返りました。
その言葉に対してクララが、カレンだから続けられているんだよ。今が一番幸せです。と締めくくってくれました。


■ClariS Net ナイショの話のタイトルコール
クララ&カレン「ClariS Net」
みんな「ナイショの話」
ってやつですね。
1公演目を10月分の放送で
2公演目を11月分の放送で
3公演目を12月分の放送で使用するそうです。

1公演目ではこの後KUMAさんがやっておきたいことは無いですか?という事で、カレンがペットボトルを相手に練習していた気を客席へ飛ばすことにwカレンが客席へ気を飛ばすと皆が盛大に倒れていきますw

■エンディング
シグナルをBGMに最後はお嬢様たちと水入らずでと退場していくKUMAさん。残った二人はステージを端から端までゆっくりと一人一人に手を振るように感謝の言葉を伝えていきます。

1公演目では下手側に来た時にカレンが「クララ側に長くいるのが新鮮。クララになっちゃう」とお道化る姿も。
2公演目では喋るのは好きだけど話すのは苦手です。と言っていましたが、トークはここ数年で本当に上手くなりましたね。これもClariS Net ナイショの話のおかげでしょうか?とはいえ上手いとか上手くないとかよりも正直プライベートでわちゃわちゃしている姿をそのまま見せてくれればただそれだけで幸せです。
3公演目ではライブも大切だけどこういったイベントで一緒にコミュニケーションが取れる事が嬉しい。大切な一日になりました。
延期でたまたま9周年の日になったけど嬉しかった。今の私たちがあるのは皆が支えてくれているからと感謝を述べ、今後も是非遊びに来てください。と言った後に、来年は10周年です。こうしていられるのは皆さんとカレンのおかげです。一人の時期もあって、どうしようかと考えた時期もあったけどカレンのおかげでカレンとだから続けることが出来ました。人として大好きです。というクララの突然の告白にカレンが号泣。カレンにとってはこれ以上の言葉も、これ以上のサプライズも無かったのではないでしょうか。正直これは泣きます。お二人の尊い絆を見せて頂きました。

 3公演目の感動的なフィナーレを迎えた後、熊谷拓明(40)が「非常に出にくい雰囲気で恐縮ですが」と登場。11月2日~40公演行うそうです。告知ではあるのですが、有難いことにClariSのファンの方も見に来てくれてます。別に来てくださいという事を言いたい訳ではなく、見に来てくれたその事が凄いことなんだと伝えに来ました。と感謝を述べて全3公演が終了となりました。

 9周年という事もそうですが、何より普段では恐らく面と向かって言うこともないであろう言葉を交わし合い、お互いの絆がより深まったのではないでしょうか。そしてカレンにとってもClariSとして丁度半分の歴史を紡いできたという事を改めて認識できたイベントであり、参加できたことを心から感謝しました。先ずは二日後のツアー千秋楽。そして来年の10周年に期待が膨らみます。

2019/10/20
1公演目 12:00 13:00-14:15
2公演目 15:00 16:00-17:15
3公演目 18:00 19:00-20:15

 

Img_5212 Img_5210 Img_5221  

|

« 大阪 | トップページ | ClariS LIVE Tour 2019 ~libero~ »

イベント」カテゴリの記事

ClariS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪 | トップページ | ClariS LIVE Tour 2019 ~libero~ »